<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ひとりぼっち

 昨日の1月30日に、ついにserendib姉がトルコへと旅立ちました007.gif
2人で作り上げたお店なので、1人になるのはとても寂しいことなのですが、
でもついにお嫁に行ったんだなぁと、うれしい気持ちのほうが勝っています。
それに、トルコ雑貨を引っさげてまたバンコクにちょこちょこ戻ってくると思いますので、
もしお店に姉がいても、“出戻り”ではないのでご安心を011.gif
昨日、姉の旅立ちの日ということで、常連のお客様やお知り合いの方などがお店に顔を出してくださり、とてもうれしかったです。
ご来店下さって皆様、どうもありがとうございました*^^*


さて、姉にしばらく会えなくなるということで、いつもお世話になっているお店や、行きたいお店に色々と顔を出して、この1週間は食べ過ぎました。。。なんか胃が弱ってるような。。。

月曜日は、お店のオープン初期の、ほんとにお客様の少ない時期から通ってくださっている、串揚げ屋さんの富久井さん。
串揚げももちろん美味しいんですがそれ以外のメニューも、おいしい!最近のお気に入りは山芋ガーリックマヨです♪

そして火曜日はお友達と沖縄料理屋さんの金城さん
ここの豚しゃぶが大好きなんです♪甘めのピーナツだれ(多分)とポン酢がついてくるのですが、どっちで食べてもおいしい!
姉はしばらく豚肉が食べれなくなるので、食べ納めですね。
serendib妹は、昔石垣島に8ヶ月ほど住んでいた時期があり、沖縄料理が大好きです。
泡盛も、沖縄料理にはとっても合いますねー。豆腐ようも大好きです。

水曜日は、また別のお友達と、ソイ33のthe BAR ザ.ばーるさんです!
  こちらはなんといってもワインが安いし、ピザがとっても美味しい♪♪
他にも美味しい料理がたくさんで、いっつも食べ過ぎてしまいます012.gif
雰囲気もとってもよくて、スタッフさんも親切で、居心地が良くてついつい長居してしまいます。
ばーるさんから、お蕎麦屋さんが新しくできたらしいので、そちらも気になりますねー!

そして木曜日、最後のバンコクでの晩ご飯は、Kenji"s Labさんで締めくくりです!
こちらのオーナーさんご夫婦には、私たちのお店のオープンの際は色々アドバイスをいただいたり、とってもお世話になりました。
オーナーシェフのけんじさんの作る料理はほんっとにどれも美味しくて、ただのタコぶつでも、ひと味もふた味も違います。
先日お伺いしたときは、カワハギの湯豆腐というのを初めていただいたのですが、お出汁がとってもよく出ていて、最後に雑炊にしてもらっちゃいました012.gif
お店を出る頃には幸せ~な気持ちです♪

バンコクって、ほんと美味しいお店たくさんありますよねーー。食べるのが大好きな私にとっては、幸せの街です♪



最後に、少しserendibのお知らせも・・・。
もうすぐ、バレンタインの季節ですね。去年は2月はアソークで大きなデモがあったせいか、お客様も少なく、バレンタインは特に何もしなかったのですが、今年は少しですがチョコレートのお菓子を出そうかと考えています。
私、オランジェットというチョコ菓子が大好きです。オレンジピールにチョコレートがかかったやつです。
実は、私のパティシエ暦の中で、このお菓子は作ったことがないんです。
でも、好きなので作ってみようということで、とりあえずオレンジピールを作りました。

a0327879_14550629.jpga0327879_14542455.jpg














しっとり柔らかく仕上がって、なかなかの出来です♪チョコをかけて美味しくできれば、店頭に並べようと思います♪
他にも、いくつかトリュフをしようと考えていますが、せっかく紅茶屋さんなので、紅茶風味のチョコもいいなぁ、と思ったり。
ただ、1人での作業になるので、そんなに多くは出来ないと思いますが・・・><どうぞお楽しみに♪


それと、、、先週から、ひっそりとモンブランの販売をしています(笑)
栗の味がしっかりしたクリームと、甘さ控えめの生クリーム、下はメレンゲです。
2月いっぱいは店頭に並ぶかな?と思います。(それより早くなくなるかもしれません。。)
ぜひぜひ、こちらもよろしくお願いします☆





[PR]
by araty2013 | 2015-01-31 16:16 | お店にまつわる色々

バンコクのバス

二日前の金曜日、いつも以上にひどい渋滞が一日中あちこちで見られました。
何か特別な行事でもあったのでしょうか023.gif 
その影響かどうかはわかりませんが、金曜日はお客様が少なく、とっても静かなSerendibでした。。。025.gif

バンコクのいやなところと言えば真っ先に交通渋滞が浮かびますよね。
今日はそんな交通に関する話題、バスについて、セレンディブ姉がお届けしてまいりたいと思います♪

私が最初にバンコクで暮らし始めたのは、今から約15年前。
アサンプション大学に在籍し、当時のキャンパスがあったラムカムヘンまで毎日バスで通っていました。

お仕事の関係などでタイに来られている方は会社からの規制などもあってバスに乗る機会はあまりないかもしれませんが、
私は今でもバスが好きで、時間のあるときはよく利用します。

バスには大きく分けて、エアコンバスとエアコン無しのバスがあります。

バンコクでバスに乗るときの一番の難関は、行き先がわからないという点でしょう(笑)
タイ語を勉強しても、読み書きがすらすらまではなかなかいきませんし、なんとか読めるようになっても動いているバスに書かれたいくつもの停留所の名前をすらすらとは読めません。
さて、どうすればいいでしょうか。

1.○○に行くには●番に乗ればよいという情報を先に得ておく。
 情報源としては、バンコクバスマップなどを携帯しておくのが一番確実な方法ですが、番号の変更などもよくあるそうなので、注意が必要です。
 他には、もし数字に強い人であれば、最寄のバス停とよく行く場所のバス停の両方に停まっているバスの番号を記憶しておく、ですね。

2.とりあえず、乗ってみる003.gif
 これはもう、勘の勝負です。なんとなくこのバス、○○行きそう~、このバスに乗ってる人たちみんな○○行きそう~、みたいな直感ですね。
乗ってからチケットを売る人が来たときに、「パイ ○○ カー」と言います。親切なチケット売りの人だと、「そこへは行かないよ。次で降りて●番に乗り換えなさい」と言ってくれます。でも、だいたいバスのチケット売りの人のタイ語はわかりにくいので、チケットを売ってくれないときは次で降りる、と覚えておきます。

次の難関は 時刻表が無い ということです。

最初はこれにびっくりしました。いつ来るかわからないバスを待ち続けるなんて!!
学生の頃は毎日バス通学でしたから、運がよければちょっと早めについて、運が悪ければ20分以上遅刻することもありました。
タイ人がよく、遅刻の言い訳に「ロッティッ(渋滞)」を使いますが。私も使っていました。。。

なので、難関その1をクリアするべく、●番のバスに乗れば○○に行けるとわかっていても、その●番のバスがいつまで経っても来ないことがあるのです。
そうなると、不思議なもので、暑い中ずっと待ち続けていると「もう何でも良いから乗りたい」という心理になってくるのですね。
●番だと思っていたけど記憶違いで▲番だったんじゃないか?とか、●番も行くけど■番も行くんじゃないの?とか、そういう考えが湧いてきてしまうのです。

というわけで、やっぱり結局 「とりあえず乗ってみよう」 になるわけです。

ただ、こういうときに限って、▲番に乗ってからチケット売りの人に案の定、「このバスは○○には行かないよ。次で降りて●番に乗り換えなさい」と言われて、次のバス停まで▲番に乗っている間に、●番がすごい勢いで▲番の横を通過していく、というような出来事がおきるから不思議ですね。
結果、だめだこりゃ、となってタクシーに乗るというパターンなんですが。そういう時は自分の辛抱の無さがいやになります。


それでもやっぱり時々バスに乗りたくなります。
理由は、なんとなくのんびりできるような気がしますし、女性が一人で乗るにはタクシーより安心な時もありますし、運賃が安いのでちょっとぐらい渋滞していてもイライラしません。あとは、車高がありますので窓から外が良く見えます。普段見ないような風景が見れてなかなか楽しいのです。実際に、バスの窓から見て「こんなところにこんなお店がある!」などの新発見がけっこうありましたし、あとで話のネタになるような面白い光景もバスの窓からよく見えます。

それから、バスの運転手さんの運転の腕に感心することもよくあります。
え!こんな狭いところを??とか、こんな角曲がれる??など、どきどきはらはらのスリルが楽しめますよ。
しかも古いバスになると、なんだかバスの床の穴から古ぼけたホウキの柄のような棒が突き出ていて、それを巧みにカクカクと動かしながらギアを入れているのですから、すごいですよね。

バスがけっこう好きな私ですが、最近ではもう黄色のエアコンバス48番ぐらいしか乗らなくなりました。
これはスクンヴィットからサイアムやチャイナタウンまで行きますし、反対方向ではメガ・バンナーのほうまで行くときにも利用します。

ということで、私からのバス情報は以上です012.gif


最後に、Serendibから大事なお知らせがあります!!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
定休日のお知らせです。

これまで、定休日なしに営業してきたSerendibですが、このたび《姉》が不在になります
ので、人手不足に伴い、毎週日曜日を定休日にさせていただくことになりました。
週末しか来れないお客様もいらっしゃいますので、何とか調整を試みたのですが、
《妹》ひとりでは負担が大き過ぎますので、ひとまず日曜定休にさせていただいて、
また調整がつき次第、日曜日も営業していけたらいいなと思っています。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~





[PR]
by araty2013 | 2015-01-25 20:20 | タイ生活

好きなお菓子

  こんにちは。
昨日、今日と少し暑い日が続いていますね。
そろそろ乾季も終わりに近づいているのでしょうか?
 暑いこと自体は嫌いではないので良いのですが、湿気が多くなると色々なものが腐りやすくなるし、カビが発生したり(かばんや靴まで!)、エアコン付ける率が高くなって電気代があがったり、、、
困ることが多いです。
そして何より!!serendib姉妹にとって、いっちばん困るのは、G様が出てくることですねーー。。
文字にするのもイヤなくらい、私たち姉妹はアレがだいっ嫌いです。
嫌いというより、むしろ恐怖です。
特に襲われた経験もないのですが、どうやっても克服できません。
バンコクにいると、目にする頻度は一気に増えるのに、慣れないものですね。。。
もちろん、お店は駆除を徹底しているので、皆様安心してくださいね006.gif(その反動か、たまに私たちの住居の3階にでてきてますが。。(つД`)

好きなお菓子の話を書くつもりが、嫌な書き出しになってしまいました。。。><(自分が書いてるのですが)

ところで、serendib妹は、ケーキを作るのも好きなのですが、食べるのも大好きです。(ケーキに限らず、なんでも)
それでも、たまに無性に食べたくなったり、心にビビっとくるほどのものはそんなに数多くありません。
今日は、その数少ないビビビ商品を、いくつか紹介してみようかと思います。

まずは、モンブラン。
モンブランは、実はそんなに好きなほうのケーキではないのですが、大阪にあるアルションというお店のモンブランが最高に美味しいんです。
下はカリカリメレンゲ、ミルキーな生クリームがたっぷり、そして、濃厚な栗のペースト!
大阪に行くと、アルションのモンブラン食べよ!って毎回思います。
でも、秋から冬にかけての限定商品なので、いつでも食べれるわけではないんですけどねーー。


専門学校時代からいってた思い出のお店でもあり、大好きなお店です012.gif


お次は、1年ほど前に出会ったもの。
東京にある、ロワールというお店のブランデーケーキ!
こちらはお友達のお土産にいただいたもので、食べたとき、
「わ!おいしー!」と叫んでしまうほど、好きな味でした。
頂いたときは、冷蔵庫に入れず常温のもの。
ふわっふわのバターケーキ生地に、ブランデーがしっかりと染み込んで、口にいれるとお酒の香りとケーキの甘さがふわっと広がります。
ほんとに幸せ~~になるお味のケーキでした。(冷蔵庫にいれると、ふわふわが、しっとりになるらしく、それはそれで美味しいらしいです。)
このケーキをいただいたあと、何度か同じようなものを作ってみようと試行錯誤したのですが、うまくいかず。。。(笑)あきらめてしまいました。
まだ一度しか食べたことのない、幻のケーキ(大げさ?)
お取り寄せもできるそうなので、次回日本に帰ったときは絶対買おう!と思っています♪


最後に、私たちの地元、和歌山のグリーンソフトを紹介したいと思います。

和歌山には、玉林園という会社からでている、グリーンソフトというものが売られています。
これは大きくなって地元を離れてから知ったことですが、どうやら、和歌山限定。。。?ご当地物?
こんなに美味しいのに!!
a0327879_14421078.jpg
(画像は、和歌山県情報館のホームページより拝借いたしました)


これは、抹茶のような、緑茶のような味のソフトクリームで、それにコーンのフタがついています。ソフトクリームといっても、そんなにクリーミーではなく、あっさりしていてシャーベットのような感じです。
濃厚な抹茶アイスが好きな人には受けないかもしれませんが、
【昔ながらのアイスクリン】などが好きな人にはツボにはまるのではないかと思います。
和歌山ではコンビニでも買えるのですが、実はこれ、和歌山にポツポツとあるグリーンコーナーという店舗では、出来立てほやほやのソフトクリームがいただけるんです♪
コンビになどで買うと、どちらかといえばシャリっとした食感なのですが、出来立ては、ちょっとふんわりしています。
それでもフタのコーンはつけてもらえるので、コーンですくったりしながら食べたりもできます。
これは好みが分かれるところで、グリーンコーナーで出来立てが食べれる状況にも関わらず、持ち帰りようのシャリっとしたほうを買う人もいます。ちなみに、私はその日の気分で食べてます(笑)
意外と、全国に広がっていない美味しいものってありますよね。


以上が、私の大好きなお菓子でした。
みなさんも、きっとそれぞれそんな1品があるのでしょうね。

ちなみにバンコクでは、ターミナル21のフードコートで買える、カオニャオマムアンが好きです。
お米の炊き具合や、ココナツミルクの加減、マンゴーの熟し加減が絶妙!

せっかくなので、バンコクで食べれる美味しいお菓子も、もっともっと探していきたいと思います!
そんな情報、どんどんお待ちしております003.gif

そして私もいつか、ロワールのブランデーケーキのような人を感動させれるケーキを作れるようになりたいなぁ、と思います。

ちなみに、serendibに近々モンブランが登場します。ほんとは9月ごろから出す予定が、なぜか今頃に。。。
モンブラン好きな方、ぜひぜひ、お試しくださいね012.gif(来週から販売予定です) 





[PR]
by araty2013 | 2015-01-23 15:33 | お菓子のおはなし

幻の。。。

まだセレンディブが開店したばかりの頃、客席の間をスッと歩いて回るねねさんの姿がよく目撃されていました。
もともと怖がりな猫なので、人にはほとんど近づいていかないのですが、一応パトロールのような感じで一通り歩いてから上に戻る、というようなことをしていました。

猫好きなお客様からは「今日はねねちゃんいないんですか?」なんてお声をかけていただくこともありました。

しかし、時間が経って飽きてしまったのか、それともお客様が増えて臆病になったのか、もしくは猫嫌いのお客様もいらっしゃるからと自粛しているのか(笑)最近ではめったに姿を現さなくなりました。

ねねがセレンディブの看板猫と言われていたのも昔の話、今では猫がいることも知らない方のほうが多く、まぼろしの看板猫となってしましました。

a0327879_13575173.jpg
開店直後と閉店間際の誰も居ないときを見計らってパトロールしています。


そんなねねさんを、どんなものか一度ぐらい見てみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、耳寄りな情報があります!
Serendibの上の階は姉妹の自宅となっているのですが、週に2回、月曜と金曜の12時から14時の間にお掃除の人が来てくれています。
するとねねちゃんの大嫌いな掃除機が登場しますので、落ち着いてお昼寝なんかできたものじゃない。
でも下に行くのも怖い。。。
それで、2階の客席とその上の自宅の間の階段の真ん中辺りにひっそりと身を潜めて掃除機が終わるのを待っているのです。(逃げるのに間に合えばもっと他の安全な場所に隠れてることもあります)

ま、たったそれだけのことなんですけれども、親ばかってやつですね012.gif


さて、親ばかの話はこれぐらいにして、もうひとつ年明けすぐに書こうと思いながら書いていない話がありました。
これまた幻の(?)たけのこの話なのです。

そんなおおげさなものでもないですけれども、お正月休みでスタッフのイーさんが田舎(ヤーソートン)に帰省していたのですが、そちらでは今の時期、山の中でタケノコが採れるそうなんです。
それはこの時期にしかない、細くて柔らかい、日本だと姫竹というのでしょうか、そんなタケノコです。
これはスーパーなどで水煮のものをよく目にしますが、フレッシュなものはなかなか市場には出回らないのだそうで、バンコクではめったに食べることができないものだと思います。

a0327879_13571375.jpg
こんなにたくさーん♪


タケノコ大好きな姉妹は大喜びで、どうやって料理しようかと考えましたが、やっぱりシンプルに焼きタケノコがいいだろうということになって。。。
皮付きのままでオーブントースターに入れて、皮が焦げて黒くなるまで焼きます。
あつあつのたけのこの焦げた皮をめくると、中から白くてやわらかいほかほかのタケノコが顔を出します。
これにシンプルにしょうゆをかけて、かつおぶしもあればもっといいな。。。 

そうやってウキウキしながらかぶりついたのですが、
残念なことにタイのタケノコに日本の調理法は合わなかったのです。
新鮮なたけのこはえぐみがおいしいんだよね~♪ なんて強がりも言ってられないぐらい、口のなかが痺れるようなえぐみ。

うーん。。。まだたくさんあるし、こんな貴重なタケノコ、食べれませんでしたではもったいない。
そこでやっぱりタイの食材にはタイの調理法だ!ということで、ラーメンのメンマぐらいのサイズに割いたタケノコを塩水でしっかりと茹でてえぐみを抜き、スーパーで見つけた干し海老入りのナムプリックで和えてみました。

すると。。。 おいしー!!


本当にとってもおいしかったです。
タイ人スタッフにも味見してもらいましたがアロイアロイと大好評でした☆

やっぱりタイで採れた食材はタイの調理法が一番ですね。

来年もまた採ってきてくれるかなー011.gif011.gif



[PR]
by araty2013 | 2015-01-21 16:36

新メンバー紹介☆

日曜日から私たち姉妹の父、セレンディブ父さんが来タイしていて、昨日日本に帰って行きました。
はじめてのタイだったのですが、気候もちょうど良かったので気に入ってくれて、「今年中にまた来るわ」と言い残して帰っていきました006.gif

さて、タイトルの新メンバーというのはセレンディブ父さんのことではなくて(笑)
以前メンバー紹介をしたときに、(以前のメンバー紹介はコチラ
イーさん以外にあと二人ぐらいスタッフが欲しいと思いながらなかなか見つからないと書いたのですが、そのすぐ後ぐらいに来てくれた方がとても頑張ってくれていて、このまま長くここで働いてくれたら良いなーと思っています。

そんな新メンバーのタックさんは、セレンディブ姉と同じ年齢なんですが、イーさんがタックさんのことを「ピー」ではなく「パー」、つまり「おばちゃん」と呼んでいることに敏感に反応してしまいます015.gif
「パーじゃなくてピーでしょ」と私が注意しているのですが。。。 でも、そのへんタイの人はおおらかというか、言われた本人はあんまり気にしている様子はなさそうです。

さて、やっとスタッフが一人増えて安定してきたセレンディブですが、
ここで重大なお知らせが。。。

新しいメンバーが来たと思ったら、今月末で去るメンバーがいます。。。

040.gif

なんと、セレンディブ姉は今月末からタイを離れ、トルコへと旅立つことになりました056.gif

といっても、もう行ったきり帰ってこなくなるわけではなく、また帰ってくるのですけれども、ひとまず正式にタイからトルコへと移籍することになりました。

セレンディブ姉がフランスからタイへ渡ってきたのが2012年の11月で、それからの2年とちょっとのあいだタイとトルコで離れていた婚約者と、このたび正式に結婚することになりまして、そういうわけでトルコへ渡ることになりました。

まだブログをはじめたばかりなのに突然の移籍宣言ですが、せっかくですからトルコでの生活もブログにちょこちょこアップしていけたらなと思っていますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。



[PR]
by araty2013 | 2015-01-17 15:13 | あいさつ

maikoプロジェクトのお話

1年ほど前からお店で販売している風呂敷やコースターがあるのですが、そちらについて今日は書いてみたいと思います。

この風呂敷やコースターは私たちが仕入れているものではなく、【maikoプロジェクト】という、serendib妹の友達が立ち上げたプロジェクトで作られたものを、委託販売しているものです。

その友達というのは、私、妹の10年来の友達であり、また、尊敬する人物でもあります。
私よりも3歳ほど年下の女性なのですが、出会ったのは彼女が20歳のころ。
その時はまだシアトルの大学に通っていた彼女ですが、将来は、好きなヨガをしながら、貧しい人たち、困ってる人たちの役に立てる仕事がしたいと言っていました。
それからずっと彼女の信念はぶれることなく、ヨガとボランティア活動を続けていましたが、ついに数年前、ベトナムのHIV・AIDS犠牲者達の自立支援として風呂敷プロジェクトというものを立ち上げました。
いらなくなった服やハギレ、使わなくなった生地などを集め、それを針と糸で丁寧に縫い上げられたものが、serendibでも販売している風呂敷やコースターです。

a0327879_16554194.jpg
風呂敷という名前で販売していますが、使い道はサイズによって様々!
テーブルクロスや、ソファにかけたり、ワインを包んだり、ベッドカバーにしたり。
a0327879_16551195.jpg
今回は私のリクエストで、ブックカバーも。大きなサイズは洋書サイズです。

a0327879_16542809.jpg
ボート型コースター。

最初は風呂敷だけを作っていたのですが、今ではコースターやエプロン、ベトナム刺繍のランチョンマット、かばんなども作っていて、ベトナムはもちろん、フランスや日本、ドイツでも販売しているそうです。

その活動の傍ら、行き着く国々でヨガを教え、それで得た収入で仏教やチベット密教の勉強を続け、さらにそれをヨガに取り入れて彼女独自のヨガレッスンを行っています。たまには呼ばれて、中学校や高校で講義をしたりもしています。

そんな活動的な彼女と、のんびりするのが大好きな私は間逆の性格なのですが、彼女はたまにバンコクの私の家を訪ね、お互いの近況を報告しあって、そしてまた旅立っていきます。
彼女にとっては息抜き、私にとっては、ちょっと気の引き締まる、ちょうどよい刺激です。(自分が恥ずかしくなる数日でもあります039.gif
いつか、そんな彼女と、serendibでヨガのワークショップを出来たら言いなぁと話しています。その際は、ぜひ、みなさん参加して下さいね☆

maikoプロジェクトの詳細は、こちででもご覧いただけます♪
http://lifeinhcm.blogspot.com/


















[PR]
by araty2013 | 2015-01-10 17:55 | お店にまつわる色々

スリランカのカレー

またスリランカの続きです。

何年も前の話ですが、日本のテレビ番組でスリランカ人が「カレーはインドのものと思われているが、実はカレー発祥の地はスリランカなんです!」と言い張って、インド人とスリランカ人で言い争うという内容だったのですが(なんじゃそりゃ。。。)
その時以来、私にとってはスリランカってカレーばっかり食べてる国というイメージでした。そして、インドカレーと似たようなカレーを想像していました。

実際には。。。
毎日カレーばかり食べているのは本当でした!
でも、インドカレーとは。。。 あんまり似ていません!

スリランカでご飯を食べるとなると、まずライス&カリーが基本。
メインのカレーを肉か魚かベジカレーの中から選べる場合が多いです。
でも実際にはメインのカレーはおたまに一杯程度、それ以外の副菜がさらに5種類くらいついてくるんです!
a0327879_20465688.jpg
どどーんっ とこんな感じです。
副菜にはサンボルと呼ばれる和え物がほとんどなんですが、おくらサンボルや、ココナツサンボル、ゴトゥコラという青野菜のサンボル、などなどがオーソドックスです。

そして、写真でおわかりいただけるでしょうか。このご飯の量!
スリランカのライス&カリーはとにかく量が多いっ!
タイだと小さなお茶碗に入れたご飯をお皿にパカッとおわんの形で盛り付けてあったりしますが、スリランカの場合これはあきらかにお茶碗ではなく、どんぶりですね。
ただ、このご飯は写真ではわかりにくいかもしれませんが、炊いてあるのではなく、茹でてあるのです。
なのでぱらぱらとしていて、あっさりと、けっこう量が多くても食べられます。
それでもこれをお昼に完食すると、夜になってもなかなかお腹が減りません。

a0327879_20552177.jpg
また、このようにメインのカレーが別のお皿に入って出される場合もあります。
Serendibでもこのスタイルで出しています。

外国人向けのようなお店でも、まぁまぁ気合の入った辛さにしてあるところも、辛い物好きのわたしにはうれしいです。

量も、もしかしたら外国人向けに減らして(?)あるのかもしれません。
というのは、以前姉妹揃ってスリランカに行ったときの話。

お茶の工場などを見学するために、長距離の移動がけっこう多かったのですが、その際に長い山道がつづいて、観光客向けのレストランなども無い道をひたすら走っているうちにお腹がすきました。
そこでドライバーさんがローカルなお店だけど外国人でも入れそうな少し小ぎれいなお店を選んでくれたのですが、そこでカレーを注文したところ。。。

とんでもない量が運ばれてきました。

写真がないのが残念ですが、ちょっとした「おひつ」ぐらいの量でしたよ。つまり、4.5人前というところでしょうか。

お店のお兄さんに、これ一人前なの?って聞くと、
そうだねー、ボクなら一人でこれぐらい食べれるよ。
と言っていました。

そうやってもりもり食べて、スリランカの大人の女性はみんな立派な体格になっていくんですが、サリーを着たときにはみ出るお腹のお肉が美しさの条件なのだそうですよ♪

それにしても、若い人たちや、男性は年配の方でも痩せている方がとても多いのですが、なぜなのでしょうね?

大食いはよくなさそうですが、それでもスリランカ料理はハーブやスパイスたっぷりで味付けしてあり、野菜もたっぷりで、化学調味料などを使わない自然な調理法のものがほとんどですし、体にとても良さそうです。

Serendibのスリランカ風カレーも、本場の製法を真似てスパイスの調合から全てお店で手作りしていますよ。
でも、ボリュームは本場級ではありませんので、ご安心下さいね♪笑



[PR]
by araty2013 | 2015-01-09 18:12 | スリランカ

スリランカのお話

a0327879_14250785.jpg
Serendibってどういう意味ですか?
と、よくお客様に聞かれることがありますが、
古いペルシャ寓話の中に、「セレンディブと3人の王子」というのがあって、
現在のスリランカにあたる、セレンディブ島という島に住む3人の王子の冒険物語だそうです。
この3人の王子が旅の中で素晴らしいもの、驚くべきものに次々と出会うのですが、このお話がもとになって、「予期せず素晴らしいものに出会う才能」という意味の
’’Serendipity’’ という英単語がまれたそうです。


冒頭の写真は、まだスリランカがセイロンと呼ばれていた、1972年以前に作られた、セイロン茶の宣伝、航空会社のスリランカ航路の宣伝などのポスターの復刻版です。
これは、Barefootという、スリランカオリジナルの手織り、手染めのテキスタイルブランドのブティックに併設されたカフェの壁に飾られていました。

a0327879_14501935.jpg
開放的な中庭のある平屋建ての一軒家みたいなカフェです。
この時期は気候もちょうど涼しくて、カフェのテラスでのんびりすごすには最適です♪

まだ午前10時でしたので、朝のお茶をいただきました。

a0327879_16184223.jpg
温かい紅茶を注文すると、Mackwoodsのお茶が出てきました~☆
Mackwoodsはイギリス人が19世紀半ばにスリランカで創業した紅茶会社で、
今でも栽培から製造、販売まで一貫して手がける伝統ある会社です。
ただ、ほとんどがイギリス、ヨーロッパ向けに輸出されているのでスリランカ国内ではあまり消費されていません。ちょっとした高級品にあたると思いますが、さすがにおいしかったです♪

a0327879_14533571.jpg
カフェとブティックをつなぐ廊下の横のほうで、はたおりの実演をしていたので写真を撮らせてもらいました。
こちらBarefootでは、スリランカならではな手染め、手織りの布製品のほかに、いろいろなかわいいスリランカ雑貨も販売されていて、見ているとあれもこれも欲しくなります!

ここで見つけた雑貨も少しだけですが、Serendibの雑貨コーナーに仲間入りしてますよ♪




[PR]
by araty2013 | 2015-01-06 16:43 | スリランカ

あけましておめでとうございます!

もう三が日は過ぎてしまいましたが、改めまして、
あけましておめでとうございます!!!
本年もどうぞ、よろしくお願い致します。
a0327879_18125666.jpg

Serendibは明日より営業を開始します。

今回スリランカから仕入れて来たお茶には、新しいフレーバーも加わり、
そしてスリランカならではなかわいらしい雑貨もみつかりましたので、そちらの販売も始めて生きたいと思います!
みなさまのご来店を心待ちにしております016.gif

写真はスリランカの町の風景を撮った一枚です。
ただ、この時に歩き疲れた中で車の排気ガスなどで空気も悪く、その後のひどい風邪の原因になったのではないかと思われます。。。

大晦日にバンコクに戻りましたが、布団の中でうなされながらの年越しとなりました(笑)
でもすっかり元気になりましたので、またスリランカの旅行のお話もブログで徐々にご紹介していきます!



[PR]
by araty2013 | 2015-01-04 18:24 | あいさつ


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧