カテゴリ:旅行( 8 )

この冬の大流行

この冬、大流行なんて見出しを見るとまるでインフルエンザみたいですが。。。105.png

トルコで、以前からあったものなのにSNSの影響でこの冬爆発的な人気で注目を集めたものがあります。

それが、トルコ国営鉄道のアンカラから東の最果ての町 Kars (カルス)を結ぶ Doğu Ekspresi, 英語だと Eastern Express と呼ばれる長距離列車で、
寝台車、食堂車、個室、なども付いていて、24時間ほどの長い道のりを快適に過ごせるそうです。

これがこの冬、Instagramの影響で、大学生を中心とした18~25歳の若者の間で突然大流行し、今ではチケットが入手困難だとか!

では、Instagramからその写真をまずご紹介したいと思います。

a0327879_20394097.png
まず、トルコ東部というのは、シリア、イラク、イラン、アルメニア、ジョージア(昔はグルジアと呼ばれてましたね)
などと国境を分断しており、自然が豊かで、伝統文化が今も受け継がれる、民族色豊かな土地です。
イスタンブールやアンカラがヨーロッパなのに対して、こちらはぐんと中近東の雰囲気が濃くなります。
同じ国なのにまるで、別世界。
トルコは一つの国の中に色んな文化や生活様式があって、本当にトルコ国内でも全然別世界が楽しめるんです。

そして気候は、夏は酷暑、冬は深い深い雪に閉ざされた場所になります。
中でもカルスはアルメニアとジョージアと国境を分ける、東の最果ての町で、歴史的にもロシアに侵略されてはトルコに奪還されたり、アルメニアやジョージアとの国交が盛んだった時期も会ったり、色々な複雑な歴史を持っている町なんです。

そんな別世界なトルコ東部に向けて、イスタンブールやアンカラから旅すると、同じ国とは思えない絶景が車窓から楽しめるというわけです。



a0327879_20432089.png
車内の個室は、持ち込みで色々好きにデコレーションとかしてるのでしょうか?いわゆるインスタ映えってやつですね!
こういう写真がたくさん載ったことで、人気に火が付いたようです。


a0327879_20455505.png
電飾やキャンドルの持ち込みが人気のようですね。男同士の旅でもやっちゃうみたいで、なんかかわいいですね!


a0327879_20433515.png
え!トルコにチャイは欠かせないけれど、ミニガスコンロまで持ち込みOKとは、色々と緩いんですね。。。105.png
窓の外に広がる雄大な景色を見ながらの朝ごはんは格別でしょうね!


a0327879_20461887.png
車内はこのように、若い旅人でぎっしり!!
みんな旅の中で仲良くなってわいわいしたり、楽しそうですね!

a0327879_20463854.png
到着したカルスは一面の雪景色! ここでもチャイは欠かせませんね。

a0327879_20465842.png
大雪原での乗馬や、凍った湖でのソリなど、到着してからもアクティビティは豊富。
スキー場もあるそうですよ!


a0327879_20480559.png
後ろにはソリを楽しむ人たちが見えますね。 
極寒の中で火を焚いて入れるチャイはまた格別でしょうね!


a0327879_20490239.png
ちなみに我が町カイセリからも乗り降り可能なんですよ!!
といっても近頃は、出発地アンカラの時点ですでに満員みたいですが。



カルスと言えば、私にとってはもうひとつ特別な土地というか、妙な親近感を覚える理由があります。

a0327879_22253087.jpg
それがこれ、ノーベル文学賞も受賞したトルコの偉大な文学者、オルハン・パムクの「雪」という小説です。
小説のタイトルになっている「雪」はトルコ語で Kar そして、話の舞台は Kars(カルス)なのです。

この歴史的に複雑な、雪深い土地に、学生時代に政治運動に参加したためにドイツで逃亡生活を送っていたイスタンブールの上流階級育ちの男が単身やってきて、さまざまな事件に巻き込まれながら、自分自身と、自分の祖国を見つめなおす話です。

この本がなぜか運よく、バンコクの某古書店に上・下巻そろって売られていたので、即買って読みましたが、今ではアメリカで生活している作者の、祖国に対する悲喜こもごもの思いが込められた超大作&名作でした。


そしてもうひとつ、夫の家系をたどっていくと、ジョージアからカルスに、そしてカルスからシヴァスへと移ってきた遊牧民の末裔だということがわかっているんです。シヴァスに村を作って定住したのが義父の曾お祖父ちゃんくらいの世代だそうです。

そんなわけでちょっと気になる町、カルス。
一度は訪れてみたいなー。
もうすこしブームが去って静かになったころが狙い目かもしれませんね。





ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-02-07 22:40 | 旅行

ガズィアンテプ

前回は、アブラハムさん縁の地、シャンルウルファのお話でしたが、今回はそこからバスで1時間半ほどの所にあるグルメの町、ガズィアンテプというところのお話からです。

17時ごろウルファを出発して、19時には今夜の宿に到着!
a0327879_13543859.jpg
古い家をホテルにしたようなところで、お風呂とトイレは屋根裏部屋みたいなところにありました!(最初は楽しかったですが夜中のトイレとか、ちょっと面倒でした。105.png

a0327879_13543368.jpg
ホテルからの眺め。夏のトルコの日暮れは遅いんです

このホテル、ウグルさんが値切って当初よりもだいぶ安くしていただけました105.png
ちなみに、ウグルさんの地元のカイセリは値切りの上手な人が多くて有名だそうで、日本でいうと大阪みたいな感覚でしょうか。笑 


少しぶらぶらお店などを見た後、おなかがすいたのですぐにごはん!
a0327879_13541886.jpg
これはお姉ちゃんチョイスの、羊肉のシシケバブ。
a0327879_15321604.jpg
ウグルさんチョイス
ヨーグルトソースの上に、焼いた牛肉がのってます。

a0327879_13544895.jpg
これは私の。羊肉のグリルです
a0327879_14351624.jpg
そしてもちろん、パンと野菜は何も言わなくてもついてきます。パンがおいしい!
この、白い液体はアイランというヨーグルトドリンクです。こういう形で出てくるのは珍しいと思います(多分)
a0327879_14445990.jpg
食後のおやつと、チャイ111.png
このお菓子はバクラヴァというもので、うっすーーい生地を何層にも重ねた中に、たくさんのピスタチオが入っていて(地方によってはクルミ入りとかヘーゼルナッツ入りもあります)さらにバターとシロップをたっぷりとかけてあるお菓子で、想像の通りとても甘いのですが、とてもおいしいです113.png
この量をお姉ちゃんと二人で食べるのに、チャイを2杯飲んでしまいました。(もちろんそういう時はチャイは砂糖なしです!)

とくにこのガズィアンテプは、バクラヴァが有名だそうです。
確かに、どこで食べるよりもピスタチオがぎっしりで、ほんとにおいしい。

このレストラン、地元の人におすすめしてもらっただけあって、とてもおいしくて、お店のサービスもとてもよかったです!


ご飯を食べた後、まだ9時頃だったので、近くのカフェに。
a0327879_13540840.jpg
写真薄暗いですが、生バンドが入っていて、とても素敵な雰囲気のカフェ。
a0327879_15323439.jpg
チャイグラスもとてもかわいい!この上の部分に角砂糖が入っています

私もトルコではチャイだけ飲むときは大体角砂糖を2個いれます。もちろんトルコの人もです。
そして、そんなチャイを、ウグルさんのお父さんは1日20杯ほど飲むのだとか。。
a0327879_14553790.jpg
こちらはトルココーヒー。
トルコのコーヒーはお湯に超極細引きの粉を直接入れて煮だし、濾さずにカップに入れるので、飲んでいると最後に豆が残ります。
ザラっとするのでこしてほしいなぁーって思うのですが味はおいしいです。

ちなみに、トルコはイスラム教徒がとても多いのですが、土地によって敬虔さは違うらしく、イスタンブールなんかはわりと軽いそうで、(もちろん個人差はあります)レストランでもお酒を出してたりするのですが、このガズイアンテプはレストランでも、こういう生バンドが入っているカフェでもお酒は置いていません。

えーーーー、、そんなぁ!
シシケバブ食べながらビールでしょう!!??って思いますよね?(ね?)

私も外で食事するときはちょっとビール飲みたいなぁ、って思うのですが、でもなかったらないで、案外、全然平気です。
そして、そんなわけで夜遅くでも酔っ払いがいないんですね!
そして、私たちがこのカフェで23時頃までぼーーっとくつろいでいたのですが、そんな時間から、お父さんお母さんと、まだ小学校低学年くらいの子や、もっと小さい子供まで一緒に来ておとなしく座って音楽を聴いていたりします。
そして、お酒も飲んでいないけど楽しくなって踊りだす人なんかもいて、すごく素敵な夜でした110.png

外に酔っ払いもいないし、もし変質者なんかいても周りの人たちがきっと助けてくれるようなところなので、子供たちだけで外で遊んでいたりもします。
平和だなーーーーと、とても幸せな気持ちでした112.png




次の日は、朝9時くらいからお姉ちゃんとホテルの近くを散策。
a0327879_15165422.jpg
トルコって猫がとても多いんですよ。

a0327879_15170424.jpg
求愛(?)中のハト

a0327879_15172010.jpg
トルコの人は夜も朝も遅いんですね。お店なんかはまだ全然空いていません。
a0327879_15324287.jpg
職人さんの仕事風景を撮らせていただきました!
a0327879_15325656.jpg
ガズィアンテプは銅製品の有名な街なんです。
a0327879_15330363.jpg
こちらはコーヒー鍋。炭の上に置いて沸かすんですね!

a0327879_15224675.jpg
10時頃にはお店も開き始めます!この白いものはチーズだそうです。

11時ごろホテルを出て、まずは朝ごはん!
お目当てのお店があったのですが、あいにくこの日は日曜日だったため、お昼で閉まるとのことで、メニューはスープのみ。
a0327879_15330993.jpg
こちら、ガズィアンテプ名物のスープだそうで、お肉とお米のスープです。
朝ごはん(お昼ごはん?)にぴったりの、とてもおいしいスープでした!
メニューがスープだけしかないのにお店はひっきりなしにお客さんが来ていました。
このスープ皿も銅製品だそうで、トルコではよく使われています。
私も自分用に買ってきました110.png


この日は19時のバスでカイセリに戻ることになっていたので、さて、それまでどうしようかなーーーってことで、ゼウグマ・モザイク博物館に行くことに。
ほんとは、世界第4位の規模を誇る動物園に行きたかったのですが、、動物園に行ったらきっと時間がかかりすぎるなぁということで。。

でも、このモザイク博物館、トルコ政府もかなり力を入れて建設したものらしいです。
しかし、歴史とかにあまり興味がなく、知識もないのでものすごくはしょった紹介をします。笑
a0327879_16050401.jpg
絵のように見えるのは全部モザイク画です!見れば見るほど気が遠くなる作業だと思うのですが、だれがこんな手法を思いついたのでしょう。。。

この柱や壁は、古代遺跡の配置の通りに並べているのだとか。(なんの遺跡かはわかりません。。汗)
a0327879_16052093.jpg
これも、この絵だけとても慎重に扱われてたのですが、その理由が最後までよくわからず。笑
でも、のんびりできて涼めたので良かったです102.png

ここで4時ごろまでお茶したりのんびりしたあと、また中心地のほうに戻ってお買い物&ごはん&お茶111.png
a0327879_15332497.jpg
このように銅製品のお店がずらっと並んでいます。お土産ものっぽいですが普段からトルコの人たちが使ってるものばかりです。



私たちが宿泊したエリアはどうやらケバブが有名らしく、ケバブ以外のレストランがあまりありませんでした105.png
a0327879_17200488.jpg
これは羊のお肉です。
a0327879_17193262.jpg
付け合わせの野菜がもりだくさん❤︎女性にはとてもうれしい。
a0327879_17373318.jpg
ご飯を食べてるすぐ横の木で、いちぢくを摘むおじさん

a0327879_17194022.jpg
暑いんですが、ほんとに気持ちの良いところでした。左はお城跡。

a0327879_13544405.jpg
食後のデザート&お土産のバクラヴァ
とある小さなお店のものでしたが、今回食べた中で一番おいしかったバクラヴァ屋さん!!

そして、バスでカイセリへ向けて帰ります。あぁ、楽しかった。。。
a0327879_17212580.jpg
トルコはバス大国。バスがとても充実してます

さよならガズィアンテプ!!
とても素敵なところだったので、次回はもっとゆっくり遊びにきたいなーと思います!















[PR]
by araty2013 | 2017-08-28 18:09 | 旅行

2年ぶりのトルコ



 8月は10日ほどお店を閉めて、トルコに行ってまいりました!
2年前のちょうど今頃お姉ちゃんの結婚式でトルコに行って以来です110.png

バンコクからイスタンブールについて、すぐにそのまままた飛行機で、お姉ちゃん夫婦の住むカイセリ県にやってきました。
a0327879_15404636.jpg
緑がたくさんで、暑いですが歩いていると気持ちいいです

a0327879_15274835.jpg
トルコはフルーツや野菜がとても豊富です


今はブドウや桃、イチジクがたくさんあるみたいですね。あとは、生のヘーゼルナッツもたくさん店頭に並んでいました!
そしてとても安い。
ブドウは1キロ40バーツ(120円)ほどです。うらやましい。。

さらに街をぶらぶらして、お姉ちゃん行きつけのボタンやさんに連れて来てもらいました。
自分用とお店用に見てたら、知らない間に300個くらい買っていました105.png




a0327879_15284152.jpg

ここに並んでる以外にもたくさんあって、おじさんが次から次へとだしてきてくれます。(笑)


a0327879_15285117.jpg
一緒についてきて、色々アドバイスしてくるお姉ちゃんの義弟





カイセリで1日ゆっくりした後、その日の夜に東の地方に向けて出発です。

夜行バスで7時間ほどで、シャンウルファというところにやってきました。

東は、とても暑い地域らしく、お姉ちゃんの調べでは体感温度46度とのことだったのでかなり怯えていたのですが、空気がカラッと乾いてるせいか、それほど辛くありませんでした!

この、ウルファという都市は、アブラハムの生誕の地と言われており、トルコ人の観光客もたくさん来るそうです。
a0327879_15310725.jpg
この池は、アブラハムが若いころ、敵対するものに薪が燃えさかる中に投げ込まれた際、その火が水になり、薪が魚になったと言われ、この水と魚はそのころのものだと伝えられています。
この魚は、だいたい黒っぽい色なのですが、もし白い魚を見つけられた人はとても幸運だと言われているそうです。
血眼になって探しましたが、見つかりませんでした。笑

でも、とても気持ちの良い場所で、歩いてるだけでほんとに癒されました!
他にも、アブラハムが生まれたとされる洞窟なども、この池
のそばにあります。
a0327879_15321095.jpg
ちょっと高いところに登って街を眺めると、こんな感じです。
土壁の家がほとんどです。



そして、東の地方はピスタチオの産地でもあります。
a0327879_15294931.jpg
こちらは生のピスタチオ。奥はいちじくです。
この赤い皮をむくと、お馴染みのピスタチオの殻が出てきます。
a0327879_15340169.jpg
わかりづらいですが、わかりますか。。?ペンチのようなピスタチオ割りで割った様子です。(このピスタチオ割り、お店でも販売してるので興味のある方はぜひ♡)

生だと、香ばしさはないですがほのかな甘みがあって、私は生のナッツ結構好きです。旬のものですしね!


そして、道を歩いてると石鹸やさんを発見。
a0327879_15315537.jpg
a0327879_15311390.jpg
おじさんがカットしてるのは、ピスタチオオイル100%の石鹸。
何故かこれだけ量り売りで、針金でおじさんがカットしてくれます。
ピスタチオの石鹸は、抜け毛に良いよ、とおじさん。
でも、やっぱり女性ならシャンプーは香りのよいのがいいですよね。(これは無香料なので正直あまり香りはないです。男性の方ならよいかもしないですね!)

なので、私は顔を洗うのに使ってるのですが、洗い上がりがほんとにとってもすべすべになります!!
以前もトルコでオリーブオイルの石鹸を使ったらとてもすべすべになったことがあって、やっぱりオイル石鹸はいいのだなぁと思いました。
このお店から、ピスタチオ石鹸とラクダミルクの石鹸とオリーブオイルの石鹸を購入。
他にも、ラベンダーの香りの物やスパイス入りの物など、たくさんありました!
石鹸って、家にあってもついつい買ってしまいます。。。

a0327879_15305830.jpg
こちらはパン屋さん。トルコ人はほんとにパンをたくさん食べます。

東の地方は外国人の観光客がほとんどいないし、シリアとの国境に近いので、実はウグルさん(お姉ちゃんの旦那さんです)のお母さんたちに来ることを心配されていたのですが、、でも来てみると人がとても優しくて、写真も撮らせてくれたり微笑みかけてくれたり、治安も全然悪い感じはなくとても良いところでした。

a0327879_15320394.jpg
子供たちが自ら写真を撮ってくれ!といってきました。笑
人懐っこくてかわいいです。


そしてごはんもめちゃくちゃおいしい。
トルコもやっぱり地方によって食べるものが多少違ったりするらしく、こちらは辛い料理が多いとのこと。(唐辛子がたくさん作られてるそうです)

a0327879_15314417.jpg
朝ごはんに食べた卵料理。辛い唐辛子ペーストを卵に絡めたオムレツみたいなものでとてもシンプルな料理なのですが、このペーストがとてもおいしくて感動しました。
今回の旅行で一番楽しかった食事かもしれません。


トルコの旅行記をかこうと思ったらウルファだけでかなり長くなってしまったので、ちょっとここで一度終わります。。
次回は、このウルファからバスで1時間半ほどの場所、ガズィアンテプでのことを書こうと思います!















[PR]
by araty2013 | 2017-08-23 17:17 | 旅行

久しぶりの更新です

久しぶりに、妹が更新します。

なんだか、あっという間に8月ですね。
ぼやぼやしてると、すぐ年末がやってきそうです。

少し前のお話しですが、7月はお姉ちゃんがお店を手伝ってくれていたので、1年ぶりに日本に帰っていました!
1週間ほどでしたが、地元和歌山から始まり、、大阪、奈良、三重、愛知と回ってきました。
のんびり気質の私には珍しく、かなり詰め込んだスケジュールです。
その様子を、かいつまんでお話しようかなぁと思います。


奈良県は、和歌山からは電車で2時間もかからず行けるし、ちょっとした旅行気分を味わえて好きな場所です。
定番の、東大寺や春日大社に行ってまいりました。
a0327879_14080671.jpg
東大寺って、ほんとにきれいだなぁっていつも思います。
でも、奈良って、私は初めて知ったのですが、「奈良にうまいものなし」という言葉があるそうで、名物らしいものはあまりないそうです。(奈良の方、すいません。。もし、おすすめのお店などあれば教えてください!)
でも、吉野葛や、奈良漬けはおいしいですよね。そして、何より街の雰囲気がとても好きです。


そして、三重県。
お伊勢参りと海女さんに会うのが目的です。
1泊して相差という海女さんのたくさん活動している地域と、伊勢に行ってまいりました。
でも、実は海女さんには全然会えず。。。笑 
私、勝手に、海に行けば海女さんがいたり、漁帰りの海女さんが海岸付近を歩いていたりするものだと思っていたのですが、そういうものでもないみたいです。残念。。。007.gif
でも、海女さんがとってきてくれた魚介類は堪能しました!

そして、伊勢神宮。
暑い時期に行っても、たくさんの木に囲まれていて、マイナスイオンと木陰でとても気持ちの良い場所でした。



そしてそして!
夏限定の、赤福のかき氷!
a0327879_14092339.jpg
おいしいだろうな、と想像はしてましたが、それでもおいしい!と思えるくらいおいしかったです。
中には、あんことお餅が別々に入っています。

それから、三重県から愛知へ。
実は、私、初愛知です。
今回訪れた目的は、お友達に会うためです。
バンコクに長い方なら知っているかもしれない、昔、スクンビット49の、"プラネッタオーガニカ"さんで働いていたはまさんに会ってきました。
体は小さくてもとってもパワフル!そんなはまさんです。
半年ぶりくらいに会いましたが、全然変わらず、元気いっぱい、かわいいはまさんでした♪

そして、はまさんに連れて行ってもらった、本業窯、という瀬戸物を作っている窯元さん。
和食器って、とても素敵ですよね。
ここは、訪れると色々と器を作る行程のお話しや、瀬戸の歴史の話などをしてくれます。
そういうのを聞くとさらにかわいく見えてくるお皿たち。また愛知に行ったら訪れたい場所です。

a0327879_14095604.jpg
素敵なお皿があると、料理も楽しくなりますよね。


そして、大阪。
大阪には、20年来の友人がいて、帰国すると必ず会いに行きます。
だいたい、買い物したりおいしいものを食べたりして過ごします。
今回は、大阪の中津にある、カンテグランテ本店さんに行ってきました。
こちらは、ウルフルズのトータス松本が働いていたお店として、結構有名なお店です。
もう、かなり昔からアジアテイストを取り入れたお店で、チャイとカレーがとてもおいしいです。
そして、お店がとても素敵です❤︎
a0327879_16052916.jpg
店内は広々していて、アジアン雑貨なども置かれています!大阪に行かれた際は、ぜひ!


最後は地元、和歌山。
和歌山には今回ほとんどいる時間がなかったので、お墓参りをしたりお知り合いのみなさんに挨拶をしに行ったりと、あまりのんびりはできなかったのですが、少しだけお友達と会う時間があったので、一緒にランチと和歌山城に行ってきました。
和歌山城には、100年ほど前から動物園があります。
こちらは市が経営しているので、無料です。
なので、ほんとに小さな小さな動物園なのですが、ここは和歌山市に住む人ならきっと子供のころに遠足などで訪れている、とても懐かしい場所です。
小さいながらもラインナップはわりとおもしろく、月のわぐま、ペンギン、ウサギ、オットセイ、馬、マーラなどがいます。
そして、エミューや孔雀なんかもいるんです。
a0327879_14102733.jpg
ちょうど、孔雀が羽を広げていました。前にいるメスに求愛をしているのですが、全く無視されています(笑)むしろ、逃げられてます。

ここに来ると、昔学校行事できたことや、休みの日に連れてきてもらった記憶などが蘇って、いつも懐かしい気持ちになります。
ずっと、この先もなくならないでほしいなと思います。

そして、バンコクではエカマイにお店を出している、"ろっこん"さん。
こちらでランチを食べてきました。
このお店、実は和歌山のお店が本店なんです。
お昼は1000円ほどでとってもおいしい美味しいお魚定食がいただけるので、オープン当初からのファンです。
お米もこだわりの銀シャリでほんとにおいしいです012.gif

和歌山というところは、もちろん海の幸は豊富ですし、気候が良いのかフルーツなども良く育ちます。
桃や巨峰、ミカンや梅などがおいしいです。お城もあって、海もあって、、、なのに、あまり知名度はない気がします。。
でも、そういうのんびりした雰囲気が、やっぱりホッとします。

夏の日本、やっぱりいいなぁ!っと再確認した1週間でした(私は夏が一番好きです)



少し話は変わりますが、つい先日、10年ほど前に私が石垣島のホテルで働いていたころ、とってもお世話になった先輩が、東京からはるばる、バンコクのこのお店に来てくださいました!
他にも、友達の友達(面識もない方です)が、わざわざお店に来てくれたり。。旅行中の短い日程のなか、ここのお店に来てくれるというのは、なんともうれしいです。

そして、その石垣時代の先輩が、ご自身の東京のお店の焼き菓子をたくさんくださいました♪♪
a0327879_14002536.jpg
a0327879_13575129.jpg
焼き菓子好きとしては、とっても嬉しい!そして、どれも優しい味わいで、とてもおいしいです016.gif

一緒に働いていたころから、いつもとてもきれいなケーキの仕上げをする人で、私はどちらかというときれいに作るのが苦手だったので尊敬しておりました。
東京の赤羽というところにあるらしいので、いつか東京に行く際にはきっと訪れたいと思います!
洋菓子カフェ かしこ  


少し長くなってしまいましたが、久しぶりに近況報告でしたーー!










[PR]
by araty2013 | 2016-08-05 17:20 | 旅行

トルコの結婚式 後編

 Serenibのお店の前に、とても大きな木があります。
菩大樹の木で、タイではお寺などに植えられる縁起の良い木なんです。
お店を借りるときに、大家さんから、

「この木は守り神みたいなものだから、切らないでね」と言われていた木です。

それが、

先日の日曜日、とつぜん伐られました005.gif

お店が休みだったのでのんびり家でくつろいでたら、なんか騒がしい。

ん? 知らない人が2階の窓の辺りにいるぞ?? 

あーー!木が伐られてる!! 

「何してるんですか!伐らないでくださいよ!」と 抗議もむなしく、
どうやら私たちのお店の隣に住むインド人が業者さんにお願いしていたようで、ばっさりときられました。

と言っても、枝を切っていただけなので木自体は残ってるんですけどね025.gif

この木はほんとに大きくて、たくさんのリスや鳥たちが生活してたんです。
それが伐られてしまい、最初はさみしさと怒りで、急いでお姉ちゃんにメールしたんですが。

「すごい伸びてたから、いいんちゃう?良かったやん」

へ?

そ、そうか。
そうかな? 
確かに、枝がどんどん伸びて、少し怖いくらいだったのも確かで。。。
それに、木が切られたわけじゃないし、散髪みたいなもので、すっきりしたかな。。。

 

a0327879_14475706.jpg
すっかりスリムな木になりました043.gif
そんなひと悶着があったのですが、きっとすぐに伸びてきますね。
ほんとに生命力の強い木なんです!



という前置きはこれくれいにして。。

ついにトルコでのお姉ちゃんの結婚式のお話を書きたいと思います。

カッパドキアでお昼ごろまで過ごし、そのあとまた、結婚式が行われるカイセリに戻りました。
式は夜の19時からです。

ちなみに、結婚式のドレスはタイでオーダーメイドです。
日本だとレンタルでも30万円ほどかかるそうですが、タイではとてもリーズナブルに作れるんですよ!


普通、結婚式というとメイクさんにお化粧や髪の毛のセットをお願いすると思うのですが。

「いつも濃い顔のトルコ人のお化粧をしてるメイクさんに、人生1度きりの結婚式のメイクを任せるのは怖い!」

ということで、花嫁さん自信でメイクしました(笑)

a0327879_14585736.jpg
部屋で待機中のお姉ちゃん。ついにこの日が来たか!と、感無量でした



このような車で常にクラクションを鳴らしながら、「結婚式だよーー!」と知らせながら式場まで行きます
a0327879_15192617.jpg
式場はこんな感じです。花嫁側の招待客が少ないので、小さめの式場
a0327879_15180389.jpg

a0327879_15110121.jpg
a0327879_15113717.jpg
ちょっと緊張気味のおねえちゃん


以前、お姉ちゃんも書いていましたが、トルコの結婚式は踊りがメイン。
日本のような、
家族のスピーチ、新郎新婦のスピーチ、生まれてからの軌跡をふりかえるDVD,というような、感動の場面は一切ありません(笑)
しかも、式場との打ち合わせは一切しない、ぶっつけ本番の式!!


新郎新婦が入場したら、まず2人のダンス。
そのあと、写真撮影がしばらく続いて(みんな好き勝手に色んな人と写真とります)
そのあと、またダンス。
新婦とお父さんのダンスとか、男性だけのダンスとか、女性だけのダンス、色々あります。
a0327879_15115020.jpg
a0327879_15181691.jpg
かわいいカップル!

突然始まるケーキカット。 激しい花火の演出(笑)
a0327879_15204515.jpg

大きなナイフで初めての共同作業
a0327879_15245386.jpg
その後ケーキは下げられ、何事もなかったように、またダンス
a0327879_15215322.jpg
結婚式の様子をアップします、と張り切りましたが、よくよく見ると踊ってる写真ばっかりです。

もちろん、私も、お父さんも、日本とバンコクからの友達も、全員参加でとっても楽しい式だったんですよ。
でも、やっぱりお父さんは少し泣きそうになったみたいだし、旦那様のほうのお母さんも号泣していたそう(笑)
やっぱり子供の結婚って、親にとってほんとにうれしいものなのでしょうね。
もちろん、妹からしてもとってもうれしいことなのですけど012.gif

でも、少し寂しいのも事実ですけどね。
これからは、お姉ちゃんは新しい自分の家庭を築いていくんだなぁって。

ってお姉ちゃんに話すと、「新しい家族が出来たんやで!」

そうですよね!

言葉も通じないし、文化も違うしとても遠い場所に住んでいるけど、新しい家族が一気にたくさん増えたんだー!

みなさん、ほんとに暖かく迎えてくれました!
a0327879_15174434.jpg

結婚式は夜の11時すぎまで続き、
最後は親戚やお友達からご祝儀代わりの金やお金をいただいて、式は無事終了しました。
a0327879_15463434.jpg
トルコでは金を送るのが一般的だそうです


お姉ちゃんは式場に対して、色々文句もあったそうなのですが(笑)私たち参加者は、初めてのトルコの結婚式、とても楽しく参加できました!



そして、式の次の日は、(一応)お姉ちゃん達の新婚旅行も兼ねて(コブ付きですが。。)
クシャダスという、海辺の街へ2泊の旅行に行ってきました!

エーゲ海です
a0327879_15122192.jpg
ビーチで、パラソルを借りてのんびり過ごしました
a0327879_15123606.jpg


手作りオリーブ石鹸!実際使っていますが、すごく良いです。お肌つるつる!吹き出物もなくなりました。
a0327879_15135812.jpg

かわいいお土産物屋さんがたくさんあって、少しお店用の仕入れも。。011.gif
a0327879_15141439.jpg
このクシャダス旅行が、今回のトルコ旅行の最後の地でした。
18日から25日まで、ほんとに楽しい1週間でした!

まだまだ、全然周りきれていないトルコですが、行く場所によって全然違う雰囲気が楽しめる、
逆に、トルコってどんなとこ?って聞かれると答えるのが難しいのですが、
とても素敵なところです! 
人は優しく、ごはんも美味しくて、街もきれいでかわいい雑貨もたくさんあって、、、。
もちろん歴史的な建造物もたくさんあるので、ほんとに行く場所によって、色んな楽しみ方が出来るところだと思います。
(行ってみた感じでは、治安の悪さはあまり感じませんでした。
ただイスタンブールはスリなども多いみたいなので、行かれる際には、十分ご注意を!)

前編、中編、後編と、なんだかもったいつけて長たらしいブログになってしまいましたが、読んでいただいた皆様、ありがとうございます053.gif

次回からは、しばらくお姉ちゃんのトルコの文化(?)についてのブログが始まりますので、ぜひそちらもお楽しみに~♪


おまけ

a0327879_16202615.jpg
キュウリ売りのおじさん。みんな、フルーツ感覚で食べてました

a0327879_16204718.jpg
クシャダスで見かけた猫家族。イスタンブールとクシャダスは、猫がたくさんいました!やっぱり海の近くには猫が住むんですね003.gif





















[PR]
by araty2013 | 2015-09-24 17:05 | 旅行

トルコの結婚式  中編

しばらく、タイは天気荒れていましたねー。
毎日雨が降って。。。そんなときに、私はというと日本から友達が5日ほど遊びに来ていたのですが、体調を崩してしまい、(しかもデング熱の疑い!?)バンコクの天気も悪く、あまり観光に連れて行ってあげれませんでした。
唯一行ったのは、ピンクのガネーシャと百年市場です。ガネーシャで色々お祈りしてきたの、叶うといいな。。012.gif

Serendibからは、とくにこれといったお知らせはないのですが、もう9月も終わりかけ、あっという間に10月ですね。

タイは関係ないけど日本は秋

ということで、10月から、モンブランとカボチャタルトをはじめようかと思っています。
この2つは、毎年とても好評いただいておりまして、まだ試したことがない、という方はぜひ今年チャレンジしてみてくださいね☆
他にも、りんごを使ったケーキなんかもやってみたいなぁと思っています。


では、前回のブログの続きを書いていこうと思います。
カイセリのピクニックあたりまで話をしたかなぁと思います。

その日の夜に、バンコクから3人、友達が合流しました。そして次の日は、カッパドキアです!

トルコといえば、カッパドキア!

という人も結構いるかと思います。イスタンブールの次に有名な観光地ではないでしょうか。
私は、人生2回目のカッパドキアです。


ちなみに、カッパドキアとカイセリは、バスで1時間ほどのところにあります。
15時ごろカッパドキアに着き、そこから今回の宿泊先のホテルへ。

a0327879_14392271.jpg
カッパドキアのホテルって、どこもかしこも、とってもかわいいんです

とにかく、お花がたくさん!
a0327879_15095714.jpg
今回、私たちが泊まったのは“Caravanserai Cave Hotel”というところです。

                  お部屋はこんな感じ
a0327879_14543202.jpg
石造りなので、夏は涼しく、冬は暖かいんです。

とりあえず、部屋に荷物を置いて、観光に出かけます。
今回は、ホテルの方に車を運転してもらって、おすすめの場所に色々と連れて行ってもらいました。
 
                  とにかく、壮大な自然に圧倒されます
a0327879_15102722.jpg

            見渡す限りの大自然 ほんとに、自分の存在のちっぽけさに、色々な事がどうでもよくなります(笑)
a0327879_15104357.jpg
なんとなく、雰囲気で連れてこられたのかなって感じのラクダ  意外と大きい
a0327879_14570227.jpg
贅沢な、夕暮れ
a0327879_15005602.jpg

カッパドキアの素晴らしさって、写真では全然伝わりきらないと思います。
ほんとにオススメなので、ぜひみなさん、一度は訪れてみてください。
ただのんびり、朝、昼、夜、それぞれのカッパドキアを眺めているだけでも心の洗濯がされるような、そんな気分になりますよ018.gif018.gif
大自然に囲まれたカッパドキアなんですが、町自体はとてもこじんまりとしていて、小さな町にホテルの明かりが灯るとまるで、おとぎの国にいるような気がします。1週間くらい、のんびり出来たら最高ですね!

夜は、お姉ちゃんのお祝いに日本から来てくれたお友達も一緒にお食事会をし、次の日はいよいよ、お姉ちゃんの結婚式です!!

ちょっと長くなりそうなので、今回はこの辺で。。


おまけ

ホテルの朝ごはん
a0327879_14404657.jpg
トルコのホテルでよく見かける朝食です。
オリーブ、チーズ、トマト、キュウリ、パン、チャイ。
オリーブやチーズが数種類あって、その種類はホテルによって違ったりしますが、ほとんどこのスタイルの朝ごはん。
私はオリーブが大好きでいつも食べ過ぎてしまいます。。塩分取りすぎでよくないんですけどね039.gif

カッパドキアのカフェにいた猫ちゃん かわいすぎて、萌えました
a0327879_15193919.jpg







[PR]
by araty2013 | 2015-09-22 15:22 | 旅行

トルコの結婚式 前編

 ちょっと遅くなりましたが、8月22日にトルコのカイセリという県で行われたお姉ちゃんの結婚式の様子をブログにアップしようと思います♪ですが、他にもトルコ観光についても書きたいと思うので、前編後編で分けたいと思います018.gif

18日の朝10時の便で出発して、イスタンブールの空港に着いたのがトルコ時間の夜9時前でした。
時差は4時間ですので、だいたい15時間ほどかかったことになります。。。遠かった・・・009.gif

8月はトルコもちょうど暑い時期で、夜でもイスタンブールは少し暑く感じました。タイと同じくらい?
日本から来ていたお父さんと、お姉ちゃんと、空港で合流♪
その日はそのままホテルで休んで、次の日は夕方4時ごろまでイスタンブール観光です。

定番のグランバザール
a0327879_15064628.jpg

とにかくすごい人です。
かわいいものたっくさんあるのですが、とにかく高い!
値段交渉するのが当たり前になっているらしく、最初の値段はかなり高いです。
値切るのが好きな人は楽しいかもですが、私は疲れてしまうのでほとんど何も買わず、見ただけでした。





a0327879_15480408.jpg
イスタンブールといえば、坂!坂の上り下りがすごく多いんです

車も渋滞がひどく、タクシーもあまり安くないのでほとんど歩きかバスが交通手段。
タイで甘やかされた体には、少しこたえます(笑)

途中、歩きつかれてビール休憩!昼間のビールって格別です012.gif
a0327879_15070558.jpg
EFESというのはトルコのビールで、飲みやすくて美味しい

そうこうしているうちに、カイセリに向かう飛行機の時間になったので、空港へ向かいます。(ここで、思った以上に車が渋滞、もう少しで飛行機に乗り遅れるところでした。。時間はかなり余裕を持ったほうが良いみたいです008.gif

お姉ちゃんが住むカイセリというところは、カッパドキアからバスで1時間ほどのところにある街で、
イスタンブールからは飛行機で2時間弱でした。観光名所ではないけれど、住むのにちょうど良い、そんな感じです。
ちなみに、外国人があまり住まないところのようで、英語の出来る人はほとんどおらず、日本人にあったことも、いまだないそうです。
a0327879_15541124.jpg
建物が多く、道も整備されていて割と大きな街です

カイセリに着いた次の日は、朝からピクニックに行ってきました。
お姉ちゃんはずっとピクニックがしたかったらしく、でも言葉の通じる友達もおらず、いつも一人で歩きに来ていただけだそうです007.gif


ところで、トルコと言えば!! 

パン!

パンがとても美味しいんです。
ピクニック用に、朝から焼きたてパンを買いに行きます。
a0327879_15084881.jpg
いかにも、パン屋さんって感じですよね??
お姉ちゃんは良く買いに来るらしいのですが、私は一人でテンションあがってました。出来ることなら色んなパンを試したい。。。
でも、1種類だけ買って帰ります。

そのパンと、付けあわせを持って近所の公園へ。

a0327879_15543665.jpg
他にもピクニックをしている家族
a0327879_15090987.jpg
奥が焼きたてアツアツのパン053.gif皮はぱりぱり、中はもっちりで、とっても美味しかったです!!
ちなみに、2本で80バーツくらいだそう。うらやましい!
あとは、トルコの定番朝ごはんのチーズ、キュウリ、オリーブ、道で買ったぶどう(これも15バーツほど!)
お父さんとおねえちゃんと私の3人で、2本のパンほとんど食べてしまいました。毎日食べたいわーーーー。

ちなみに、トルコは野菜やフルーツが豊富で安くて美味しいのだそう。四季もはっきりしているので、旬のフルーツもあるらしく、この時期は桃やぶどう、スイカをよく見かけました。
a0327879_15062644.jpg
こんな感じでよく野菜やフルーツが売られています

ピクニックのあとは、お姉ちゃんとふたりでカイセリの街をぶらぶらしながら、お店用の雑貨も買いつつ、のんびり。
a0327879_15094098.jpg





途中、小腹が空いたのでお茶休憩。
トルコ定番のチャイです。
ちなみに、みなさんだいたいこの小さいグラスに3個から5個ほどの角砂糖を入れるらしく、そのかわりお菓子は甘くないものを食べたりします。これは、ピザみたいな生地で野菜とチーズを挟んだもの。
みなさん、一日に何杯も紅茶を飲むそうで、
多い人なら20杯ほど飲むらしいです。
私は6杯くらいがちょうどよい感じでした。


この日の夜、バンコクからお祝いに来てくれる友達が3人合流。
明日はお楽しみ、カッパドキア観光です♪

長くなったのでブログも今日はここまでにしますね。



おまけ
a0327879_15195574.jpg
イスタンブールは猫がたっくさん!ひとなつこくて、かわいい053.gif


お店でも販売している、トルコっぽいネックレスをスタッフにお土産にあげたところ、とても喜んで早速試着してくれていました(笑)
ちょっとしたアクセントにもなるので、オススメです♪
a0327879_15250960.jpg











[PR]
by araty2013 | 2015-09-09 16:24 | 旅行

カッパドキアで過ごす週末

おひさしぶりです♪ @トルコです。
今回はカッパドキアへの週末小旅行の巻です。

私の住んでいるカイセリと言う町は、ユネスコ世界遺産にも登録されている、かの有名なカッパドキアに行くには必ず通らなければいけない最寄空港がある町なのです。

なので、私も初めてのトルコ旅行の時に、イスタンブールからカッパドキアに行くためにここを通過していたんですよね。空港からバスターミナルまでなので、町はどんなだか知らないままでしたが。
まだ主人と出会う前のことですから、その時はいつか自分がこの町に住むことになるなんて。。。想像していなかったですね~043.gif

そんな近場の世界遺産カッパドキアへ、週末の小旅行にでかけたわけですが、
実はわたくしはものすごーい雨女でして。。。057.gif
ここ最近は春らしい暖かい天気が続いていたのに、なぜか私たちが出発してから空模様があやしくなり。。。

すっかり春気分で七部袖のシャツにちょっと厚めのカーディガンしか持ってなかったのに、小雨が降って気温もかなり低かったです。

a0327879_20511407.jpg
ウルギュップの町の中央にある大きな岩

カッパドキアは地方の名前で、その中にはいくつかの村があります。
観光地として有名なのは、ギョレメ、ウルギュップ、ウチヒサルの三つです。
今回はこの中でも一番カイセリに近いウルギュップに泊まることになりました。
土曜日は半日カイセリで用事があったので午後に出発し、着いたのは夕方だったのですが、雨と寒さで体の芯まで冷えました。。。
とりあえずホテルの部屋へ。

a0327879_20505577.jpg











ホテルの中庭ですが、あいにくの雨。。。


カッパドキアには岩をくりぬいて作ったケイヴホテルが有名で、ここへ来たからにはやっぱりこのスタイルのホテルへ泊まらなければ♪
しかし、↑の中庭の写真を撮って、肝心の室内の写真を撮り忘れました。。。
ので、以下はホテルのインターネットのページからコピーしました。

a0327879_22373674.jpg












なんか昔の外国の絵本に出てきそうな雰囲気が素敵です~☆


a0327879_22375288.jpg











洞窟ホテルといっても、設備はけっこう整っています。



ホテルで一休みした後は少しぶらぶら町歩きをしてから夕食を食べに行きました。

店の中央に暖炉があって暖かい店内にホッとして、食事をしていると伝統音楽のライブもはじまって、なかなか素敵な夜でした。
が、残念なことに良い写真が一枚も撮れていませんでした。。。

さて、気を取り直してあくる日、日曜日ー。。。
a0327879_20521764.jpg

やっぱり朝からあいにくの雨。

でも、せっかく来たんだから!
あの、小高い丘の上のヴューポイントを目指します。

a0327879_20524204.jpg
といっても、ちょっと急な階段と坂道を少し登ればすぐ着きました。

でも。。寒い!!
a0327879_20525693.jpg
寒くてたまらなかったので、とりあえず暖まろうということで、丘の上にぽつんと一軒だけあったお茶屋さんへ。
外から見ると物置小屋みたいな小さい石造りの小屋でしたが、中へ入ってみると。。。

a0327879_20535721.jpg
a0327879_20542664.jpg

なかなか素敵な空間でした。
こういうごちゃっとしたインテリアが好きなんですけど、古い写真とか、本とか、時間をかけて集まったもので作るからこそ素敵なんですよね。。。それぞれの物に思い出がいっぱいつまってて。
私は引越しばかりしているので、そのたびに物が減って、形のある思い出があまり残ってないです。
写真は全部パソコンの中だし、手紙もメールがほとんどで。。。
本も電子書籍にとても惹かれてるんですが、お気に入りの本ぐらいは本棚に飾りたいですね。

すてきな空間でゆっくりくつろげて、体も温まりました。

そして外へ出てみると。。。
a0327879_20560673.jpg
晴れていましたー016.gif
a0327879_20551915.jpg
ウルギュップの村が一望できます。

ここからは、ウルギュップ在住の主人の知り合いが車で名所案内をしてくれて、ばっちり写真も摂れました♪

a0327879_20565332.jpg
a0327879_20572556.jpg

このあたりは世界遺産指定の区域です。
 
↓鳩の谷まで徒歩4000mとかいてありますが、もうすでにここが鳩の谷では?
a0327879_20594819.jpg
a0327879_21003837.jpg
a0327879_21010106.jpg
↑トルコのお守り、ナザール・ボンジュウがたくさんつけられた木。
Serendibの店内にも実はひっそりとナザール・ボンジュウがつけられているんですよ。
わかりにくいところにですが、開店当初からあります。さて、どこでしょう?!037.gif


a0327879_21014744.jpg

ラクダって、けっこう大きい動物ですよね。。。 

a0327879_21013374.jpg













この光景、何かで見たことあるような気がしませんか?
実はこの、カッパドキアの風景は、風の谷のナウシカに出てくる風の谷のモデルになった土地ではないかと言われています。
あくまで噂ですが。。。 でも、ほんとにそんな雰囲気があります!

地球上にこんな景色があったなんて!と思ってしまう、なんともいえない不思議な風景です。
それに、ずーっと広がる空と地平線を見ていたら、地球って広いんだなーと感じますよね。
タイでも同じですけど、ちょっとバンコクを離れると何にもない土地が広がって、地平線が見渡せて。。。
日本ってほんとうに人口過密なんだなと感じますね。


さて、きれいな景色を見た後は、腹ごしらえ。
a0327879_21193030.jpg
ヨーグルトつきケバブというのを注文しました。
ケバブの肉汁をたっぷり吸ったパンの上にヨーグルトとグリルしたお肉や野菜が乗っています。

トルコではこのように、お肉の下にパンがしかれてあることが多いです。
そして食事には必ず大量のパンが付け合せに。
とにかく パン パン パン なのです。
この写真の料理はいわば、丼みたいなかんじでしょうかね。ご飯の上にタレをかけて、焼いたお肉がのっているという。
おなかいっぱいになって、この後は少しショッピングを楽しんでから帰りました。

やはり私も外国人ですから、トルコ人のあいだの最新流行のものよりも、外国人向けに売られている昔ながらなデザインの物のほうがかわいいと思ってしまうんです。
そういうものはやっぱり観光地じゃないと出会えないですね!

今回はこんなクッションカバーを見つけました↓

a0327879_07371862.jpg
  手縫い刺繍のアンティーク布(おそらくベッドカバー)をリメイクしたクッションカバー。
かなり気に入りました。
もっと集めたい!!

またみつかれば、バンコクにもぜひ持って行きたいと思います!


さて、バンコクはそろそろ暑くなってくる頃ですね。
セレンディブでは今年も好評だったカボチャのタルトとモンブランはシーズン終了ということで、今月からは暑い季節向けのデザートとして、メロン杏仁豆腐や洋ナシのタルトなどが戻ってきています!
そしてもうすぐマンゴーのシーズンですので、マンゴーを使ったお菓子も近々登場する予定ですよ☆
是非、お見逃しなく~♪


[PR]
by araty2013 | 2015-03-17 07:47 | 旅行


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧