<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カッパドキアで過ごす週末

おひさしぶりです♪ @トルコです。
今回はカッパドキアへの週末小旅行の巻です。

私の住んでいるカイセリと言う町は、ユネスコ世界遺産にも登録されている、かの有名なカッパドキアに行くには必ず通らなければいけない最寄空港がある町なのです。

なので、私も初めてのトルコ旅行の時に、イスタンブールからカッパドキアに行くためにここを通過していたんですよね。空港からバスターミナルまでなので、町はどんなだか知らないままでしたが。
まだ主人と出会う前のことですから、その時はいつか自分がこの町に住むことになるなんて。。。想像していなかったですね~043.gif

そんな近場の世界遺産カッパドキアへ、週末の小旅行にでかけたわけですが、
実はわたくしはものすごーい雨女でして。。。057.gif
ここ最近は春らしい暖かい天気が続いていたのに、なぜか私たちが出発してから空模様があやしくなり。。。

すっかり春気分で七部袖のシャツにちょっと厚めのカーディガンしか持ってなかったのに、小雨が降って気温もかなり低かったです。

a0327879_20511407.jpg
ウルギュップの町の中央にある大きな岩

カッパドキアは地方の名前で、その中にはいくつかの村があります。
観光地として有名なのは、ギョレメ、ウルギュップ、ウチヒサルの三つです。
今回はこの中でも一番カイセリに近いウルギュップに泊まることになりました。
土曜日は半日カイセリで用事があったので午後に出発し、着いたのは夕方だったのですが、雨と寒さで体の芯まで冷えました。。。
とりあえずホテルの部屋へ。

a0327879_20505577.jpg











ホテルの中庭ですが、あいにくの雨。。。


カッパドキアには岩をくりぬいて作ったケイヴホテルが有名で、ここへ来たからにはやっぱりこのスタイルのホテルへ泊まらなければ♪
しかし、↑の中庭の写真を撮って、肝心の室内の写真を撮り忘れました。。。
ので、以下はホテルのインターネットのページからコピーしました。

a0327879_22373674.jpg












なんか昔の外国の絵本に出てきそうな雰囲気が素敵です~☆


a0327879_22375288.jpg











洞窟ホテルといっても、設備はけっこう整っています。



ホテルで一休みした後は少しぶらぶら町歩きをしてから夕食を食べに行きました。

店の中央に暖炉があって暖かい店内にホッとして、食事をしていると伝統音楽のライブもはじまって、なかなか素敵な夜でした。
が、残念なことに良い写真が一枚も撮れていませんでした。。。

さて、気を取り直してあくる日、日曜日ー。。。
a0327879_20521764.jpg

やっぱり朝からあいにくの雨。

でも、せっかく来たんだから!
あの、小高い丘の上のヴューポイントを目指します。

a0327879_20524204.jpg
といっても、ちょっと急な階段と坂道を少し登ればすぐ着きました。

でも。。寒い!!
a0327879_20525693.jpg
寒くてたまらなかったので、とりあえず暖まろうということで、丘の上にぽつんと一軒だけあったお茶屋さんへ。
外から見ると物置小屋みたいな小さい石造りの小屋でしたが、中へ入ってみると。。。

a0327879_20535721.jpg
a0327879_20542664.jpg

なかなか素敵な空間でした。
こういうごちゃっとしたインテリアが好きなんですけど、古い写真とか、本とか、時間をかけて集まったもので作るからこそ素敵なんですよね。。。それぞれの物に思い出がいっぱいつまってて。
私は引越しばかりしているので、そのたびに物が減って、形のある思い出があまり残ってないです。
写真は全部パソコンの中だし、手紙もメールがほとんどで。。。
本も電子書籍にとても惹かれてるんですが、お気に入りの本ぐらいは本棚に飾りたいですね。

すてきな空間でゆっくりくつろげて、体も温まりました。

そして外へ出てみると。。。
a0327879_20560673.jpg
晴れていましたー016.gif
a0327879_20551915.jpg
ウルギュップの村が一望できます。

ここからは、ウルギュップ在住の主人の知り合いが車で名所案内をしてくれて、ばっちり写真も摂れました♪

a0327879_20565332.jpg
a0327879_20572556.jpg

このあたりは世界遺産指定の区域です。
 
↓鳩の谷まで徒歩4000mとかいてありますが、もうすでにここが鳩の谷では?
a0327879_20594819.jpg
a0327879_21003837.jpg
a0327879_21010106.jpg
↑トルコのお守り、ナザール・ボンジュウがたくさんつけられた木。
Serendibの店内にも実はひっそりとナザール・ボンジュウがつけられているんですよ。
わかりにくいところにですが、開店当初からあります。さて、どこでしょう?!037.gif


a0327879_21014744.jpg

ラクダって、けっこう大きい動物ですよね。。。 

a0327879_21013374.jpg













この光景、何かで見たことあるような気がしませんか?
実はこの、カッパドキアの風景は、風の谷のナウシカに出てくる風の谷のモデルになった土地ではないかと言われています。
あくまで噂ですが。。。 でも、ほんとにそんな雰囲気があります!

地球上にこんな景色があったなんて!と思ってしまう、なんともいえない不思議な風景です。
それに、ずーっと広がる空と地平線を見ていたら、地球って広いんだなーと感じますよね。
タイでも同じですけど、ちょっとバンコクを離れると何にもない土地が広がって、地平線が見渡せて。。。
日本ってほんとうに人口過密なんだなと感じますね。


さて、きれいな景色を見た後は、腹ごしらえ。
a0327879_21193030.jpg
ヨーグルトつきケバブというのを注文しました。
ケバブの肉汁をたっぷり吸ったパンの上にヨーグルトとグリルしたお肉や野菜が乗っています。

トルコではこのように、お肉の下にパンがしかれてあることが多いです。
そして食事には必ず大量のパンが付け合せに。
とにかく パン パン パン なのです。
この写真の料理はいわば、丼みたいなかんじでしょうかね。ご飯の上にタレをかけて、焼いたお肉がのっているという。
おなかいっぱいになって、この後は少しショッピングを楽しんでから帰りました。

やはり私も外国人ですから、トルコ人のあいだの最新流行のものよりも、外国人向けに売られている昔ながらなデザインの物のほうがかわいいと思ってしまうんです。
そういうものはやっぱり観光地じゃないと出会えないですね!

今回はこんなクッションカバーを見つけました↓

a0327879_07371862.jpg
  手縫い刺繍のアンティーク布(おそらくベッドカバー)をリメイクしたクッションカバー。
かなり気に入りました。
もっと集めたい!!

またみつかれば、バンコクにもぜひ持って行きたいと思います!


さて、バンコクはそろそろ暑くなってくる頃ですね。
セレンディブでは今年も好評だったカボチャのタルトとモンブランはシーズン終了ということで、今月からは暑い季節向けのデザートとして、メロン杏仁豆腐や洋ナシのタルトなどが戻ってきています!
そしてもうすぐマンゴーのシーズンですので、マンゴーを使ったお菓子も近々登場する予定ですよ☆
是非、お見逃しなく~♪


[PR]
by araty2013 | 2015-03-17 07:47 | 旅行

イベントの詳細です。

 今週の6日(金)、7日(土)の2日間で、タイシルクとカジュアル着物のcocontさんのイベントがserendibの2階で行われます♪

日本の文化の着物とタイの文化のタイシルクが出会うと、どんなものができるのでしょうか?
とても楽しみですね053.gif

カジュアル着物ということなので、(着物は敷居が高くて、ちょっと。。。)と思っている方でも、
ぜひぜひお気軽に見に来てくださいね018.gif

serendibからは、今回は和の食材を使ったクッキーと、抹茶のシュークリーム、今回のイベントでも販売予定のオーガニックカシューナッツを使ったお菓子をいくつか販売する予定です。

まず、クッキーですが、人気のスノーボールの、抹茶味と、黒糖きなこ味です。
a0327879_23064003.jpg
抹茶は、日本産の抹茶をたくさん使った、苦味のしっかりきいた味に仕上がっています。
a0327879_23033742.jpg
黒糖きなこは、きなこの香ばしい香りとコクのある黒糖の甘みが懐かしい、そんな味です。

もう一つ、和っぽいお菓子、ということで、
こちらも定番の人気の商品,roche de noixに、ゴマとショウガを加えたものです。ショウガ入りのメレンゲ生地に、
砕いたアーモンドと炒りゴマがたっぷりと入ったクッキーで、個人的にとても好きなお菓子です。
a0327879_23131557.jpg

そして、抹茶のシュークリームです。
a0327879_23011233.jpg
今回は、上に抹茶のクッキーを乗せて焼いた、クッキーシューです。
抹茶の苦味と、生クリームの甘さが絶妙です。抹茶好きの方、シュークリーム好きの方はぜひ、お試しください☆

カシューナッツを使ったお菓子は、カシューナッツがたっぷりと入ったクッキーと、もうひとつは、甘くないおつまみナッツです。
こちらはスパイシーな味付けですので、ちょっと小腹が空いた時や、お酒のおつまみにも最適です♪
a0327879_23002568.jpg
実はカシューナッツは、ナッツの中で一番脂肪分が少ないそうで、植物性たんぱく質や鉄、亜鉛なども含まれていて、女性の方や成長期のお子様のおやつにも良いのだそうです。 今回オーガニックファームから届いたカシューナッツ、とっても大きな粒で、立派なナッツでした!きっと良い場所で育ったのでしょうね^^                                           

いつもイベントの前日になるとバタバタ慌ててしまう私ですが、今回も何かやり忘れたことがあるんじゃないかと心配ですが、、、039.gif

今回はタイ人の方からの出展もあるので、そちらもぜひぜひ、手にとって見てみてくださいね☆                 
オーガニックの石鹸などもあるそうなので、石鹸好きの私としてはとても楽しみです♪♪                       
皆さんも、ぜひお楽しみに~~~029.gif029.gif029.gif
 
cocontさんの詳細はコチラから!                





[PR]
by araty2013 | 2015-03-04 23:20 | お店にまつわる色々

トルコのお茶

a0327879_21510873.jpg
とっても寒かった週末のあとから急に暖かくなったトルコから、今日はトルコのお茶についてのブログです。

さて、あんなに雪が積もっていたのがうそのように暖かい一週間でした。
午後は太陽が出て、長袖シャツにカーディガンだけで外を歩けるぐらいでした。
a0327879_21530637.jpg
といっても彼方の山には真っ白い雪が残っていますが。。。

偶然ですが、このカイセリという町は、私が
フランスで住んでいたグルノーブルという町となんとなく似ています。
この都会でもなく、田舎でもない感じ。
そして何といっても、この山に囲まれた風景。
グルノーブルはアルプスの玄関口と言われるシャモニまで車で1時間ほどでいけました。
カイセリはこの写真にも写っている、トルコで4番目に高い山、エルジェス山(3916M)が見渡せます。



。。。話がそれてしまいました。
今日は、たまには本業(?)の紅茶のおはなしなんです。

Serendibはセイロンティーを専門に取り扱っていますが、セイロンと聞いてスリランカと結びつく人は、若い人だと紅茶好きの人くらいではないでしょうか。
スリランカはイギリスの植民地となって紅茶の栽培が盛んに行われ、今でも世界有数の紅茶の産地ですが、そのほとんどは輸出されて海外で消費されています。

そしてトルコですが、実は秘かに紅茶の生産量は世界でも5番目くらいなのだそうです(データによってあいまいです。。。)
でもトルコ産の紅茶があまり知られていないのは、セイロンティーとは逆にトルコ産の紅茶はほとんどがトルコ国内で消費されているからなんです。

というわけで、前回の記事でもふれましたが、トルコでは毎日毎日、どんだけ飲むねんっ!ってくらい紅茶を飲みます。
どこに行っても紅茶が出てきます。

昨日は夫の実家で親戚の集まりがあって、みんながそれぞれ作ってきたお茶菓子や軽食が並んだのですが、もちろん飲み物はお茶。
何杯もおかわりします。
食事が終わり片づけがすんで。。。
そのあと改めてまたお茶が出てきたのでびっくりしました。


a0327879_23154435.jpg
そういう私もブログを書きながら既に3杯は飲んでいますが。。。

トルコの紅茶は çay と書いてチャイと読みます。
基本は、上の写真のような形の透明のグラスに入って出されます。
チャイダンルックと言う、二階建てのティーポットみたいなので淹れるのですが、上のほうに濃い目に出した紅茶、下の段にお湯が入っていて、そのまま火にかけることができるヤカンみたいな感じです。
そして、濃い紅茶を注いで、それをお湯で好みの濃さに薄めて飲む仕組みです。

ミルクは入れません。
また、夏でも熱い紅茶を飲みます。
そして、お砂糖をたっぷり入れて甘くして飲みます。
このサイズのグラスに角砂糖2つが標準ですが、多い人は4つくらい入れます。

ちなみに私は2つ入れて飲みます。
3杯のお茶を飲むと、角砂糖6個か~(苦笑)
もともと紅茶やコーヒーにお砂糖は入れるほうなんですが、Serendibをオープンして、日本人のお客様がほとんどお砂糖を使わないのに最初は驚きました。
友達から、「日本人で飲み物に砂糖入れる人初めて会ったわ」と驚かれたりもしました。(笑)
これって、関東と関西の違いとかもあるんでしょうかねぇ?私は関西出身ですが、まわりにはお砂糖入れる人が多かったような気がします。
タイに住み始めたばかりの頃は、甘すぎる飲み物が怖くて恐る恐る買って飲んでいましたが、そのうち慣れてきて、「飲めなくもないかな」というレベルになりました。
このように日本人からするとタイ人は激甘が好きなように感じますが、実はタイ人は甘いものが苦手なんだそうです。いまだにその意味がわからないのですが(笑)
お店にケーキを買いに来てくれるタイ人のお客さんも「甘くないのはどれ?」と必ず聞いてきます。それから、タイ人のお客様にはスコーンが人気で、理由は甘くないからだそうです。
確かにそう言えば、タイのお菓子って甘くないかも。。。
飲み物や料理は甘いのが多いのに、お菓子は甘くないんですよね。

日本人は飲み物は甘くしないけれど、煮物とか佃煮、すき焼き等々、お料理にお砂糖を使うことがけっこう多いですよね。和菓子も甘いし、果物も熟して甘い物が好まれますよね。

結局、それぞれ別のカテゴリーで甘みを摂っているだけなのかもしれませんね。
。。。それでもお砂糖が豊富なタイのほうが全体的に甘いような気がしますが。

最後にトルコですが、前にご紹介したように 蜜でべっとり~な激甘お菓子や、お砂糖たっぷりな紅茶で甘党のイメージですが、お料理にお砂糖は絶対といってよいくらい入りません。
私はタイ生活で料理にちょっと甘めの味付けがクセになってしまったんですが、たまに料理にお砂糖を入れるとすぐバレます(笑)
あれ、なんかこの料理甘くない?と言われるのですかさず、
あ、よく煮込んだから野菜の甘みが出たのかなぁ?と、とぼけておきますw
でも本当に、トルコの野菜は甘みがあっておいしいんです。
肥沃な土壌で育っているから、味も香りも強くて煮込んだ野菜料理は最高です!
今はまだなんちゃってトルコ料理しか作れませんが、たくさん覚えて、またブログでも紹介していけたらと思います043.gif

a0327879_23555473.jpg
ちなみに、この紅茶が乗っているテーブルは先週から作り始めて完成した日曜大工の作品第一号です^^

[PR]
by araty2013 | 2015-03-02 23:59


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧