トルコで帝王切開③

今年の断食月があけて、娘にとってはじめてのシェケルバイラム(断食後の祝日)も今日が最終日です。

a0327879_04344441.jpg
バイラム初日はおじいちゃんおばあちゃんのお家へ挨拶に。
ずっと大人しくいい子にしていました。

3日目の今日はシヴァスから義妹が帰ってきており、うちより半年前に産まれた甥っ子ちゃんは生後6か月と言うと誰もがびっくりするほどのビッグベイビーに成長しています。

a0327879_04332950.jpg
お。。。重い。。。
こんなに重たいのにまだハイハイもできないなんて、毎日抱っこしてあやしている義妹は偉い!
10キロもあるそうです!!

a0327879_04333758.jpg
うちの子も大きくなったとはいえまだまだ小さいですね。。。


a0327879_04331601.jpg
新生児が笑うのは楽しくて笑っているのではないとか言いますが、人が来て話かけたり歌を歌ってあげたりすると笑います。
ほんとうに人の言葉がわかってるんじゃないかと言う気さえしてきます。。。
たまに ひーひっひっ と声を出して笑う時もあって、こちらもつられて笑ってしまいます106.png



さて、それでは出産体験のつづきです↓




■異例の立会出産

じつはトルコでは立会出産お断りの病院が多いらしく、私が出産した病院もそういうことになっていましたが、私の場合は深夜だったし、外国人だから言葉も通じなくて不安だろうから旦那さん付き添いお願いしますってことになり、こちらから希望しなくても立会いになりました。

とは言え、全身麻酔の手術だから言葉が通じるも何も。。。 しかもオペするのは最初からずっとお世話になってきた先生で英語が話せるし、なぜ突然立会いOKになったのかよくわかりませんが、私の代わりに赤ちゃん誕生の瞬間を見届ける役目をしてもらえるし、麻酔が効くまでのあいだそばにいてもらえると心強いので、私としてはうれしかったです。

そして夫はと言うと。。。
「僕も手術室に入ってもいいんだって!」と、うれしそうでした。

ドクターが到着して、「旦那さん、手術とか見るの平気ですか?気分が悪くなるかもしれませんが、大丈夫ですか」
と聞かれて、「大丈夫です!」と即答したらしいです。
普通、半身麻酔の手術の場合なら切っているところは見えないようにしてくれるはずですし、普通分娩の場合でも立会人は妊婦の頭側に立って赤ちゃんが出てくるところは見れないようになるはずです。

が、夫はまるで研修医が見学するのと同じように先生の隣に立たされて最初からずっと手術の様子を見れたそうです。
もう、立会出産というよりは手術見学ですね105.png


わたしの記憶では、手術室に入ってからは緑の布の仕切りみたいなので自分の体は見えなくなり、でも全裸にされたな。。。というのはわかりました。
それから緑の服を着てマスクをした男性が近づいてきて、最初わかりませんでしたが夫でした146.png
「今からお腹に色を着けるそうだよ」と説明されて、
「え?色??どういうこと?何の色??」


どうやら、消毒液をかけることを色を着けるというお医者さん同士のあいだの言い方なんだと思いますが、夫もよくわからないのでそのまま直訳してそうなったんですが、そしたら冷たい液体をお腹にばしゃばしゃかけられて、怖いのと寒いのとで体がガクガクブルブルしてきました。
そんな私を見て心配しているのではないか。。。と夫を見ましたが、全然そんな様子はなく、手術を見るのも怖気づいた様子もなく、どちらかというとワクワクしているような?
私はテレビのドキュメンタリー映像なんかでたまに手術の様子とか映ると怖くて見れないタイプなんですが、夫はけっこうそういうの興味津々で見るタイプなので、本当のオペシーンが観れる!と、内心よろこんでいたのかもですね。


実際にオペがはじまると、最初にお腹を切るのを見た時だけ、「あー、これって、僕の妻の体が切られているんだよなぁ。。。なんて物を見てるんだ!」と、一瞬後悔したそうですが、一瞬だけだったそうです105.png
あとで手術の一部始終を説明してくれました。

赤ちゃんはお腹から出てきた時、かなり青黒い色になっていて、最初は少し体を動かしたものの産声をあげなかったそうです。
すぐに別室へつれていかれて色々な応急処置を施されたそうですが、元気になって病室に来れるまで3時間かかりました。

赤ちゃんが別室に連れて行かれたあとに夫はまた先生に呼び戻され、私の産後の処置をしているところへ近づいてくると、先生はお腹の開いたところから臓器をひっぱりだして、
「これが例の子宮筋腫ですよ。いくつかありますが、全部は無理です。一番大きいのだけ切除しますか?」
と聞かれて、ではお願いします、と言うやりとりがあったそうです。

もしかして、その確認のために立会いに呼ばれた??



■一番怖かったこと


長くなってしまいましたが、今回で完結したいので全部書き切りたいと思います!


いろいろと辛かったことなど書いてきましたが、一番苦しかったことをまだ書いていません。


まずひとつは、咳です。

前回書いたように、術後は痛くてまったく体が動かせなかったんですが、なんと、こともあろうにそんな状況で、
喉がむずむずと。。。149.png 
しゃべるのさえ腹筋を使わないようにしゃべるから途切れ途切れに小声でしか話せないのに、咳なんかしたら。。。
いそいで水を飲んで喉を潤わさないと!と思ったのですが、しばらく飲食を禁じられています。
夫に必死で懇願してティッシュに水をふくませて喉に数滴垂らしてもらうというのを、咳が出そうになるたびにしてもらってなんとかしのぎましたが、うっかりすると咳が出そうになるのでめちゃくちゃ怖かったです。

この咳は退院後も続いたので、けっきょく退院してからもウトウトすると咳が襲ってくるので怖くて眠れず、産後5日くらいまでは座ったまま寝落ちしては咳が出て痛くて悶絶して起きる、という程度の睡眠しかとれませんでした。
最初は三時間おきの授乳が大変だと聞いていましたが、それどころではない状況だったので逆にそのあと3時間でも寝れるようになったので楽に感じました。


そしてもう一つは病院で味わった恐怖。。。
看護婦さんが来て、悪露がちゃんと出ているかチェックしに来るんですが、出やすいようにお腹の上に重りの砂袋のようなものを置かれていて、それを取るだけでも痛いし、また戻すのも痛いのでかなりゆっくりやってくれるようにお願いしていました。
それなのに、そのチェックが入る時、お臍のあたりを看護婦さんが ぎゅーーーーっ と押すんです。
叫びたいですけど声を出すと余計に腹筋に負担がかかって痛いので、夫のほうを見て目だけで ぎゃーーーーっと訴えかけていました。

そのチェックが退院までに3回あったので、1回目は知らずにされて痛かったですが、2回目、3回目は何をされるかわかっているので、看護婦さんが部屋に入ってくると怖くてたまりませんでした。


もう一度出産のチャンスがあるかどうかわかりませんが、今回のことでわかったのは、帝王切開は痛み止めが効くかどうかにかかっているな。。。。と思いました。
もしもう一度チャンスがあればその時は、手術後にどういう痛みどめをしてくれるのかなど、ちゃんと事前にチェックしておきたいと思いました。


痛かったことや怖かったことを色々書きましたが、出産はどんな方法でも何かしら痛みはともないますし、誰でも怖いもんだと思います。
でも、今となっては何がどんなふうに痛かったのかよく思い出せません。

それよりも、赤ちゃんを最初に部屋に連れてきますと言われたときに拒否してしまったことや、最初に抱っこしたときや初めての授乳も、とても気分が悪い中で意識朦朧としながらやったので、あんまり覚えていないことなど、そしてだんだん意識がはっきりしてきてからも同じ部屋の中にいながら抱っこしてあげることもできない情けない気持ちなど、色々とメンタル面のダメージが大きかったのが全くの計算外でした。

しつこいようですが、もう一度チャンスがあれば今度こそ。。。と思ってしまいますね。


出だしはつまづいてしまった感がありますが、これから挽回できるようにたっぷり愛情をかけて育てていきたいと思います110.png







ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-06-18 05:33 | 出産


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧