カテゴリ:タイ生活( 10 )

タイ人の友達の話

またちょっとトルコと関係のない話が続きます。


今年に入って突然、私個人のインスタグラムをフォローしてきた人がいて、名前に見覚えがあったのでもしかして。。。
と開いて見たら、約10年ぶりの懐かしい友人でした。

タイの大学に留学していたころ、数少ないタイ人の友達の中で一番仲良くしていたMちゃんでした。(イニシャルトークのMさんではなく、本当にニックネームがエムだったという、タイ人あるあるです(*^-^*)



私が通っていたのは私立の大学で、タイ人の学生はわりとお金持ちのボンボン&お嬢様が多かったのですが、そんな中でもわたしとMちゃんが一緒に勉強していたフランス語学科は、お上品な家柄の生徒が特に多かった気がします。

そんなお嬢様が多い中でMちゃんの家は、裕福は裕福でも家業が高利貸しという、ちょっとお上品なお嬢様の家柄とはかけ離れたところがありました。
でもそのぶん、陽気で楽しい性格で私とは気が合いました。


仲良くなって間もないころに、

「私の鼻、これ整形なんだけど、どう?」と、突然カミングアウトされ、

「え、でもすごい自然な感じ。言われないと整形ってわからないね!」

「そうでしょ?シリコンなんだけど、うちのお母さんが若いころにやった時にはまだ技術が進歩してなくてロボットみたいな鼻になっちゃってんのよ。私のはこれ最新だからうまく出来てるんだ^^」

と、言わなければバレない整形を告白してくるようなオープンな性格でした。


そしてこっそりと、

「〇〇ちゃん、毎日高級車で送り迎えがあって、運転手を一日中駐車場で待たせてるんだけど、このあいだ帰りに一緒に乗っていく?って誘われてさ。で、乗ってみたら運転手さんにすごい偉そうにしてたよ。あれはとんでもない奴だよ。。。」とクラスメイトの噂話をしたり、

「〇〇ちゃん彼氏にフラれたらしいんだけど、理由がデートの洋服選びに毎回1時間彼氏を玄関で待たせてたからなんだって。それでフラれてヤケ酒しちゃったーって大きな声で言ってたけど、お嬢様が飲めない酒飲んでんじゃねぇよ。ケッ!」と悪態をついたりw

クラスの中で私とだけはそんな話をしていたので、どうやら「仲間」という認識だったようです^^


しかし、そんなMちゃん、私にも100%心を許しているわけではなかったかもしれません。
なぜなら、エリート警察官の卵だった彼氏を日本人の女の人に盗られたらしいのです。その経験から日本人の女の人に良いイメージを持っていなかったようでした。


日本人の女の子には恨みがあるんだけど、あんたは悪い子じゃなさそうね、ということで仲良くしてくれていて、それから1年くらいたって失恋の傷も癒えた頃、また新たにエリート警察官の彼氏ができました。


Mちゃんはエリート警官にこだわりがありました。

両親は離婚していましたが、お父さんがもともと高利貸し、そして離婚後はお母さんも自分で会社を立ち上げてこれまた高利貸し。
すると商売柄なにかと物騒なこともあるようで、Mちゃん曰く「身内に警察官がいたらタイでは無敵」ということでしたw


そんなわけでどうしても警察士官学校の学生や、または卒業生を狙って彼氏を探していて、新しい彼氏ができた際は、照れ隠しもあったと思うのですが、「別にかっこよくはないんだけどさ、でも警察官だからいいんだ!」と言っていました。


時が過ぎて私たちは無事卒業し、私は日本で就職しました。
その頃はまだ時々、当時タイで人気だったSNS上でやりとりしていました。(今ではすっかり廃れてしまったhi5というSNSです。懐かしい。。。)

そして大学卒業から1年くらい経ったころ、ついに念願の警察官の彼氏との結婚話が決まり、私も結婚式に招待してくれたのですが仕事もあったので残念ながら行けず、あとから写真だけ見せてもらいました。
タイにありがちなコテコテのメイクと盛り盛りの髪形でウェディングドレスを着た、幸せそうな姿の写真で、旦那さんもとても優しそうな人でした。



それからまた一年半くらい経った頃でしょうか。
久しぶりに連絡が来て、今オーストラリアに住んでいるという話でした。


じつは、旦那さんが麻薬捜査中に犯人に撃たれて殉職してしまうという悲劇に見舞われたのです。
まだ28歳という若さでした。


そうとうショックだったでしょうが、もともと明るい性格だったMちゃんは、旦那さんとの思い出が多すぎるタイを離れてしばらくオーストラリアに住むことにしたのだそうです。


それ以来お互い連絡することが減って、そのままずっと疎遠になって10年近くが経ちました。


そして久しぶりにインスタグラムでつながって、最近はどうしているのか写真を見てみたら、
どういうわけだか、バマコでタイ料理レストランを経営する女社長になっていました。。。!


ところでタイではご存知の通り、大学にも制服があり、大学生と言ってもまるで日本の高校生のように幼い雰囲気の子が多いですよね。
なので、学生時代は特にお化粧もせず毎日制服を来て通学していた学生たちが就職するとだんだんお洒落になってお化粧も髪形もばっちりきめてどんどん綺麗になっていくのですが、Mちゃんもすっかり見違えるようなきれいなお姉さんになっていました。(でも学生の頃にやった鼻以外はいじっていないようでしたw)


ばっちりお洒落にきめて、自分の店の従業員の黒人男性に囲まれてポーズを決めている写真を見て、すっかり元気になってばりばりやってるんだなーと思わず私もにやけてしまいました。


そしてとっても美形な甥っ子・姪っ子と一緒に写っている写真が何枚もあって、あーそう言えばMちゃんは警察官狙いだったけど、お姉ちゃんはファラン狙いなんだーってよく言ってたなー、と思い出しました。

そして不自然な鼻のお母さんとの写真もありました。笑


バマコってどこだっけ。。。?フランス語圏だったかなぁ?もし行く機会があれば(なかなか無さそうだけど。。。)ぜひ、会いに行ってみたいなーと思ったのでした。



a0327879_07581128.jpg

突然関係ないですが、最近のカイセリです。
雪が降った時は寒くなかったのですが、止んでから雪が残って道路が凍っている時が一番寒く感じます。
でも今年は去年に比べて雪が少ないです。


a0327879_07574853.jpg

そして義母が作ったトルコのポテトサラダが美味しかったので、うちでも作ってみようと思いました。
茹でたジャガイモに刻んだネギとパセリを混ぜて、パプリカパウダーとレモンと塩、オリーブオイルだけで味付けしたとってもシンプルなサラダです。

トルコ料理って意外とシンプルなものが多いんです。
それに比べるとタイ料理ってハーブやスパイスがたっぷり入っていて、味付けも辛かったり甘かったり酸っぱかったり、ほんとうにバリエーション豊かですよね。
基本味付けは塩だけというシンプルなトルコ料理が好きな夫は、タイに来て初めてパクチーを食べて悶絶していました。。。
私は大好きなんだけどなー。。。
一度食べてしまって以来、パクチー恐怖症になっていました。残念。

食の好みが全く合わない夫婦ですが、なんとか仲良くやっています023.gif








[PR]
by araty2013 | 2017-01-23 14:54 | タイ生活

唐辛子の恐怖

しばらくトルコのブログが続きましたが、久しぶりに妹です。
ところで、私と姉はほぼ毎日LINEやメールで会話していますが、ブログに書くことはあまり話してくれず、いつも私も楽しみに読んでいます。
特に、サルチャにとても興味がわきました!!
いつか、サルチャ作り講座なんてできたらいいですね♪


さてさて、9月も終わりかけ、日本はそろそろ涼しくなるころでしょうか?
8月に引き続き、9月も誕生日ケーキのオーダーをたくさんいただきました!
お誕生日の皆さま、おめでとうございます*^^*
a0327879_16053004.jpg
こちらは直径12センチのバースデーケーキ。2名から4名様サイズです♡


私の周りにも誕生日の人が多く、何を隠そう、私も9月に誕生日を迎え、3?才になりました012.gif

そして、Serendib Tearoomの隠れ看板娘のねねちゃんも、9月生まれなんです053.gif
ねねちゃんには、毎日カリカリごはんのほかに、ほんのひとつかみ、鰹節をあげます。(食べ過ぎは良くないらしいです)
日本の薄い鰹節はねこちゃんにあげると鼻息でまき散らすので、タイ産の、厚めの鰹節がちょうどよいです。
そして、誕生日は、さらにシーチキンも016.gif016.gif
野菜エキスに付け込んであるシーチキンを、できるだけ味を抜くために水にさらそうと、前日から用意してました。

そして、ふと目を離すと、中身を取り出した後のシーチキンの缶が、床に転がっていました。。(笑)

そして、誕生日当日、冷たいとおなか壊すかなーー、と、ねねさんがいない間に冷蔵庫から取り出しておき、30分後くらいに、さてあげよう!!
と思って器をのぞいたら、もう、すっかりなくなっていました。。。(笑)
多分、器をきれいに舐めたのでしょう、、洗った後のような器でございました。
足音なくリビングに来て、こっそりテーブルに上がり、飼い主の見ていない間に全部食べてしまうなんて・・・。
悲しい気持ちもありますが、でもそんなに喜んでもらえたなら、よかったですね!
a0327879_16054726.jpg
なんでしょう、実際見るとかわいいんですが写真にうつると、、、。笑

さて、タイトルの唐辛子の恐怖についてお話しします。

前に何かの本で、ピリピリソースという、ポルトガルの調味料のレシピを発見して以来、家に常備するようにしています。
それは、唐辛子とニンニクと塩とオリーブオイルを混ぜて、1か月以上寝かすというものです。(レシピは色々あるみたいです)
これが色々とつかえて、カレーに入れたり、炒め物の隠し味にしたり、たまにはお鍋の薬味的に使うときもあります。
辛いものが好きなので、家にあると重宝します♪

作り方はいたって簡単、すべての材料をビンなどにいれて保存するだけ
いつもはチリパウダーを使っていたので、ほんとに5分もあれば完成するものです(ただし、一か月以上の寝かせる期間が必要ですが。。)
でも、調べてみると、生の唐辛子でもできるとのこと。
私は生の唐辛子の香りが大好きなので、今回は生の唐辛子で作ることに。

でも、唐辛子を手で切るのって、あぶないよなぁ。。。手が痛くなるし、、、と思い、前にニンニクみじん切り用に買った、コロコロ転がすだけでみじん切りができる、というモノを使用することにしました。
a0327879_16062635.jpg
転がすと中の刃が回ってみじん切りができます。ほんとはニンニク用です。


唐辛子を洗って、半分くらいにおって、コロコロ転がしてたのですが。。。
途中から、このコロコロから唐辛子の赤い汁が漏れて、手についていました。
手が痛くなる、とわかってるのに、何故かこの赤い汁がもれていても、コロコロコロコロ、30分ほどで40本ほどの唐辛子をみじん切りにしていました。
危険とは知りつつ、やっぱり心のどこかで唐辛子をなめていたんですね。

しばらくしたころ、手がものすごく痛み始めました。
最初はヒリヒリだったのですが、時間を追うごとに、もうやけどの時のような痛さです。
急に痛み出した手に、怖くなって色々ネットで調べてみると、、同じような質問をしてる人がたくさんいました!
その中では、
○しっかり手を洗う(1回洗うだけでは落ちないから)
○サラダオイルなどを手に付けてよくなじませた後、洗い流す(サラダオイルと、唐辛子の辛味成分のオイルをしっかりなじませるため)
○牛乳に手をよく浸してから、洗う(牛乳の脂肪分が唐辛子オイルを吸い取るらしい)

などが出てきました。

もちろん、すぐに全部試しましたが、まったくよくなる気配がなく。。
さらに痛み出したので流水でしっかり冷やしたり、クリームをつけたり、と、火傷の対処法もやってみましたが、なんだかさらに痛み出したような。。。
唐辛子をコロコロしてから3時間、4時間が経過しても、一向に収まらず、夜も更け、眠ろうにも痛くて眠れず、、。
さらに、指の血管がドクドクしだしたりして、、、手が爆発(笑)するんじゃないかという恐怖でなかな寝付けませんでした。

でも、そんな痛さと恐怖に疲れたのか、気づいたら寝ていて、朝起きると痛みはだいぶ良くなっていました019.gif

ほっっ!
として、朝お風呂に入ったら、お湯や何かモノに触れることで刺激されたのか、また痛み出したのでした。。。

心の中では泣きながら、でも仕事もしないといけないので、火を使うときは手袋をはめたりしてなんとか1日の仕事を終えたころ。


気づいたら痛みはすっかり消えていました012.gif


あーー、怖かったーーーー!二度と、唐辛子を素手で調理するのはやめよう!!と誓った出来事でした。

多分、私の場合は唐辛子に触れてる時間がとても長かったのと、唐辛子の汁だったので、手のひらほぼ全体についてしまったことが、このしつこい痛みと、激しい痛みの原因だったのだと思います。
多分、すぐに対処していれば、上記の対処法でもほぼ改善できるはずです。

いや、しかし恐るべし唐辛子パワー。
でも、手についたらこんなに痛いのに、食べても大丈夫だなんて、口や胃の中って丈夫にできてるんだなぁと思いつつ、あまり食べ過ぎはよくないんだろうなぁと思います。

特に、私は体質的に体に熱がこもりやすいタイプらしく、唐辛子やにんにく、しょうがなどは食べ過ぎないほうが良いのだとか。
全部、大好きなんですけどね007.gif (とかいいつつ、めっちゃ食べています。)

こんな思いまでして作った、生唐辛子のピリピリソース、早くできないかなぁーーー012.gif


[PR]
by araty2013 | 2016-09-28 16:20 | タイ生活

来週のイベントのお知らせ

いよいよ来週、13日(水)~16(土)の4日間、トルコ雑貨の販売イベントを開催します!

a0327879_19190404.jpg
商品の一部をご紹介したいと思います。


普段からトルコ雑貨をお店の雑貨コーナーに陳列しておりますが、今回のイベントならではの、、普段はなかなか手に入らない商品がこちらのキュタフヤ陶器です。

a0327879_19203173.jpg
絵皿は壁に架けられるように裏側に紐がとりつけてあります。
a0327879_19201305.jpg
さまざまな大きさと模様を取り揃えております。


トルコのお土産としても人気の高いキュタフヤ陶器は、陶器の町キュタフヤの工房で、
細かい模様をひとつずつ丁寧に職人さんが描いて作られた、トルコの名産品です。

模様が欠けたり、割れたりしてはいけないので、今回のようにハンドキャリーで運んでくる時しか入手することができません。
実際にキュタフヤまで行き、選んできたものばかりです。


a0327879_19200306.jpg
こちらは、通常のキュタフヤ陶器よりも強度の高いセラミックの器に、キュタフヤならではの模様を施した珍しい一品です。
割れにくいので、飾りだけでなく実際にお使いいただくこともできます。


a0327879_19195394.jpg
こちらはレトロな模様がかわいい蓋付きの陶器です。
トルコではシュガーポットとして売られていますが(チャイを1日何杯も、お砂糖たっぷりで飲むトルコではシュガーポットはいくつあっても足りないくらいなのです。。。011.gif) 
オススメの使い方は、ピクルスやオリーブ(もちろんお漬物でも)などを食卓に出すときに、この器で出して、残ったら蓋をしてそのまま冷蔵庫へ片付けられますし、もしくはバターをサイコロ状に切って入れておきますと、お料理に使うときも便利ですし、朝食のパン用にそのままテーブルに出すこともできます。
4つの柄からお選びいただけます、今回のおすすめ品です♪


他にも、前回大好評だった銅製の平鍋や、ミニおたま等の鋳物製品も各種取り揃えております!










[PR]
by araty2013 | 2016-07-09 19:55 | タイ生活

お久しぶりです。

 久しぶりに、妹の登場です。

今日は久しぶりに抹茶ケーキが登場しましたが、14時くらいにはなくなってしまいました。
やっぱりたまにしかない、というのがというのが良いのでしょうか? また明日も登場します018.gif

最近、エムクオーティエに紀伊国屋が出来てから、たまにのぞいては、興味がある本があれば購入してお店においています。
気になる本を、と思って選んでいますが、一応はお店に会うような本、、、と心がけています。
今回もほんとはdanchuで焼き鳥特集だったので、焼き鳥好きとしてはかなり迷ったのですが、お店に焼き鳥の本もなぁ、、、と思い、
今回は、草花の特集の本を購入しました。
a0327879_20273915.jpg
そしたら、偶然にも、バンコクマダムさんの7月号も、緑についての特集ですねー♪
a0327879_20291707.jpg
見てると、育てたくなります。
緑がたくさんのお部屋って、憧れますよね。
でも、悲しいかな、私はあまり相性がよくないのか、花や植木、サボテンとか、割とすぐに枯らしてしまいます。。007.gif
母は花が好きな人だったので、よく家にお花が飾られていた記憶があります。
私が小さい頃は、家の近くに小さい田んぼを持っていて、
とうもろこしやイチゴを育てていました。
スイカも育てていましたが、難しいらしく食卓に上がった記憶があまりありません。
その血はどうやら受け継いでいないらしいですね。 でも、懲りずにまた何か育ててみたいなぁって思います060.gif
どうせなら、食べれるものがよいですけどね011.gif


 紅茶のみながらのんびり読書、、、そんな時間を過ごしたくなったらぜひ、Serendib tea roomへお越しください♪



[PR]
by araty2013 | 2015-07-09 20:31 | タイ生活

タイの芸能人ยิปซี&เจษ 来店!

バンコク滞在も残すところあとわずかとなりました。
約2ヶ月の滞在のあいだに、たくさんの方に会いにきていただいたり、結婚おめでとうのお祝いの声をかけていただいたり、日本からも友達が会いに来てくれたりと、とても充実した滞在になりました。

そして、先週の土曜日のこと。
お昼が過ぎ、お店も暇になってきた時間帯に、せっかく日本から遊びに来てくれていた幼馴染の友達を連れて,バンコクを案内してあげようと思い、お店は妹とスタッフに任せて外に出ていました。

そしてこんなときに限って!
Serendibにはじめてタイの人気芸能人が来店されました!!
a0327879_19065475.jpg
テレビをあまり見ないのでわからないのですが、スタッフのイーさん(ちゃっかり真ん中に写ってる人です笑)曰く、向かって左側のยิปซี(Yipsy)さんはけっこう有名な女優さんらしく、男性のほうはなんと、そんなYipsyさんの熱愛のお相手?と噂されている新人の俳優、เคษ(Jes)さんです。

女優さんは何かでこのお店を知って、スコーンが食べたくて来てくださったようなのですが、またしてもこんな時に限って!スコーンが品切れ状態でした。。。025.gif
実はシュークリームは日本人のお客様から大人気ですが、タイ人やファランのお客様からはスコーンが人気なんですよ♪
スコーン好きの人が食べて、かならず美味しいと言ってくれる、自慢のレシピです012.gif
またいつかスコーンを食べに来てくれるといいな。。。016.gif


そんな風にSerendibの記念すべき初芸能人来店の瞬間を逃してしまった私ですが、週末に開催されるArtboxというイベントを見にエアポートリンクのマッカサン駅の隣の広場まで行ってきました。
ですが。。。ここでもまた失敗。
貨物用コンテナーをお店にして、けっこう大規模なフリーマーケットのようなイベントだという情報を得たので、てっきり昼間のイベントだと思っていたら、なんと夜がメイン。
a0327879_19124061.jpg
                 写真はイベントのFBページから拝借しました。

私たちが到着したときはまだ準備段階でした。。。
それでもちらほら開き始めているお店もあり、日本から来ていた友人は洋服を買っていました。
まだ若い男性が売っていたのですが、全部自分でデザインして作っていると言っていました。
一点一点、丁寧に手作りされたお洒落な洋服を手ごろな値段で買えるのはバンコクならではですよね!
お店の名前は忘れてしまったのですが、生地も良い物が使われていて、シンプルだけど作りがきれいな洋服がたくさんありました。

こちらのイベント、ファッションエリア以外に、食べ物を売るお店のコーナーも結構広く、内容も充実していました。
夜はライブコンサートもあるようでした。
a0327879_19123797.jpg
a0327879_19123261.jpg

私はもう行けないので残念ですが、今週の金土日も3日間開催されるようなので、ご興味のある方はぜひ行ってみてくださいね♪
今回が第一回目だったようですが、今後も続けていかれるような様子でした。
イベントの詳細はコチラ↓

それでは、残り少なくなったバンコク滞在、楽しんでいきたいと思いまーす♪

[PR]
by araty2013 | 2015-06-16 15:26 | タイ生活

嵐とソイおばけのお話

昨夜も空に何度も稲妻が走って、大きな轟音がとどろいていましたね。

ねねはおびえて妹にぴったりくっついて寝て、姉はひとり寝ながら「明日は道路が冠水しませんように。。。」と祈るばかりでした。
そのうち雨はだんだんおさまってきたので何とか安心して寝れました。
逆に一昨日の嵐は、翌日があんな状態になるとは思ってなかったので「あぁ、すごい雷なってるなー」と夢うつつに思っていたのですが、起きてみてびっくりでした。

道があんな状態では誰もたどり着けないのでは。。。?と心配していましたが、足場の悪い中来てくださったお客様もいらっしゃって、本当にうれしかったです。012.gif


お天気に関係なく、なかなかたどり着けないという方もいらっしゃいます。とにかく場所がわかりにくいので008.gif
バンコクに住み慣れた方でもけっこう迷ってしまう方が多いようです。

そんな中でも一番不可解なのは、仕事の面接に来るタイ人の迷いっぷりです。
スタッフがタイ語で説明するのですが、それでも迷いに迷って、最終的にたどり着けずに諦めて帰るというパターンもめずらしくありません。
電話で道を尋ねる時に、「今セブンの前にいるんですが。。。」と本気で言ってくる人もけっこういます!笑



道に迷ったわけではないのに、たどり着けなかったという大変不可解な事件もありました。つい先週の話です。

ちょうどキッチンスタッフを募集していたので面接の電話が何軒かかかってきていたのですが、スタッフが電話で説明すると、
「●●が見えますか?見えました?じゃ、そこを曲がってください、それからまっすぐ行くと、▲▲があるんですけど、あ、見えました?じゃ、そのまま真っ直ぐ進んでください。。。」というように、順調に説明どおり進んで来ていました。
ちかくで電話を聞いていた私も、その人がもうすぐそこまで来ているのがわかりました。

「じゃ、そのピンクの看板のあるところ、曲がって小さいソイを入ってきてくださいね」といってスタッフが電話を切りました。
さて、もう30秒もしないうちに面接の人が姿を表すだろうと、待っていました。

が、2分、3分、 待っても待っても来ません。

そしてもう、迷っているという電話もかかってきません。
いったい、どこへ行ってしまったのでしょうか。
結局その日は、あれはお化けから電話がかかってきたのではないかと、スタッフと一緒にキャアキャア言いながら終わりました。

その翌日。。。
今度は若い男性の声で電話があって、今から面接に向かいますとのこと。
道に迷わないようにと、スタッフがバイタクに乗ってくることをおすすめしました。行き先をヤングプレイスと言うと、お店の近くまで10バーツで来れるよと説明すると、その通り来たようで、しばらくしてから「今ヤングプレイスのある三叉路にいますが、ここからどう行けばいいですか」と電話がかかってきました。
じゃ、そのすぐ近くにピンクの看板が見えますね?そこの小さいソイを入ってくださいね。

。。。しかし。。。

またその彼も、けっきょくそのまま姿を現しませんでした。

これは一体。。。

さすがに気味が悪くなりました。

そしてその同じ日に、私とスタッフと2人でお店にいるとき、ちょうど氷を切らしていたのでスタッフが近くのセブンに買いに言ってくれることになりました。
お客さんが注文してくれたドリンクを作るのに必要な氷だったので急ぎで買う必要があって、スタッフも3分で戻ってきます!と言い残してかけ出していきました。

ですが、3分どころか、5分、10分まっても帰ってきません。
まさか、スタッフまでもが、このソイの入り口あたりから異次元の世界へと吸い込まれてしまったのかと、私はもう気が気じゃありませんでした。

そして15分ほどたったところへ、息を切らしながら戻ってきました。
聞いてみると、近所のセブンでは売り切れだったので急いで別の店へ買いに走ってくれたということでした。

少し落ち着いてからスタッフに、「あの面接に来ると言って来れなかった人たちもいたから、今度はあなたまで行方不明になっちゃったかと思って怖かったわよ」と話すと、スタッフは急に思いついたように、「あ!わかった!そういうことか!」と。

前回のブログで書いたように、最近このソイはたくさんの変化がありました。
ソイの入り口のリリーさんがいなくなり、ニライカナイさんがいなくなり。。。
で、今までずっとこのソイの入り口のところに、リリーさんがご飯をお供えしていました。
何でこんなところにお供えするんだろう?と不思議に思っていたんですが、タイではそういう習慣があるのだそうです。

スタッフいわく、ソイがお腹を空かせて怒っているのだということでした。

そんなバカな。
と言う話ですが、まぁ、不思議なことってあるものですよね。
ソイの入り口にお供えものを置こうとは思いませんが、昨日の雨で少し悪いものが流されてくれたら良いなと思ったのでした018.gif


[PR]
by araty2013 | 2015-06-09 16:01 | タイ生活

ただいま、バンコク!&緊急告知!!

こんばんは!
もう1週間たってしまったので今更なのですが、ただいまトルコからバンコクに一時帰国中の姉です♪

日本人なのに、バンコクに”一時帰国”というのもおかしな話ですが笑
寒く乾燥したトルコでの3ヶ月のあと、今はまだタイの暑さと湿気がうれしいです。。。
つま先の冷えがないのと、肌がカッサカサにならないのがありがたい012.gif

さて、タイトルの緊急告知ですが、
ほんとうに急な話ですが、5月7日(木)に、フランスと世界の雑貨Darunさんとのコラボイベントが実現することになりました!

実はこちらに到着してすぐの4月30、5月1日の2日間、CocontさんのCocont's tearoom vol.2がSerendib2階で開催されましたので、その際に飛び入り参加でトルコ雑貨も少し販売させていただきました。

なかなかご好評をいただきましたので、次はいつもお世話になっているDarunさんのヨーロピアンな雑貨とのコラボをしてみたいと秘かに考えていたんですが、私がタイにいる間でDarunさんとのスケジュールをあわせようとすると、なんと3日後の5月7日しかなく、
これはもう迷っている暇はない!ということで、本当に急ですが 北欧×トルコのプチマルシェということで1日限定の雑貨販売をSerendib2階にて開催することになりました!

突然のお知らせになってしまいましたが、できるだけたくさんの方にお越しいただけたらと思い、とりいそぎの告知をさせていただきました。詳細をまた追ってブログやフェイスブックページにてお知らせしていきたいと思います!




[PR]
by araty2013 | 2015-05-04 21:45 | タイ生活

バンコクのバス

二日前の金曜日、いつも以上にひどい渋滞が一日中あちこちで見られました。
何か特別な行事でもあったのでしょうか023.gif 
その影響かどうかはわかりませんが、金曜日はお客様が少なく、とっても静かなSerendibでした。。。025.gif

バンコクのいやなところと言えば真っ先に交通渋滞が浮かびますよね。
今日はそんな交通に関する話題、バスについて、セレンディブ姉がお届けしてまいりたいと思います♪

私が最初にバンコクで暮らし始めたのは、今から約15年前。
アサンプション大学に在籍し、当時のキャンパスがあったラムカムヘンまで毎日バスで通っていました。

お仕事の関係などでタイに来られている方は会社からの規制などもあってバスに乗る機会はあまりないかもしれませんが、
私は今でもバスが好きで、時間のあるときはよく利用します。

バスには大きく分けて、エアコンバスとエアコン無しのバスがあります。

バンコクでバスに乗るときの一番の難関は、行き先がわからないという点でしょう(笑)
タイ語を勉強しても、読み書きがすらすらまではなかなかいきませんし、なんとか読めるようになっても動いているバスに書かれたいくつもの停留所の名前をすらすらとは読めません。
さて、どうすればいいでしょうか。

1.○○に行くには●番に乗ればよいという情報を先に得ておく。
 情報源としては、バンコクバスマップなどを携帯しておくのが一番確実な方法ですが、番号の変更などもよくあるそうなので、注意が必要です。
 他には、もし数字に強い人であれば、最寄のバス停とよく行く場所のバス停の両方に停まっているバスの番号を記憶しておく、ですね。

2.とりあえず、乗ってみる003.gif
 これはもう、勘の勝負です。なんとなくこのバス、○○行きそう~、このバスに乗ってる人たちみんな○○行きそう~、みたいな直感ですね。
乗ってからチケットを売る人が来たときに、「パイ ○○ カー」と言います。親切なチケット売りの人だと、「そこへは行かないよ。次で降りて●番に乗り換えなさい」と言ってくれます。でも、だいたいバスのチケット売りの人のタイ語はわかりにくいので、チケットを売ってくれないときは次で降りる、と覚えておきます。

次の難関は 時刻表が無い ということです。

最初はこれにびっくりしました。いつ来るかわからないバスを待ち続けるなんて!!
学生の頃は毎日バス通学でしたから、運がよければちょっと早めについて、運が悪ければ20分以上遅刻することもありました。
タイ人がよく、遅刻の言い訳に「ロッティッ(渋滞)」を使いますが。私も使っていました。。。

なので、難関その1をクリアするべく、●番のバスに乗れば○○に行けるとわかっていても、その●番のバスがいつまで経っても来ないことがあるのです。
そうなると、不思議なもので、暑い中ずっと待ち続けていると「もう何でも良いから乗りたい」という心理になってくるのですね。
●番だと思っていたけど記憶違いで▲番だったんじゃないか?とか、●番も行くけど■番も行くんじゃないの?とか、そういう考えが湧いてきてしまうのです。

というわけで、やっぱり結局 「とりあえず乗ってみよう」 になるわけです。

ただ、こういうときに限って、▲番に乗ってからチケット売りの人に案の定、「このバスは○○には行かないよ。次で降りて●番に乗り換えなさい」と言われて、次のバス停まで▲番に乗っている間に、●番がすごい勢いで▲番の横を通過していく、というような出来事がおきるから不思議ですね。
結果、だめだこりゃ、となってタクシーに乗るというパターンなんですが。そういう時は自分の辛抱の無さがいやになります。


それでもやっぱり時々バスに乗りたくなります。
理由は、なんとなくのんびりできるような気がしますし、女性が一人で乗るにはタクシーより安心な時もありますし、運賃が安いのでちょっとぐらい渋滞していてもイライラしません。あとは、車高がありますので窓から外が良く見えます。普段見ないような風景が見れてなかなか楽しいのです。実際に、バスの窓から見て「こんなところにこんなお店がある!」などの新発見がけっこうありましたし、あとで話のネタになるような面白い光景もバスの窓からよく見えます。

それから、バスの運転手さんの運転の腕に感心することもよくあります。
え!こんな狭いところを??とか、こんな角曲がれる??など、どきどきはらはらのスリルが楽しめますよ。
しかも古いバスになると、なんだかバスの床の穴から古ぼけたホウキの柄のような棒が突き出ていて、それを巧みにカクカクと動かしながらギアを入れているのですから、すごいですよね。

バスがけっこう好きな私ですが、最近ではもう黄色のエアコンバス48番ぐらいしか乗らなくなりました。
これはスクンヴィットからサイアムやチャイナタウンまで行きますし、反対方向ではメガ・バンナーのほうまで行くときにも利用します。

ということで、私からのバス情報は以上です012.gif


最後に、Serendibから大事なお知らせがあります!!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
定休日のお知らせです。

これまで、定休日なしに営業してきたSerendibですが、このたび《姉》が不在になります
ので、人手不足に伴い、毎週日曜日を定休日にさせていただくことになりました。
週末しか来れないお客様もいらっしゃいますので、何とか調整を試みたのですが、
《妹》ひとりでは負担が大き過ぎますので、ひとまず日曜定休にさせていただいて、
また調整がつき次第、日曜日も営業していけたらいいなと思っています。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~





[PR]
by araty2013 | 2015-01-25 20:20 | タイ生活

クリスマスツリー

タイで始めてのクリスマスを過ごした時、びっくりしたのはクリスマスツリーがクリスマスを過ぎても片付けられずにあることでした。

日本人にとってはお正月は大切な行事なので、クリスマスが終わると急いで門松やしめ縄が登場しますよね。
でもお正月がそんなに大事な行事ではないタイにおいては、クリスマスとニューイヤーは同じイベントとみなされている感があります。
Merry Christmas and Happy new year!
はセットなんですね。

なので、この時期にお店で帰り際に店員さんがお客さんに向かってメリークリスマス!と声をかけてくれることも少なくないのですが、
そのあとに続く ... and happy new year! が ハッピーニュー! と略されていることが多いのがおもしろいです003.gif

あけましてーーーっ! みたいな感じかな(笑)

ニューイヤーが終わってからクリスマスの飾りをしまうのが一般的だと思うのですが、たまーに忘れ去られたように
キラキラしたニューイヤーの飾りがいつまでもあるところがありますよね。

もうさすがに無いだろう、と思っていたころに見かけると、 お!こんな所にまだあった! と勝手にニヤついてしまいます。

昔はずっとこんなふうに出しっぱなしはタイだけなのかと思っていましたが、クリスマスツリーがニューイヤーまであるというのは
わりと一般的なようで、逆にクリスマスがおわるとすぐにお正月ムードに変わるのは日本独特の文化なんですね。

日本では雛人形もひな祭りが終わるとすぐに片付けないといけません。
片付けるのがおそいと、お嫁に行くのも遅くなると言います。

Serendib姉妹の家では一度、ひなまつりが終わった後もしばらく雛人形を片付けずにいたことがありました。
。。。言い伝えは本当なのかもしれません。003.gif


最後はちょっと怖い話になってしまいましたが、みなさま良い週末を~☆






[PR]
by araty2013 | 2014-12-21 17:15 | タイ生活

すずしいバンコク

ここ数日、涼しい日が続いていますね。

日本では冬は寒くて布団から出たくない~!ですが、タイではすずしくて布団をかぶるとちょうど快適だから
布団から出たくない~!と、ついつい寝坊しそうになるのは私だけでしょうか。

朝から少し買出しをする必要があって、改装中のエンポリアムに行ってきましたが、かなり工事が進んでだんだんと閉まっていたお店も復活し始めましたね。

一時は迷路のお化け屋敷みたいな状態で営業してましたけど、見違えるようになっていました。
ここまで仕上げてくるとは。。。エンポリアムの本気を見たような気がします。

さて、今日のSerendibは昨日とは打って変わって静かな1日です。
昨日お休みだったイーさんは、「私が来るとお客さんが来ないんだわ。。。!」とぼやいていますが037.gif

バンコクがすずしいこの季節、温かい紅茶であたたまりながらゆっくり午後を過ごしませんか?
最後の一杯まであたたかい紅茶を飲んでいただけるように、ティーコジーをかぶせてご提供しています。
a0327879_15231097.jpg

[PR]
by araty2013 | 2014-12-18 15:26 | タイ生活


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧