<   2018年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

朝の定番

日本人で私くらいの世代(アラフォー世代)だと、はじめてフライドポテトを食べた経験がファーストフード店と言う人がほとんどじゃないでしょうか。
もちろん私もそうなんですが。
日本ではポテトで通じますが、タイではフレンチフライと呼ばれているというのも、ところ変わればと言う感じでおもしろいですね。(発音はフェンファーイみたいな感じで、最初なんて言ってるのかよくわかりませんでしたがw)
とにかく私にとっては長年、フライドポテトと言えばハンバーガーの付け合せという感じでした。
そのうちファミレスのメニューや、居酒屋のおつまみでも見かけるようになりましたが。


さて、ここトルコでは。。。
じつはフライドポテトは朝食の定番なんです!
初めて朝食におよばれした時に、朝からポテトを揚げていたので、この家では朝から揚げ物を食べるんだ、珍しいなー。。。
と思っていたのですが、人を招いてのちょっと豪華な朝食の時にはよく出されるものだと後から知りました。

a0327879_04041915.jpg
 


トルコのフライドポテトの特徴といえば、揚げてから塩をふるのではなく、揚げる前の生の状態でまずお芋を塩もみします。
しばらくするとジャガイモから水分が出てくるので、水けをよくきってから揚げます。

出来上がったポテトは塩味がついていてそのままでも美味しいですが、ケチャップとマヨネーズをつけるのが人気です。
年配の人はそのまま食べることが多いような気がしますが。

週末の朝食にはよくこれを作るのですが、夫から毎回、「カリッと揚げてね」という注文が来ます。
それでいつも頑張ってカリッと揚げれるように工夫するんですが、なかなかむずかしいもんなんですよね。
シンプルなだけに、コツがいるのでしょうか。


私なりにたどりついたカリッと揚げる方法は、はじめは中火でじっくり揚げて、最後に強火にすること。
でも一番のポイントは油です。今回オリーブオイルで揚げてみたらカラッと仕上がって油切れも良かったように思います。

いろいろ試行錯誤のうえに、この週末はけっこうカリッと美味しく揚がったので写真を撮ってブログに書いてみました110.png


塩味がしみ込んだトルコ風フライドポテト、けっこう美味しいのでおすすめです!
ご家庭でポテトを揚げる機会があれば、ぜひお試しください♪




ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-29 16:11 | トルコの食

手作りプレゼント

昨日は夫の誕生日だったので、去年に引き続き今年も手作りのシャツをプレゼントしました。

結婚してから始めた洋裁ですが、ゆるやかに少しず~つ、上達してきてるか。。。な?

a0327879_20223577.jpg
色や厚めの布地で、などは夫からのリクエスト。


ここトルコでは、編み物系の趣味がほとんどで、私の周りではミシンを使う人がほとんどいません。
そのかわり、毛糸からオヤレース、編み物の腕前はみなさんかなりのもの。

母親が娘に編み方を教えて、というふうに受け継がれていくらしいですが、うちの義母も義妹もどちらも編み物は苦手。。。
けっこう珍しいような気がします。
親戚のおばちゃんたちはみんな上手です。
そしていつも何かしら編んでます。


時には誰かのために、あとは、とくに誰にというわけではなく編み溜めておいて、いざと言う時に誰かにプレゼントする用だったり。


ですが、私の場合、ほとんど自分用にしか作ってません105.png

だって、せっかく作るなら実際に使えるもの、使ってもらえるものがいいじゃないですか!
なので自分が着る服をせっせと作っては自分で着てます。
でも毎回何かを縫っていると、「それ、誰のために作ってるの?」とかならず義母に聞かれるので、そのたびに自分用と答えるのがちょっと後ろめたい。。。

義妹には何度かスカートや、義妹の旦那さんのシャツを作ったことがあります。
自分で布を持ってきて、これでこういうかたちのスカートを作ってほしい、というふうにリクエストをくれるので、これならちゃんと着てもらえるなと思って作ります。
あと、タイに行くときには自分の妹用に作った服も持っていったりします。
妹もだいたいこういう服が欲しいとリクエストしてくるし、サイズもだいたいわかっていますから作りやすい。
そしてだいたい気に入って着てくれてるようなので、作り甲斐があります。


夫にももっと頻繁に何か作ってあげたいんですが、男の人に作ってあげられるものといえば、シャツくらいしかないんですよね。
でも、シャツはとにかくめんどくさい!そして難しい!!しかも紳士用シャツは特にディテールが多い!!
てなわけで、年に一回のペースです110.png


本当は一度洗ってアイロンしてから着てほしかったんですが、昨日完成して、今日はそのまま着て行きたいと言って、さっそく着て出かけて行きました。


そして昨日の晩から、伸びてきた髭を整えたい!と言っていて、今朝、日本で買ってきたトリミングとシェービングが両方できるという電動剃刀で洗面所の前で長い間格闘していました。


以前は毎朝もくもくに泡立てたフォームを塗って、T字剃刀で剃るというのをやっていたんですが、とにかくめんどくさそうだし剃刀もしょっちゅう買い替えるので経済的じゃない。
電動シェーバーを買えば?と勧めていたのに、いや、僕の髭はあんなのじゃ剃れないんだよ!と、頑なにT字で剃っていました。

それが最近髭をのばしているので、トリミングもシェービングも両方できる電動剃刀を日本で見つけてやっと購入。

これで時短になるかと思いきや、一度電動剃刀を持ち始めると数十分ずっと鏡の前に張り付いては、あーでもない、こーでもないと、長さを調節しています。

そして今朝も数十分。。。


「最終的にこうなっちゃったよ。。。140.png」と、上の写真のように久しぶりにつるつるに剃った顔になっていたので思わず笑ってしまいました。



ていうか。。。電動剃刀でちゃんと剃れてるじゃない??
なんで頑なにT字剃刀にこだわっていたのか。。。


夫に言わせると、私はかなりの頑固者だと言うのですが、彼もなかなかのものだと思います!
似た物夫婦なのかなぁ~?101.png



ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-24 20:59 | 洋裁

骨の髄まで。。。

突然ですが、これ↓は何でしょう?


a0327879_18534395.jpg

と、これだけ見てわかる人はあんまりいないと思うのですが、これならどうでしょう?


a0327879_18535911.jpg

正解は、牛の大腿骨でした~。
この骨の中に通っている骨髄の部分を食べます。

これはトルコで一般的によく食べられている家庭料理で。。。と言いたいところですがじつはそうではなくて。

つい先日テレビで、最近だんだんと見直されて人気が高まってきている食材として紹介されていました。


トルコの肉食といえば、切っても切り離せないのが毎年行われる犠牲祭。
この時に絞めたお肉を、冷凍保存したり、保存食に加工したりして時間をかけて食べます。
うちもつい最近、半年前の犠牲祭で屠ったお肉をやっと食べ終えたところです。


犠牲祭で屠った動物の解体作業はもちろん各家庭でするのですが、これがかなりの重労働。
プロの手にかかればたやすいんでしょうが、慣れない素人だと大の男が数人がかりでも一日仕事になります。
細かい部位に分けて、なんて面倒くさいことはする気力もなくなって、食べやすそうなお肉だけを持ち帰り、残った部分は処分することがほとんど。
とくに骨は専用の機械でもない限り斧で切ったりすると砕けてしまいますし、捨てるしかないわけです。


だから、というわけでもないかもしれませんが、トルコではお肉屋さんに行っても各部位に分けていろんな種類のお肉を売っているところはほとんど見たことがありません。
主に、クシュバシュと言われる一口サイズに切ったもの、挽肉、そして塊肉、あとはちょっと高級なステーキ用。これくらいに分けていて、部位の名前ではなく、サイズで分類されています。

なので、バンコクで日本の焼肉屋さんに行った時に、夫はいろんな部位のお肉が選べることに驚いていました。
そしてハラミを特に気に入ってました。。。101.png
肉食文化が根付いているトルコですが、このように、いろんな部位を食べるのは一般的ではないようです。


それでももちろん、レストランなどでは牛タンや頬肉の煮込み、レバーの揚げ物、などなど出しているお店も多いですし、最近はこの牛の骨髄も取り扱う店が増え、以前はお肉屋さんでタダで貰えることもあったのに(!)、近頃はちゃんと商品として売っているお店が多いそうです。

そのニュースを見て、「食べてみたいな。。。」と言っていたら、後日夫がスーパーで見つけて買ってきてくれました。

圧力釜で調理すると早いらしいのですが家には無いので、ひたすらじっくり時間をかけて煮込みました。
臭みが心配だったので、スパイスとニンニクもたっぷりいれて、大きく切った野菜もごろごろ入れて、長時間煮込んでみると、
とーーーーっても美味しいスープになりました。


さて、初めて食べるそのお味は。。。


a0327879_18541757.jpg
私のは、ちょっと指で押すと中身が簡単に出ましたが、この穴の中にも細かい骨が通っている場合はこんなにすんなり出ないそうです。
夫は叩いたり吸い出そうとしたり、悪戦苦闘していましたw

そして味のほうは、美味しかったですが、はっきりいってあれです。
おでんに入れる牛スジ肉ありますよね?あれの脂身の部分。あの味にすごく似ています!
というわけで、そんなにぱくぱくとたくさん食べるものではないけれど、すごく良い出汁が出るって感じでしょうか。


一緒に煮込んだ野菜もすごく美味しくなっていて、夫も大満足。
こうやって食べると美味しかったよ、とお母さんに電話して報告していましたから、相当気に入ったようでした。
冬の寒い日にぴったりな、旨味たっぷりのスープでした。



ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-23 19:25 | トルコの食

椎茸パラダイス

もう2年くらい前になりますが、カッパドキアに行った時に、通りにあるクルイェミシュ屋さんで珍しいものを見かけました。

クルイェミシュと言うのは、クル(ドライ)イェミシュ(食べ物)で、つまり乾物屋さん?みたいなものなのですが、
トルコの町のいたるところにあって、主にドライフルーツやナッツ、スパイス、ほかにも乾燥ハーブやら干し野菜、乾きものならなんでもそろうお店です。


a0327879_03000078.jpeg
写真は拝借したものですが、こんな感じで店頭にさまざまな乾物が並んでいます。
トルコ人の生活にはなくてはならないお店、それがクルイェミシュ屋さん。


そしてそのカッパドキアで見かけたのは、こんな風にお店の前にずらりと並んだナッツやスパイスに紛れて、なぜか。。。
柿の種らしきものと(本物の種ではなくて、お菓子のあれです)、小さな干しシイタケ!

私は柿の種が大好物なんですが、さすがにこんなふうに盛られて青空のもとにさらされていたら、ちょっとしけってそうだし、たぶん日本で買って食べる柿の種とは全然違う味だろうと思って、まぁおもしろいものが売っているなーくらいで通り過ぎたんです。



それから時は流れ、去年の秋ごろ。
ちょうどつわりの症状があって食欲がなくて、あー、もうトルコ料理はいやだ。。。なんでもいい、日本のものが食べたい!
と思っていた時に、そういえばカッパドキアに柿の種と干しシイタケがあったな!と思い出しました。


ちょうど買い付けでカッパドキアに行く用事もあったので、さっそく例のクルイェミシュ屋さんに行ってみました。
すると、柿の種はもうなくなっていて、お店の人にいちかばちか「前にカキノタネありましたよね?」と聞いてみたところ、
あー、あれね、カキノタネね。。。 あれは、あるトルコ人の男がこれは絶対に流行るはずだ!と思って、機械を買って作って売っていたんだけども、どうやら全然売れなかったらしくて、もう作るの止めちゃったんだよ。。。
えー、そうなんだ。。。残念!
きっとどこかで柿の種を食べて美味しい!これはきっとウケる!と思ったんでしょうね、わかりますよ!!!
でも、クルイェミシュ屋さんで売ってもなぁ。。。ちゃんとパッケージに入れてスーパーで売ってくれてたら絶対買ったのに。


でももうひとつの目的、干しシイタケはありました!
前に見た時は小さかったし椎茸かどうか確信なかったのですが、お店の人に聞いてみるとちゃんとシイタケマンタル(マンタルとはきのこの意味)だと言っていました。

ただ、お値段が。。。
1キロ600リラ。。。

600リラというと、家の一か月の家賃ですw

でも干しシイタケなんて軽いし、1キロもいらないとは思うけれども、ほんのちょびっとだけ買うのもなぁ。。。
と、その時は一応値段だけ聞いて買わずに帰りました。

あとになって、まぁ干しシイタケなんて大量に使うものでもないし、ほんの30グラムでも買えば安く済んだんじゃないの??
なんて思ったりもしましたが。


さて、それからまた時が過ぎて、年末のバンコク。
夫とふたりでヤワラートで夕飯を食べてぶらぶら歩いていると、とっても肉厚で立派な干しシイタケが売られていました!
大量に袋詰めされて売られていましたが、夫もシイタケのことを覚えていて、「あ、あの一キロ600リラのキノコだ。ここではいくらだろう、聞いてみよう!」
と、値段を聞いてみたところ、なんとトルコで買う値段の10分の1くらい!
しかも品質はまったくくらべものになりません。トルコでみかけたやつは、ものすごく小さくて薄っぺらかったですから。

このお得感にひかれてか、いつもはお買い物には慎重な夫ですが、とつぜん干しシイタケを大人買い105.png

私用にと、肉厚で値段の高いほうを500グラム、お土産用に普通の品質のやつを1キロ。
干しシイタケ1.5キロって、量にするとけっこうあります!


でも待って。。。
お土産用って、トルコ人が干しシイタケそもそも食べるかな?

じつは夫はものすごい偏食で、日本食なんかも私が無理やり勧めて少しだけ食べれるようになった程度で、
それでもまだまだ食べられるものが限られています。
そして干しシイタケと言えば、日本人でも苦手な人が多い食材。
それなのにどういうわけか、はじめて食べた時からは夫はなぜか椎茸はすごく気に入りました。
生しいたけをバター炒めにしたのもすごく気に入ってましたし、干しシイタケもバンコクのレストランで食べてすごく気に入っていました。

というわけで、そんな夫が「この味はトルコ人にもきっとうけるよ。ぼくが食べれるくらいなんだから」と言うので、それもそうかしらと思い、大量の干しシイタケをトルコに持って帰ったわけです。


そしてこれまでに、夫実家、義妹一家、カイセリに住む叔母さん一家、シヴァスに住む伯母さん一家、にそれぞれ分けて配りました。


義妹からは一度、「これ普通に水でもどしたらいいの?」と電話があったので、どうやら調理はしたようだけれどもその後の感想はきいていなくて、義母はまだ料理していないというはなしで、シヴァスの伯母さんのほうもまだ感想はきいていなくて、そして唯一カイセリの叔母さんだけが実際に調理して食べてみたけど美味しかったと言ってくれました!旦那さんも気に入っていたそうです。


気になるのが、調理法。
お土産として渡す際に、どうやって食べればいいの?と聞かれたんですが、干しシイタケをトルコ料理にアレンジするのはちょっと想像つかないなー。。。
干しシイタケをトマトペーストで煮込むとか、スパイスで味付けするとか、ありえないし。。。
ということで何でも好きなように調理してみてくださいと適当に流していたところ、叔母さんはまず水で戻し、さらに軽くゆでて水けを切ったあとに、油で焼いてニンニクヨーグルトソースをつけて食べたそうです。
うん、シンプルだけどなかなか美味しそう!


義妹のほうは、私たちには何も言っていなかったですが、義母と電話で話した時に、「すごい匂いだったわ。。。。」と言っていたそうでw 
まぁ、ふつうそうなるわなぁ。。。
それを聞いて義母もまだ調理する気にならないそうで。。。


私が美味しい調理法を考えて提案すれば良いのかしら?
でも、干しシイタケを使ったトルコ料理。。。難しいなぁ。



さて、私用に買ってもらった干しシイタケはというと、ちゃっかり日本やタイから運んできた調味料でちゃんと美味しく調理していただいています♪

a0327879_02593199.jpg
とっても肉厚で立派な椎茸です。
もともと干しシイタケ大好きな私にとっては大満足のお買いものでした。

というわけで、今のところ我が家は椎茸パラダイス。
しばらく楽しめそうです♪










ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-20 18:11 | トルコ生活

夜の訪問者

昨日やっと、3本目の注射に行ってきました。
これでやっと終わった。。。


1本目の時、痛くないと思って余裕で行ったらけっこう痛くて、
2本目の時は痛いんだと覚悟して行ったら、その覚悟をさらに上回る痛さで、
3本目の今回、あー、またあの痛い注射か。。。と、憂鬱でしかなかったのですが、

なんと、不思議なことがあるもので。
今回まったく痛くなかったんです。

じつは3回とも全部違う看護婦さんが打ってくれたんですけども、やっぱり2回目が特別痛かったし、3回目の昨日は上手な看護婦さんだったんでしょうね。
優しくゆっくりと打ってもらうと痛くないのかもしれません。
アルコールを塗られて、あー、来るぞ来るぞ。。。と思ってたら、はい、終わりましたよーと言われて、
えぇ?もう終わったの??ってなりました。
1回目の時も2回目の時も、注射が終わったあとも何日かはお尻が痛いんですが今回はそれもほとんどなくて。
まぁ、結果的に良かったです。
注射は打つ人の腕前で痛さが変わるということがわかりました!


そして夜、夕飯を終えてリビングでくつろいでいると。。。

ミ、ミャオーーーーーッ


と、割と激しめの猫の鳴き声が聞こえました。
しかもけっこう近い!


子猫が生まれやすい季節になると、遠くでか細い子猫の鳴き声が聞こえることがたまにあるんですが、今回はめずらしく大人の猫の鳴き声です。しかも何かを訴えているような声。。。


どこだろうと思って家のドアをあけてみると、階段のところに控えめにちょこんと座っている猫の姿が。
しかも見覚えのある猫で、おそらく近所の小さい画廊で飼われている三毛猫ちゃんっぽい。
こんな時間にいったい、どうしたのでしょうか。

人には慣れているものの少しまだ警戒しているようだったので、ドアをしばらく開け放しておいて、私たちはいったん違う部屋にいきました。
少ししてちらっと覗いてみると、ドアの内側にちょこんとお行儀よく座っていました。
そしてうれしそうにゴロゴロいいながら、足元をふみふみしています。


そこで、夫がソーセージとパンをちぎって与えると、少しずつお行儀よく食べていました。


a0327879_17562721.jpg
外は寒いのでうちの中で少し休憩して、お腹もいっぱいになったところで大人しく帰っていきました。
いったい、なんだったんだろう?
おそらくアパートの中に入ってしまって、入り口の扉が閉まって出れなくなったのでここで夜明かしするしかなくて、お腹が空いていたのかな?



ちなみに私は猫が大~好きで、夫はどちらかというと犬派。
でも私は昔からあんまり猫に好かれるということがなくて、セレンディブで飼われている黒猫のねねちゃんも、私には何年たっても全然なついてくれません。。。

昨夜の猫ちゃんも、わたしよりも夫のほうに心を許しているような感じでした。
いつも通りで見かけると必ず目が合う近所の猫ちゃんなのに、やっぱり私より夫のほうがいいのか。。。
なんだかなー。。。


いつかは相思相愛の猫ちゃんに巡り合いたいなぁ。。。♡




ランキングに参加していま~す♪ 
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-18 19:40 | トルコ生活

トルコの菓子パン

トルコに住んでみるまで、トルコがこんなにパンの国とは知りませんでした。
パンが無くては始まらない。
何でもかんでもパンにはさむ。
パンに限らずとにかく粉もの!カリカリ、もちもち、ぱりぱり、分厚いのやら薄いのやら、何でもそろう。


でも、そんなパン大国なのに、なぜか菓子パンになると、チーズ入り、ポテト入り、ぐらいしかバリエーションがない。
特に、甘い菓子パンというのがほとんどない。
私はたまに、甘い菓子パンとコーヒーの朝食が無性に食べたくなるので、これは困る。。。



かろうじて、限られたパン屋さんで手に入るのが、チョコレート入りのアチュマというパン。
a0327879_04321382.jpg
アチュマは生地に牛乳やバターをしっかりと練りこんだパンで、通常は中に何も入っていなくて上にゴマがかかっているだけのが多い。
甘い菓子パンと言えば、いまのところこれ一択しかないような気がする。(私がまだ出会ってないだけかもしれないですが。。。)


そんなわけで、去年はよく家でチョコレート入りのパンをよく焼いていました。
トルコ在住の日本人の奥さんが書いているブログで生イーストを使ったレシピを載せていて、そのレシピの生地で作るとすごく美味しいパンができたので、一時期はまって夫が職場に毎日持っていくおやつ用に作っていました。
夫はトルコ人らしく?甘い菓子パンは好きじゃないのでチーズ入りで、私が自分用にチョコレート入り。

そしてある日、職場のほかの人にも差し入れで持って行ったのですが、その時圧倒的にチョコレート入りが人気で、その時食べた人からあとでレシピを教えてほしいと頼まれたりして、かなり好評だったみたいです。

ということは、トルコ人もじつは甘い菓子パンが好き。。。。?


きっと甘いパンを作れば売れるような気がするのに!どこかのパン屋さんが作って売ってくれないかなぁ。。。



ちなみに、パン屋さんで売っている甘いものとなると、ケーキっぽいのやクッキーっぽいのや、完全な「お菓子」になってしまって、「菓子パン」ではなくなってます。
わたしはパン生地の中に甘いものが混じっている、あくまでもパンなんだけれどもほんのり甘いのが食べたいんです!


また、手作りしようかなー。


美味しい菓子パンができたらまたブログで紹介しますね♪



ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-17 08:29 | トルコの食

我が家の焼き栗

今年はお正月に栗の甘露煮を食べられませんでした。。。
子供のころはお正月にあれを食べるのが楽しみでしょうがなかったです。

ヤワラートで買った甘栗は食べましたけど111.png

それでもまだまだ満足していない私は、今年に入ってすでに2回栗を買ってきて焼きました。


a0327879_01073748.jpg
トルコも冬になると街角で焼き栗を売る屋台がよく出ていて、イスタンブールではちょっとした冬の風物詩みたいな感じにもなっています。

。。。が!


私はあんまり好きじゃないんですよねー、町で売ってる焼き栗。
見た目はおいしそうなんですが、実際に買ってみるとはずれなことが多いです。
というか、わたし好みじゃないだけでトルコ人にとってはあれがおいしいのかもしれませんが。


そとはけっこうカリカリになるまで焼かれていて、中もまだちょっと歯ごたえが残る感じにしか火が通ってなかったりするのがけっこう多いような気がします。

栗はやっぱり甘くてほっくほくじゃないと!ですよね?


なので、家で焼き栗を作るときには、私の場合さいしょに栗をまず熱湯につけておきます。
そのまま数時間放置。


そして、外の鬼皮が十分にふやけた栗に大きめに切れ目を包丁で入れて、200度に熱しておいたオーブンで20分焼きます。
こうすると、茹で栗と焼き栗の中間のような、ころんっと皮は剥けるけれど中身はしっとりとした焼き栗ができあがります♪

a0327879_01075059.jpg
皮が裂けたところはちょっぴりカリッと香ばしくなっているし、この調理法が簡単で私は一番お気に入り112.png
日本茶はもちろん、トルコチャイにもよく合います。


セレンディブのマロンロールケーキに使われているマロンクリームも、生栗から丁寧に作られていますよ♡
人気なので売り切れていることも多いからあんまり大々的に宣伝はできませんが。。。125.png
優しいお味でとっても美味しい、おすすめのケーキです!




ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-15 08:16 | トルコの食

永遠のサマータイム

先週書いたブログで、トルコでは朝8時くらいでもまだ薄暗いと書きました。

去年末にバンコクを朝出発してイスタンブールに夕方到着する便に乗ったのですが、その日のうちにカイセリまで飛んでいる国内線には間に合わなかったのでイスタンブールで一泊することに。
翌朝カイセリに向かう飛行機に乗る予定だったので空港近くの宿に泊まり、朝7時に空港に向かったのですが。。。


朝7時、外に出てみると真っ暗!!
まるで真夜中のような暗さです。

え。。。ちょっと待てよ。朝7時って、こんなに暗かったけ?
明るいタイから戻ったからそう感じるだけ?
いや、ちがうちがう!
ていうか、去年の今頃は朝7時過ぎには起きてなかったけ?なんでこんなに暗いんだ???

って、私たちもちょっとパニックになって思わず時計を何度も確認しました。


さすがに8時ごろにもなってくるとそろそろ朝焼けが見えてきて薄暗い程度にはなってくるんですが。
なんだか狐につままれたようだなー、と思いながらもその時は飛行機に乗って無事にカイセリに着きました。


そしてあくる日、夫が「なんで朝7時があんなに暗いのか、わかったよ!」と言ってきました。
あれだよ、サマータイムの件でそうなってるんだよ。
そうだよな、真冬でも朝七時ってあんなに暗いはずないもんな!と納得していました。


そうなんです。
じつは、トルコではサマータイムが廃止になったんです。
というか、ちょっとややこしい話になるんですが。。。


私よりも少し上の年代の人ならご存知の方も多いと思いますが、
じつは日本でも昔、短い間ですがサマータイムを実施していた時期があったらしいですよ!
夏に一時間時計を早めるっていう、あれですね。
私はこれって、別にあんまり意味ないんじゃないの。。。?とは思っていたんですが。
日本ではそう思う人が多かったのか、廃止になって夏になっても通常通りの時間のままになったんですよね。


それなら、わかります。


でも、トルコの場合は違うんです。



ある年の夏、(たしか二年前)いつものようにサマータイムになって時計を一時間早めました。
そして、それをまたもとの冬時間に戻す日が近づいてきたときに国から発表されたのが。。。


もう、戻さなくていいよ。
ずっとサマータイムのままで行くよー!
だったんです。
うそみたいな本当の話です。



サマータイムを廃止したって聞くと、あぁそうですか。と言う感じですが、
これって、ほかの国との時差を一時間ずらしてしまったことになりますよね?
そんなこと、勝手にやっちゃっていいの。。。?


それって、世界の時間とか日付変更線とか、そういうの管理してる天文台みたいなとことかに連絡して許可とか取ったのかしら。。。?
って気になったんですが、トルコ国内でも大したニュースになってませんから、もちろん国際ニュースにもならず、ほんとうにひっそりと行われた変更でした。


とういわけで、未だに携帯とかパソコンの時計はサマータイムが終わる時期になると自動で一時間ずれたりするので、注意していないと約束の時間とか仕事とかに一時間遅れる事態にもなりかねませんので注意が必要です。
あと、外国からトルコに旅行する人も、冬場のトルコの時差はガイドブックに記載されている時間より1時間短いのでお間違いのないように!


さて、ついでに今日もひとつ、新しい雑貨のご紹介です☆


じつはトルコって、自然派コスメもとても良質なものが多くて有名なんですよ♪
私も初めての旅行でトルコに来た時に、私がと言うより妹がですが、自然派コスメのお店をガイドブックで探して
あれこれ買い込んでいましたっけ112.png


で、今日ご紹介するのは、もともと売り物としてではなく、お友達へのお土産として買って帰ったところすごく評判が良かったので、お店でも販売しようと決めた物です。


a0327879_01103398.jpg
まずひとつめはこちらの、アルガンオイルのボディーローション。
きつすぎない程よく良い香りで、パラベンフリーの優しい使い心地。
しかも、アルガンオイルの成分ですごーーーくしっとりします110.png
保湿効果はかなり高い目なので乾燥肌の人におすすめです!


そしてもう一つが、

a0327879_01101824.jpg
トルコはバラの生産地としても有名なんです!
そんなトルコのローズウォーター110.png

こちらは香料、アルコール無添加ですが、100%ローズウォーターではなく、ローズウォーターの化粧水みたいなものになります。
なので、保湿成分も入っていますし、皮膚科の監修の元で作られているのでお顔にももちろんお使いいただけます。
スプレーボトルに入れ替えて顔や髪の毛にリフレッシュ用ミストとして使ったり、その他全身、色んな所に使えます。
大容量なのでぱしゃぱしゃと思い切り使えるのもうれしいところ。


これはどちらも、私自身ためしに使ってみましたが、どちらも自信を持っておすすめできます!
近々配送予定ですので、よろしくお願いしまーす♪




ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-14 08:05 | トルコ生活

今年の初雪

ちょうど昨日、地元和歌山でも雪が降ったという報せがあって、そういえばカイセリで今年はまだ雪を見ていないなーと思っていたら、今日ついに降りました!

a0327879_17312384.jpg
私たちがタイに行ってる間にも寒波が来て雪が積もったりしていたらしいのですが、こちらへ帰ってきてからは比較的暖かい日が続いていたのです。

暖かいといっても、朝・晩はマイナス5度くらいまで冷え込んだりするのですが、今回日本に行って改めて思ったのは。。。
日本の冬は寒い!でした。

普段寒さにはめっぽう強い夫も日本寒かったと言っていました。
何が寒いって、とにかく家の中が寒い!

トルコは外はどんなに寒くても、家の中は全体的に暖かいのでそんなに寒く感じません。

あと、和歌山は風が強いので、それもすごく寒く感じました。冬は風が吹くかどうかでぜんぜん体感温度が違いますね!
気温で言うとそんなに寒くないはずですが、やっぱり日本に住んでた頃、冬がすごく寒かった記憶は間違ってなかった!と思いました。


そして、日本の小・中・高校生たちが、こんなに寒い真冬でもストッキング一枚にミニスカートの制服を着てたりするのにもとても驚いていました。
男の子でも半ズボンの制服の学校なんかがあったりして、その場合ストッキングをはくわけにもいきませんから素足ですし、
「どうして半ズボンなの??」とふしぎがっていました。

たしかに。。。
でも、今はどうだかわかりませんが、私が小学校の頃なんて、真冬でも体育の授業は女子は半袖ブルマ、男子は半袖半ズボンで運動場に出ていました。
最初に外に出る時は勇気がいるのですが、一度出てしまうとだんだん慣れてきて、授業が終わる頃には体を動かして温まっているし、けっこう平気になってたりするんですよね。
今思えばああやって、たいていのことは気合で乗り切れると学んだような気がします。




気合で乗り切るといえば、じつは週末のシヴァス訪問の際に、ふたりとも風邪をもらってきてしまったようで、これがまたひどい風邪で二日間寝込んでしまいました。

いつもなら風邪をひいてもだいたい、ビタミンCを飲んで、お水もたくさん飲んで、暖かくしてたくさん汗をかいて。。。
と言うふうに自力で治すことが多いんですが、今回の風邪はなんか違うな。。。これはダメなやつかも。。。という予感がしました。

まず、熱があって体はあついのに、どんなに着込んで水分をとっても汗をかけない。
熱と頭痛で思考が鈍るし、節々が痛いので動くのも億劫。
こうなってくるともう、気合では乗り切れそうにないのでお医者さんのお世話になるしかないわ、ということで、昨日の夕方やっと病院に行ってきました。

なんだか最近病院の話が多いなぁ105.png


トルコの病院というのは、だいたい点滴か注射をされて、薬を処方してもらっておしまい。という流れがほとんどです。
ひどい風邪で病院に行くと注射を打たれることが多いと聞いていたので、今しばらくは注射はいやだーーーー、と思っていたら点滴にしてくれました。
とは言っても、妊婦ができる点滴は限られているらしく、夫とは別の点滴でしたが二人並んでおとなしく1時間ほど受けてきました。

トルコに来るまで、体調不良で点滴を受けるなんて経験をしたことがなかったんですが、点滴の効果ってすごいです!


寝込んでいた2日間、ぜんぜん食欲がなくて熱があって体は熱いのにぜんぜん汗をかかないし。。。 だったのが、点滴を初めてしばらくするとお腹がぐーーーっとなってきて、だんだんお腹が減ってきまして、それから後半になってくるとふたりとも汗をだらだらかきはじめました!
病院に着いた時には頭がガンガンして、熱で視界がどんよりしてたのが、点滴が終わると頭痛も軽くなり視界も明るくなりました。

家に着いてからは夫に軽い食事を作ってあげれるくらい元気になっていました。


トルコの病院ではこうして点滴を受けて帰る人が多いので、点滴のフロアは一人掛けのソファがならんでいるのですがほぼ満席でみんな点滴を受けています。
針を刺されるのが怖くて大泣きしている子供もいれば、まだ小さいのに平気な顔して大人しくしている子もいますし、かと思えば針を刺されるのが怖すぎてびくびくしているオジサンもいて、点滴の途中に奥さんに電話して
「あー、気分が最悪だー。毛布を一枚持って迎えにきてくれー」と泣き言を言っていたそうですw


病院ではそんな人間観察もおもしろかったりします110.png


ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-12 18:20 | トルコの病院

あっという間の一週間

なんだかあっという間に1週間が過ぎてしまい、昨日また2本目の注射に行ってきました。
前回(http://serendib.exblog.jp/238168717/)で、お尻の注射は痛いということは学びましたので、
今回は痛いんだと覚悟して、心の準備はしていったのですが、やっぱり痛いもんは痛かった。。。103.png

しかも、痛いだけじゃなくて恥ずかしいんですよねー。。。
お尻丸出しの情けない恰好で注射を打ってもらうんですが。

トルコの市民病院と言うのは、医療保険を国に治めている人なら基本的に無料で治療が受けられます。
そのかわり、お医者さんも看護婦さんも大忙し。
注射が終わった後、「はい、じゃぁお大事にー!」で、さっさと診察室のドアを開けて次の患者さんの準備をする看護婦さん。
お尻丸出しのままイテテ。。。と放置されてる私は慌ててお尻を隠さないといけなくて、その姿が間抜けで自分でも笑ってしまいました105.png

でもあと一回で終わりなので、頑張ります!
あんまり書いてると、わたしこそがインターネットで大げさな情報を撒き散らす人になりそう144.png



さてさて、週末にカッパドキアで仕入れた雑貨をそろそろバンコクに向けて発送しま~す^^

再入荷について問い合わせなどをいただいていたオヤアクセサリーもついに登場します!

a0327879_16301349.jpg
ピアスとブレスレットです。
ビーズをたくさんあしらったボンジュック・オヤや、お花のモチーフなどが可愛いトゥー・オヤ。

a0327879_16290386.jpg
こちらはイーネ・オヤのピアス。
イーネとは針のことで、細い針一本で結び目を作りながら仕上げていく、とても繊細で手の込んだものです。
ほかのオヤは基本的に細いかぎ針で編んでいくのですが、針を使って作る点で、オヤ独特のモチーフが仕上がります179.png





今回はじめて入荷する、アヴァノス(カッパドキアの村の名前)名産のテラコッタの器もおすすめです♪
a0327879_16282358.jpg
素焼きテラコッタの工房がたくさんあるこの村で、ひとつずつ丁寧に仕上げられた器は、手作りの味わいがあってとてもかわいらしいです。

a0327879_16292291.jpg
こんなふうにアクセサリー入れなど、小物を入れて使うにもおすすめ。

a0327879_16280319.jpg
そして、前回のイベントでは持っていけなかったこちらのチャイスプーンも。



早く、そして無事にお店まで届きますように~110.png






ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-01-10 20:23 | 雑貨


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧