馬やロバまで。。。?

トルコでもちらほらと桜の木が生えていて、可愛らしい花をつけていますが、ここ1週間のカイセリはものすごい突風が吹き荒れて、せっかく咲いていた花も散ってしまいました。。。

しかしここトルコでは桜よりもチューリップ178.png
ちょうどこれからがシーズンです。


外は突風が吹き荒れる中、私は家の中でチクチクと。。。
a0327879_21465623.jpg
前回も書いたように、女の子物はピンクばかりしか売っていないので、こういうのを着せてみたいという好みに合わせるには自分で作るのが一番!
でも、子供の服って小さいから簡単に作れると思っていたらけっこうそうでもないんですよねー。。。
ちくちくしないように縫い代をすべて手縫いでまつったり、布選びも可愛いだけじゃなくて肌触りなどを慎重に考えないといけなかったり。
その上着れる期間が超短い!!
となると、やっぱり買うのが便利なんですよねー。。。
でも、なんだかんだで暇つぶしも兼ねて楽しくお裁縫できました。



さて、タイトルの馬やロバについてなんですが。

確か1~2か月前のこと、トルコ国内でかなり大きな話題となった事件がありました。
とある大きな牧場の経営者が卸す肉に、馬肉やロバ肉が混入されていたという話なんです。

日本では普通に馬肉を食べる文化があるのでそんなに驚きじゃなかったですが、ロバのお肉も食べれるんだ。。。。
というのは初耳でした。どんな味がするのやら。。。

イスラム教ではご存じのとおり豚肉は食べてはいけないことになっていますが、馬やロバはどうなの?ということで聞いてみると、
はっきりと馬を食べるなとかロバを食べるなとは明記されていませんが、基本的に厳密にいうと4本足の動物を食べる場合、蹄の割れていない動物は食べてはいけないそうです(豚は蹄が割れているけどダメ)
なので、牛、羊などは蹄が二つに割れているから良いのですが、馬やロバは割れていないからダメだそうです。
ラクダはふだんあまり食べないですが、これも蹄が割れているので、食べてもOKとなるそうです。


というわけで、豚を食べることほど罪深くはないけれど、食べてはいけないという感じでしょうか。


でもまぁ、そのニュースに関してはまるで他人事のように聞き流していたわけですが、
最近になってその業者からお肉を仕入れていた各県のレストランの名前がリストになって発表されたそうで、
なんと、カイセリから2件のレストランが。
しかも。。。

ふだんそんなに外食をしない私たちがたまたま数週間前に昼食をとったお店がそのうちのひとつでした。。。!!


a0327879_21452165.jpg
その時食べた物の写真をちゃんと残していました。普通に美味しかった。
a0327879_21461368.jpg

カイセリでは数店舗展開する人気レストランです。


レストラン側は混入されていると知らずに仕入れていたんなら、被害者よね?と聞いてみると、
いや、そんなはずはない。レストランだって肉を扱うプロなんだから、肉質なんて見ればわかるし騙されないよ。
業者から、ロバや馬のお肉を安く仕入れませんかと持ちかけられて、経費削減のためにOKしたんだろう。。。
という話でした。
でも、営業停止処分になるとかでもなく、普通にやっていますし、そこまでパニックになっているわけでもなく、
あれ、案外みんなそこまで罪の意識ないのかな?と言う感じです。


豚肉に関してはうちの夫は、タイや日本に行くときはかなり気を付けていますが、旅行先で出会ったトルコ人と話していると、いやー、日本でうっかり食べちゃったんだよ。。。 とか、タイでも、このあいだ食べたの、もしかしたら豚だったかも。なんか味がちがうなー。。。って思いながら食べたんだよね、なんて話も聞きますし、中にはヨーロッパにしょっちゅう旅行するような上流家庭の人たちだと、海外では食べてもいいことにしてるのよ♪なんて、言いながら平気でベーコンなど食べているトルコ人もいるらしいです。

でも私が気になるのは、どうしてその牧場にはお肉にして卸すしかないほど馬やロバが繁殖したんだろう?というところです。

牧場経営はもちろんプロですから、羊や牛の繁殖に関してもかなり計算してやっているはずです。
たとえば肉質のピークは羊なら2歳くらいまでで、年老いてくると病気になりやすかったり肉が固くなったりして売り物になりません。
そうなると、売れるわけでもない羊を死ぬまで面倒見るわけにもいかないので困ったことになるわけですから、売れる当てもないのにむやみに数を増やしたりできないわけです。

そんな牧場において、牛や羊は売り物として、馬は乗ったり荷物を運んだりするため、そしてロバは羊の群れの先導係と荷物運びなどの役割として、そして羊の群れを守る役としてカンガル犬、などがバランスの良い数で飼育されているはずだと思うのですが。


ちなみに私は、日本で馬肉を食べたことがあるよ、と言うとトルコ人にはだいたい嫌な顔をされます。
さらに、馬のお肉ってのは、普通刺身で食べるんですよというと、もっと嫌な顔をされます117.png


豚肉は穢れているので食べてはいけないと言うのに対し、馬やロバに関しては人間の友達みたいなものだから食べてはいけないという気持ちのほうが強いみたいですね。
犬食文化のある国を非難するのと同じような気持ちでしょうか。
牛や羊は友達じゃないのんかいっ!とも思いますが。。。


豚に関しては、かわいらしい子ブタちゃんの写真を見るだけでも嫌な顔をしますし、豚のぬいぐるみやイラストですら、あまり見かけません。
食べてはいけないからって、そこまで嫌う事ないのに。。。


ちなみに、まだ結婚する前に私が髪の毛に良さそうなブラシをと思い、タイの美容室関係者御用達のお店でわざわざ購入したブラシがありまして、夫はそれをすごく気に入って愛用していたのですが、豚毛のブラシだということは黙っておきました111.png




ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-03-29 22:36 | トルコの事件


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧