タグ:子育て ( 2 ) タグの人気記事

もう1ヶ月!

今日(5月26日)で、娘が生まれてから1ヶ月になります。

もう1ヶ月か!とも思いますし、振り返ればいろんなことがあった1ヶ月でした。
とくにあかちゃんの成長は早い!
毎日見ていると変化に気づきにくかったりしますが、それでも日に日に大きくなっていっているのがわかります。
写真に残しておきたい瞬間が数えきれないくらいありますが、貴重な一瞬をすべてとらえるのは無理なので、頑張って目に焼き付けておくしかないですね。


a0327879_20584360.jpg
特に手足がかなりしっかりとしてきました。

出産前の超音波で見た時には、3000グラム前後の標準的なサイズと言われていましたが、実際に産まれてみると2500グラムと、
かなり小さ目でした。
手足が特に、大丈夫か?と思うくらい細かったのですが、やっとぷくぷくとしてきました。

a0327879_21090024.jpg














顔も産まれたての頃は本当にちょっと大きめのリンゴくらいのサイズだったんですが、最近はほっぺもぷっくりとしてきました。


肉付きが良くなっただけでなく、顔だちも変わってきました。
産まれたばかりの時はもっと、ぺちゃーっとした顔をしていて、その時は家族、親せき、病院のスタッフからも
お母さんにそっくりね!!といわれたものですが、顔だちがはっきりするにつれてそうでもなくなってきているような。。。?


a0327879_22563614.jpg
いまのところ、目元が夫で、鼻と口が私に似ているという意見がほとんどです。



子供って、産まれてみると、噂には聞いてたけど本当なんだな~と改めてしみじみ思う事や、知ってると思っていたのに案外知らなかったことなど、色々出てきますね。

私の場合は、噂には聞いていたけど。。。赤ちゃんって本当に自分では何もできないんだな、寝返りをうつことも、自分が何をどうしてほしいか伝えることも、泣くことしかできない、こんな状態からのスタートなんだなーと改めて思ったこと、それから、どんな人でもみんな最初はあかちゃんだったんだなーということ。
私だってこんな小さくて一人では何もできない時期があったんだなー、でもお世話してもらってこうして大きくなったんだなーとしみじみ感じました。


あと、毎日赤ちゃんを見て生活していると、急に夫がでかくなったように感じるんですが、これってあるあるなんでしょうか?笑
前はいつも、小顔でうらやましいな~、若いっていいな~(私よりかなり年下なので。。。)と思っていたのに、近頃は、顔でかっ!
気付かなかったけどシワとか白髪とかけっこうある!と思うようになりました。。。105.png


夫は歳の離れた弟がいるので子供の扱いには慣れており、けっこうなイクメンぶりを発揮してくれてるので助かります。


ところで、10日前から今年の断食月がすでにはじまっています。
私にとっては4度目のラマザンですが、妊婦や授乳育児中の人は断食しないことになっていますので、はじめて断食をしないラマザンです。
断食と言うのは単純に食べないだけではなくて、断食明けの食事や日が昇る前に夜中に起きて食べる断食前の食事など、家族みんなでわいわいとやる楽しさもあるので、ひとりだとモチベーションがあがらないのか、夫も理由を付けて断食を休みがちです105.png
いつか家族3人でそろって断食する日が来るのでしょうか。。。?



前回も少し触れたトルコでの出産体験ですが、噂に聞いていた通り、帝王切開でも入院は2日!
しかもわたしの場合は夜10時からの入院だったので実質手術から1日半での退院となりました。
海外はだいたいそうらしいですが、日本だと1週間くらいは入院して手厚く看護してもらえるそうで。。。
でもトルコの病院は確かに、これ以上ここにいたって意味がないってくらい何もしてもらえないので、退院しない理由もないと言う感じでした。


妊娠中はいろんな人の出産体験をブログなどで読み漁っていたのですが、実際の出産体験はけっこう予期せぬこともあり、ぜんぜん思っていたのと違いました。。。
誰かの参考になるかどうかわかりませんが、次回トルコでの帝王切開について私の体験談を書いてみたいと思います。



ランキングに参加していま~す♪
よろしくお願いします^^
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by araty2013 | 2018-05-26 19:38 | トルコ子育て

親子のスキンシップ in トルコ

バンコクもすっかり涼しくなってきたと聞いています。
トルコもそろそろ寒い季節の気配が忍び寄ってきました。。。
さて、タイムラインでも既にお報せしましたが、
10月17日(土)セレンディブは臨時休業とさせていただきます。
いつもは日曜定休ですが、今週のみ土日の二日間お休みになります。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

さて、秋の味覚ということでモンブランやカボチャのタルト、ご好評いただいております♥
いつもありがとうございます!
引き続き、よろしくお願いします♪

セレンディブからのお知らせは以上です。
今日のブログのテーマはトルコでの挨拶やスキンシップについてです✩

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

週に一度は夫の実家にお邪魔しているのですが、毎回「メルハバ!(こんにちは)」と挨拶しながら入っていくと、お義母さんが熱い抱擁で迎えてくれます。

そして息子、つまり私の夫にも毎回「あー、息子よ、よく来たわね~」と言いながら、まるで久々の再開のように数秒しっかりと抱き合ってから両頬にキスし、時にはそれをもう一度繰り返したりします。

これはもう見慣れた光景だったのですが、このあいだふと考えさせられることがありました。

それは、夫の軍隊時代の先輩がカイセリに来たので、3人で一緒に食事に行った時のこと。

その先輩は、日本人は挨拶で抱き合ったりしないということについて、母親とさえもハグをしないなんて、どういうこと?!と大変不思議がられました。

母親とさえ、というより、友達とはすることがあっても親とハグをしたりするなんて、私は有り得ないのですが。。。 みなさんは、どうですか?


私たち姉妹の母は4年前に他界してしまっているのですが、母には子供の時に抱っこしてもらった意外で、抱きしめてもらった記憶もないし、こんなに仲の良い妹でさえも、ハグをするなんてことは。。。。 数年ぶりの再会の時でさえ無かったですね。

夫と先輩はどちらも今は母親と別の家で暮らしているわけですが、お母さんにハグしてもらうのは、いくらしてもらっても足りないくらいなのだそうです。毎日でもして欲しいくらいなのに、一度もしたことないなんて、どういう感じなの?!って。。。 聞かれてもなー。。。

日本人にとっては、距離感ってとっても大事なのよ012.gif と答えておきました。

ふたりが言うには、お母さんのハグというのは、ほかの人とのハグとは比べ物にならないのだそうです。奥さんとのハグとはまた全然違う、ものすごい安心感があるそうで、まるで自分が子供に戻ったような気持ちになれる、そんな感じだそうです。

まったく想像がつかないですけども、それを知らずに育ったって、なんか損してるのかなー? でも、日本人にとってはそれが普通だからな。。。 と、いろいろ考えてしまいました。

それ以来、こんないい大人になって、 お母さんのハグ。。。 どんな感じなんだろう?と考えるようになりました。

かと言って、母が生きていたら、「ちょっと、試しにどんなもんかハグしてみて?」とか頼めないなー笑

うちは特にそういうのが無い家庭だったのかもしれませんが、実際のところ日本人で家族のスキンシップってどれくらいするものなんでしょうか。。。? 

友達同士でもたまに、久しぶりの再開や、しばらくの別れの前などにさりげなくハグしてくれる人がいるのですが、実際。。。。 緊張します(/ω\*)

私はそういうのサラリとできるタイプではないし、自分からしたことはまず無いですね。 自分が日本人相手にできる最大級の心のこもった挨拶は、「がっちり握手」くらいかな?

フリーハグ、なんて海外ではじまったものを日本でも再現してやってみる若い人たちもいるようで、そういうことに関しては若い人の方が抵抗がないのかもしれませんね。


私も外国人とするのは抵抗ないですが、日本人同士というところにどうしても照れが出ちゃいます。

フランスではビズと言われるのですが、このほっぺにキスをする挨拶、実際には若い人同士の場合はほっぺたを合わせるだけで、口でチュッと音を出すだけです。

これが少し年配になってくると、マジでブチュッとほっぺたに唇をおしあててくれます(´▽`)

おじさんとのビズになると、ちょっとほっぺたに唾が付く程度に熱烈にしてくれたりします笑

でもフランスでは老若男女みんなビズをするもの、とだいたい決まっているので、初対面の人や自己紹介の時などにはみんなやるからすぐに慣れました。

日本人同士はお互いわかっているので、フランス人と日本人がどちらもいる集まりでもビズをするのはフランス人だけと決まっているんですが、これがインターナショナルな集まりだったときなんかに、中国人や韓国人と初対面でフランス語で自己紹介して、その流れだとそのままビズ。。。 あれ、でも私たちアジア人同士、普通しなくない??!!と、お互いちょっと考えて踏みとどまる、なんてこともあり、また、流れでもういいや!とビズしながら なんかおかしいなー。。。?? ということもありましたw 



そしてトルコですが、トルコは特にルールがないようなんです。これがやっかいなところです。

本当に相手と状況によってケースバイケースという感じです。

若い人、年配の人、男性、女性。。。。 え、するの?しないの?? という戸惑いが一瞬あって、慣れない私にとってはけっこう緊張の瞬間です笑


でもトルコ人って意外とシャイなので、こっちが戸惑っているのが伝わると、向こうもそれを読み取って、握手だけや会釈だけで済まされることもよくあります。


それでもお義母さんとのハグは特別。

会うたびに必ずしてくれます。

私もいつか子供ができたら、やっぱり日本人だからハグとかあんまりしないのか、そこだけはトルコ式で何歳になってもハグするのか、どんな感じになるのか想像つきませんね。。。

でも自分が親の立場だったら。。。 やっぱり子供が何歳になってもハグしてくれたらうれしいなぁ♥

そこはばっちりトルコ式で育てようかな。。。 とか、まだ出産の予定もないのに想像だけ膨らんでいます(*´∀`*)




[PR]
by araty2013 | 2015-10-13 19:08 | トルコ生活


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧