タグ:Serendib ( 54 ) タグの人気記事

久しぶりに、ケーキのお話。

久しぶりに、妹の更新です102.png

19,20日の2日間で開催された【フランスと世界の雑貨 Darun】さんのイベント、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました*^^*
今回も可愛いものたくさんでしたね♡
私も、花瓶とお皿、購入してしまいました111.png

お店のほうも、バタバタしてかなりお待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。

今月はイベントが2回あったのでにぎやかな日が続きましたが、今後しばらくは、のんびりとした店内になるかなーっと思います。
ゆっくりお話したり、読書などしながらお茶を楽しんでいただけるかと思いますので、ぜひくつろぎに来てくださいねー101.png


ところで、ブログでもお知らせしましたが、4月26日に、姉が無事、かわいいかわいい女の子を出産しました❤︎
「おめでとうございます」と直接言ってくださるお客様も多く、とてもうれしかったです♪
私は毎日写真を送ってもらいながら、「かわいいかわいいい」っていうだけですが出産秘話は、なかなか怖かったです105.png
出産ってほんとに大変なんだなぁと改めて思いました。
でも、それ以上にかわいいそうで、お姉ちゃんも義兄も、毎日デレデレしているそうです。笑
私も早く姪っ子に会いたいですが、なかなかトルコは遠いですね。。


さて、今日は先週からこっそり販売しているケーキ、ブラックフォレストのお話です。

a0327879_14370162.jpg

このケーキ、実はSerendib tearoomがオープンしてすぐのころに結構作ってました。
ドイツ語で、「シュバルツベルダーキルシュトルテ」というこのケーキは、私が個人的に大好きなケーキなんです。(名前もかっこよくて好きなんです)

私は昔、製菓の専門学校に通っていたのですが、実習の前に先生がケーキを作りながら工程とレシピの説明をして、そのあと先生が作ったケーキをみんなで食べます。
その時に初めてこのケーキを食べて、とても美味しくて感動しました。
これはサクランボのリキュールを贅沢に使用したケーキで、お酒が弱い人が食べるとちょっと酔っぱらうんじゃないかと思うくらいなのですが、甘酸っぱいサワーチェリーとチョコレートのスポンジと生クリーム、そしてリキュールの組み合わせが当時の私にはとても新鮮でした。

その時の思い出があるからか、いつまでたってもこのケーキは私の中で特別なケーキです。
でも、しばらく作っていなかったんですが、先日サワーチェリーの冷凍が売っているのを見かけて、どうしても作りたくなりました。
また、オープン当初のセレンディブによく来てくれていた方が以前、「私、実はあのブラックフォレストが一番好きなケーキでした」と言ってくださったので、その方はもうバンコクにはいらっしゃらないのですがいつかまた作ろうと思っていたんです。

学校で食べたケーキの味はもう今は忘れてしまったし、材料も手に入らないものがあったりで同じような味にはなっていないと思うのですが、お酒の入ったケーキが好きな方には、ぜひ食べてみてほしいなと思います☆



HUG&SMILEさんから、新しい商品が届きました!
天然石で作った猫ちゃんの置物です。
a0327879_14412942.jpg
好きな色で選ぶのもよいし、それぞれの石の持つ意味で選ぶのもおすすめです♪
ひとつひとつ、表情が違ったりするのでぜひお気に入りの子を見つけてくださいね*^^*

※HUG&SMILEさんの商品の売り上げはすべて寄付させていただいております。


以上、久しぶりのブログ更新でした!













[PR]
by araty2013 | 2018-06-21 15:34 | お菓子のおはなし

新年のご挨拶&ブログ再開しました!!

お正月も三ヶ日をすぎてしまいましたが、あけましておめでとうごございます!!
セレンディブは昨日、1月3日より通常営業を開始しております。

そして今年からまた気持ちも新たにブログを再開したいと思います!
理由の一つとしては、今回12月に開催したイベントで、「ブログ読んでますよ!」と言ってくださるお客様が予想外に多かったこと。
じつは、何度かのブログでコメントやイイネがついていなかったので、あれれ、誰も読んでいないのかな。。。と思ってモチベーションが下がっていたのです。。。
あとは、やっぱりトルコも住み始めてそろそろ3年目に突入しようとしていますし、最初のほうはいろんなことが新鮮で、トルコか大好き~♡ これもブログに書こう~♡ と思えていたのが、だんだんと、日本恋しい~。。。 タイ恋しい~。。。 に変わってきつつあり。。。笑

a0327879_18540792.jpg
これは何とか日本のお正月気分を味わいたい!ということで、元旦に作ったお雑煮です。
これからのブログには、こういったトルコで日本気分を味わうためにあれこれ工夫した話なども登場することになるかも。。。?!




そんなわけでトルコ生活もそろそろ3年目となり、じつは私事ですが、現在のところ順調いけば今年5月に女児を出産予定です!!178.png179.png173.png
なので、今回の12月のイベントはぎりぎり安定期に入ったところを「今しかない!」的に強行開催したのですが、たくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。

とりあえず無事出産するまではしばらく動けなくなりますし、子供が生まれてからの生活はまだ未知の世界ですので、次にはいつごろイベントができるかまったくの未定なのですが、そのぶん郵送などで送ってセレンディブ店頭での雑貨販売にもこれからは力を入れていきたいと考えています!
これから新しく入荷(出荷?!)予定の商品情報などもブログでどんどん紹介していけたらと思います!


それでは皆様、2018年もどうぞよろしくお願い致します!!

[PR]
by araty2013 | 2018-01-04 19:22 | あいさつ

ガズィアンテプ

前回は、アブラハムさん縁の地、シャンルウルファのお話でしたが、今回はそこからバスで1時間半ほどの所にあるグルメの町、ガズィアンテプというところのお話からです。

17時ごろウルファを出発して、19時には今夜の宿に到着!
a0327879_13543859.jpg
古い家をホテルにしたようなところで、お風呂とトイレは屋根裏部屋みたいなところにありました!(最初は楽しかったですが夜中のトイレとか、ちょっと面倒でした。105.png

a0327879_13543368.jpg
ホテルからの眺め。夏のトルコの日暮れは遅いんです

このホテル、ウグルさんが値切って当初よりもだいぶ安くしていただけました105.png
ちなみに、ウグルさんの地元のカイセリは値切りの上手な人が多くて有名だそうで、日本でいうと大阪みたいな感覚でしょうか。笑 


少しぶらぶらお店などを見た後、おなかがすいたのですぐにごはん!
a0327879_13541886.jpg
これはお姉ちゃんチョイスの、羊肉のシシケバブ。
a0327879_15321604.jpg
ウグルさんチョイス
ヨーグルトソースの上に、焼いた牛肉がのってます。

a0327879_13544895.jpg
これは私の。羊肉のグリルです
a0327879_14351624.jpg
そしてもちろん、パンと野菜は何も言わなくてもついてきます。パンがおいしい!
この、白い液体はアイランというヨーグルトドリンクです。こういう形で出てくるのは珍しいと思います(多分)
a0327879_14445990.jpg
食後のおやつと、チャイ111.png
このお菓子はバクラヴァというもので、うっすーーい生地を何層にも重ねた中に、たくさんのピスタチオが入っていて(地方によってはクルミ入りとかヘーゼルナッツ入りもあります)さらにバターとシロップをたっぷりとかけてあるお菓子で、想像の通りとても甘いのですが、とてもおいしいです113.png
この量をお姉ちゃんと二人で食べるのに、チャイを2杯飲んでしまいました。(もちろんそういう時はチャイは砂糖なしです!)

とくにこのガズィアンテプは、バクラヴァが有名だそうです。
確かに、どこで食べるよりもピスタチオがぎっしりで、ほんとにおいしい。

このレストラン、地元の人におすすめしてもらっただけあって、とてもおいしくて、お店のサービスもとてもよかったです!


ご飯を食べた後、まだ9時頃だったので、近くのカフェに。
a0327879_13540840.jpg
写真薄暗いですが、生バンドが入っていて、とても素敵な雰囲気のカフェ。
a0327879_15323439.jpg
チャイグラスもとてもかわいい!この上の部分に角砂糖が入っています

私もトルコではチャイだけ飲むときは大体角砂糖を2個いれます。もちろんトルコの人もです。
そして、そんなチャイを、ウグルさんのお父さんは1日20杯ほど飲むのだとか。。
a0327879_14553790.jpg
こちらはトルココーヒー。
トルコのコーヒーはお湯に超極細引きの粉を直接入れて煮だし、濾さずにカップに入れるので、飲んでいると最後に豆が残ります。
ザラっとするのでこしてほしいなぁーって思うのですが味はおいしいです。

ちなみに、トルコはイスラム教徒がとても多いのですが、土地によって敬虔さは違うらしく、イスタンブールなんかはわりと軽いそうで、(もちろん個人差はあります)レストランでもお酒を出してたりするのですが、このガズイアンテプはレストランでも、こういう生バンドが入っているカフェでもお酒は置いていません。

えーーーー、、そんなぁ!
シシケバブ食べながらビールでしょう!!??って思いますよね?(ね?)

私も外で食事するときはちょっとビール飲みたいなぁ、って思うのですが、でもなかったらないで、案外、全然平気です。
そして、そんなわけで夜遅くでも酔っ払いがいないんですね!
そして、私たちがこのカフェで23時頃までぼーーっとくつろいでいたのですが、そんな時間から、お父さんお母さんと、まだ小学校低学年くらいの子や、もっと小さい子供まで一緒に来ておとなしく座って音楽を聴いていたりします。
そして、お酒も飲んでいないけど楽しくなって踊りだす人なんかもいて、すごく素敵な夜でした110.png

外に酔っ払いもいないし、もし変質者なんかいても周りの人たちがきっと助けてくれるようなところなので、子供たちだけで外で遊んでいたりもします。
平和だなーーーーと、とても幸せな気持ちでした112.png




次の日は、朝9時くらいからお姉ちゃんとホテルの近くを散策。
a0327879_15165422.jpg
トルコって猫がとても多いんですよ。

a0327879_15170424.jpg
求愛(?)中のハト

a0327879_15172010.jpg
トルコの人は夜も朝も遅いんですね。お店なんかはまだ全然空いていません。
a0327879_15324287.jpg
職人さんの仕事風景を撮らせていただきました!
a0327879_15325656.jpg
ガズィアンテプは銅製品の有名な街なんです。
a0327879_15330363.jpg
こちらはコーヒー鍋。炭の上に置いて沸かすんですね!

a0327879_15224675.jpg
10時頃にはお店も開き始めます!この白いものはチーズだそうです。

11時ごろホテルを出て、まずは朝ごはん!
お目当てのお店があったのですが、あいにくこの日は日曜日だったため、お昼で閉まるとのことで、メニューはスープのみ。
a0327879_15330993.jpg
こちら、ガズィアンテプ名物のスープだそうで、お肉とお米のスープです。
朝ごはん(お昼ごはん?)にぴったりの、とてもおいしいスープでした!
メニューがスープだけしかないのにお店はひっきりなしにお客さんが来ていました。
このスープ皿も銅製品だそうで、トルコではよく使われています。
私も自分用に買ってきました110.png


この日は19時のバスでカイセリに戻ることになっていたので、さて、それまでどうしようかなーーーってことで、ゼウグマ・モザイク博物館に行くことに。
ほんとは、世界第4位の規模を誇る動物園に行きたかったのですが、、動物園に行ったらきっと時間がかかりすぎるなぁということで。。

でも、このモザイク博物館、トルコ政府もかなり力を入れて建設したものらしいです。
しかし、歴史とかにあまり興味がなく、知識もないのでものすごくはしょった紹介をします。笑
a0327879_16050401.jpg
絵のように見えるのは全部モザイク画です!見れば見るほど気が遠くなる作業だと思うのですが、だれがこんな手法を思いついたのでしょう。。。

この柱や壁は、古代遺跡の配置の通りに並べているのだとか。(なんの遺跡かはわかりません。。汗)
a0327879_16052093.jpg
これも、この絵だけとても慎重に扱われてたのですが、その理由が最後までよくわからず。笑
でも、のんびりできて涼めたので良かったです102.png

ここで4時ごろまでお茶したりのんびりしたあと、また中心地のほうに戻ってお買い物&ごはん&お茶111.png
a0327879_15332497.jpg
このように銅製品のお店がずらっと並んでいます。お土産ものっぽいですが普段からトルコの人たちが使ってるものばかりです。



私たちが宿泊したエリアはどうやらケバブが有名らしく、ケバブ以外のレストランがあまりありませんでした105.png
a0327879_17200488.jpg
これは羊のお肉です。
a0327879_17193262.jpg
付け合わせの野菜がもりだくさん❤︎女性にはとてもうれしい。
a0327879_17373318.jpg
ご飯を食べてるすぐ横の木で、いちぢくを摘むおじさん

a0327879_17194022.jpg
暑いんですが、ほんとに気持ちの良いところでした。左はお城跡。

a0327879_13544405.jpg
食後のデザート&お土産のバクラヴァ
とある小さなお店のものでしたが、今回食べた中で一番おいしかったバクラヴァ屋さん!!

そして、バスでカイセリへ向けて帰ります。あぁ、楽しかった。。。
a0327879_17212580.jpg
トルコはバス大国。バスがとても充実してます

さよならガズィアンテプ!!
とても素敵なところだったので、次回はもっとゆっくり遊びにきたいなーと思います!















[PR]
by araty2013 | 2017-08-28 18:09 | 旅行

コロンヤの話

先週開催したトルコ雑貨の販売イベントでは、お天気も悪い中たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました!!


トルコ雑貨は引き続き、通常通り1階の雑貨売り場にて販売中ですので、お気軽に覗きに来てみてくださいね♪

a0327879_14242174.jpg


さて、今回のイベントで初めて登場したコロンヤですが、
「これはいったい。。。??」とご質問いただく回数もけっこう多かったので、いまさらですが改めてご紹介いたします。



「コロンヤ」とは。。。

トルコではどこの家庭にもかならず一本はある、トルコ生活には欠かせないアイテムなんです!

a0327879_14235856.jpg


用途はといいますと、アルコール消毒とデオドラントが一緒になったようなもので、リフレッシュやおもてなしとして使われます。


特にバイラム(お正月やお盆のような大きな祝日)などで親戚の家に挨拶に行くと、まず最初にキャンディの入ったバスケットを出され、その中から好きなキャンディを選び、そのあと手にコロンヤをかけてくれます。

トルコではけっこう「え、そんなに?!」と思うほど多めにパシャパシャとかけてくれるので、それを両手でこすり合わせて首筋や髪の毛にもつけてリフレッシュします。


各家庭で色んな香りのコロンヤがあるので、〇〇さん家のコロンヤは良い香りだったなー、なんてセンスもけっこう問われるのです。


外で見かける大衆的なコロンヤの使い方は、レストランなどでお会計の後にレジの人が手にかけてくれることがあります。
それから公衆トイレの出入り口にも置いてありますし、バスの長旅で添乗員さんが乗客の手にかけて回ってくれたりします。

セレンディブでも雑貨売り場にテスターがありますので、ぜひお気軽にお試しください!


今回は4つの香りを揃えていましたが、イベントで2種類は売り切れましたので、残りユリの香りとイチジクの香りの2種類を販売中です。


ご家庭でお使いになられる場合は、玄関先に置いて、お出かけ前や外出先から帰られた時のリフレッシュに。また、お手洗いに置いておかれて、手を洗った後のアルコール消毒とフレグランスとして。
また、スプレーボトルに少量入れ替えて、枕やソファにかけていただいてルームフレグランスのようにお使いいただくこともできます。


トルコでは定番アイテムのコロンヤ、暑くて汗もかきやすいバンコクでもけっこうお役立ちアイテムになるかもしれません☆

[PR]
by araty2013 | 2017-05-17 14:37 | トルコ生活

久しぶりのブログです。

久しぶりに妹が更新しますーー101.png

今日は3月31日、明日からは4月ですねぇ。
年が明けてからもう、3か月も過ぎたんですね!あっという間です。

さて、3月4月と言えば、本帰国の方やスライドの方が多い季節。。。145.png
私の周りでも、長年バンコクにいた人が帰るというパターンが多く、とても寂しいです。
特に今年、多い気がします。
お客様からも、「本帰国になりました」とか、「スライドで他の国に。。」というお話を結構聞きます。
その報告を聞くたびに、とてもさみしい気持ちになります。
でも、引っ越し準備で忙しい中、わざわざお店に来ていただいて
「いつも美味しいものを、ありがとうございました」と、言ってくださる方なんかもいて、そんなときは、ほんとにお店やっていてよかったなぁと思います。
バンコクでの思い出の一部になれていたらいいなぁ110.png

そして、3月4月は、お店がとても静かになります。
本帰国や、お子様の学校のお休みなどで日本に帰る方も増える時期なので毎年の事です。
最初の年は慌てたりもしましたが、3年目ともなると、もう慣れて今ではこの暇な時期にできることを、、、ということで久しぶりにブログも書いてみようと思い立った次第です。

ケーキも、もうそろそろマンゴーの出回る時期なので、新しいマンゴーを使ったケーキを試作しました。
a0327879_16043420.jpg
マンゴーのレアチーズケーキです。マスカルポーネなどを使ったあっさりタイプのレアチーズケーキに、マンゴーの果肉をたっぷりと混ぜ込んでいます!

他にも、ショートケーキやタルトにして、お店に並ぶ予定です♪
しばらくはナムドッグマイ種を使用する予定ですが、時期によって出回る種類も違うので、その時においしいマンゴーで作ってみようと思います。

ところで、ここ1週間ほど、お店の前の菩提樹の落ち葉がものすごいです。
朝はいても、数時間するとこんな感じです。
a0327879_15493998.jpg
ちょっと風が吹くと、大量に黄色い葉が舞い落ちてきます。お店の中から見てるとまるで秋の様子ですが、実際は暑いですね、毎日。。。

スタッフがせっせとはいてくれてますが、追いつかないほどの落ち葉。。でもそれも今週いっぱいかな、って思います!
というのも。
a0327879_15463911.jpg
木がすっかり禿げました。笑
 上のほうはほとんど葉がありません。
そして、今はほぼきれいな緑色の葉っぱだけになってきています♪

この木はタイではお寺などに植えられているありがたい木だそうで、お店を始めるときに大家さんから、
「絶対切らないで」
と言われています。(そうそう切れるものではないですよね。)
もちろん私たちも、守り木として毎日お供え物をして大切にしています。
だいたいシュークリームとお茶をお供えするのですが、1時間もしない間に、鳩を筆頭に、何種類かの鳥や、たまに猫が食べてあっという間になくなります。
たまに、鳩がお供え前から、近くで待っているときもあります。110.png
そんな風に大事にされている菩提樹さん、どんどん大きくなっております。
まだまだ伸びるのでしょうか。。。?


ちなみに、前にfacebookでお知らせしたオーブンの故障ですが、結局修理が難しいということで、まったく同じタイプのものを新しく購入しました。
a0327879_15490909.jpg
ほぼ一緒ですが、ステッカーのおじさんの絵が変わりました。
でも、まったく同じ仕様のものでも、オーブンによってクセがあり、焼き上がりなどが結構違います!
そのクセに慣れるまでに3日ほどかかりました。。

でも、その話を雑誌編集をしている子に話すと、コピー機なども、同じ機種でも刷り上がりが全然違ったりするよーー、と言ってました。
それはそれで、生き物のようでなんだか愛着わいてきますよね。
というわけで、新オーブンさんもよろしくお願いします!

もうすぐソンクランですね!ソンクラン休みも、また近々facebookのほうでお知らせいたします♪







[PR]
by araty2013 | 2017-03-31 15:03 | お店にまつわる色々

タイ人の友達の話

またちょっとトルコと関係のない話が続きます。


今年に入って突然、私個人のインスタグラムをフォローしてきた人がいて、名前に見覚えがあったのでもしかして。。。
と開いて見たら、約10年ぶりの懐かしい友人でした。

タイの大学に留学していたころ、数少ないタイ人の友達の中で一番仲良くしていたMちゃんでした。(イニシャルトークのMさんではなく、本当にニックネームがエムだったという、タイ人あるあるです(*^-^*)



私が通っていたのは私立の大学で、タイ人の学生はわりとお金持ちのボンボン&お嬢様が多かったのですが、そんな中でもわたしとMちゃんが一緒に勉強していたフランス語学科は、お上品な家柄の生徒が特に多かった気がします。

そんなお嬢様が多い中でMちゃんの家は、裕福は裕福でも家業が高利貸しという、ちょっとお上品なお嬢様の家柄とはかけ離れたところがありました。
でもそのぶん、陽気で楽しい性格で私とは気が合いました。


仲良くなって間もないころに、

「私の鼻、これ整形なんだけど、どう?」と、突然カミングアウトされ、

「え、でもすごい自然な感じ。言われないと整形ってわからないね!」

「そうでしょ?シリコンなんだけど、うちのお母さんが若いころにやった時にはまだ技術が進歩してなくてロボットみたいな鼻になっちゃってんのよ。私のはこれ最新だからうまく出来てるんだ^^」

と、言わなければバレない整形を告白してくるようなオープンな性格でした。


そしてこっそりと、

「〇〇ちゃん、毎日高級車で送り迎えがあって、運転手を一日中駐車場で待たせてるんだけど、このあいだ帰りに一緒に乗っていく?って誘われてさ。で、乗ってみたら運転手さんにすごい偉そうにしてたよ。あれはとんでもない奴だよ。。。」とクラスメイトの噂話をしたり、

「〇〇ちゃん彼氏にフラれたらしいんだけど、理由がデートの洋服選びに毎回1時間彼氏を玄関で待たせてたからなんだって。それでフラれてヤケ酒しちゃったーって大きな声で言ってたけど、お嬢様が飲めない酒飲んでんじゃねぇよ。ケッ!」と悪態をついたりw

クラスの中で私とだけはそんな話をしていたので、どうやら「仲間」という認識だったようです^^


しかし、そんなMちゃん、私にも100%心を許しているわけではなかったかもしれません。
なぜなら、エリート警察官の卵だった彼氏を日本人の女の人に盗られたらしいのです。その経験から日本人の女の人に良いイメージを持っていなかったようでした。


日本人の女の子には恨みがあるんだけど、あんたは悪い子じゃなさそうね、ということで仲良くしてくれていて、それから1年くらいたって失恋の傷も癒えた頃、また新たにエリート警察官の彼氏ができました。


Mちゃんはエリート警官にこだわりがありました。

両親は離婚していましたが、お父さんがもともと高利貸し、そして離婚後はお母さんも自分で会社を立ち上げてこれまた高利貸し。
すると商売柄なにかと物騒なこともあるようで、Mちゃん曰く「身内に警察官がいたらタイでは無敵」ということでしたw


そんなわけでどうしても警察士官学校の学生や、または卒業生を狙って彼氏を探していて、新しい彼氏ができた際は、照れ隠しもあったと思うのですが、「別にかっこよくはないんだけどさ、でも警察官だからいいんだ!」と言っていました。


時が過ぎて私たちは無事卒業し、私は日本で就職しました。
その頃はまだ時々、当時タイで人気だったSNS上でやりとりしていました。(今ではすっかり廃れてしまったhi5というSNSです。懐かしい。。。)

そして大学卒業から1年くらい経ったころ、ついに念願の警察官の彼氏との結婚話が決まり、私も結婚式に招待してくれたのですが仕事もあったので残念ながら行けず、あとから写真だけ見せてもらいました。
タイにありがちなコテコテのメイクと盛り盛りの髪形でウェディングドレスを着た、幸せそうな姿の写真で、旦那さんもとても優しそうな人でした。



それからまた一年半くらい経った頃でしょうか。
久しぶりに連絡が来て、今オーストラリアに住んでいるという話でした。


じつは、旦那さんが麻薬捜査中に犯人に撃たれて殉職してしまうという悲劇に見舞われたのです。
まだ28歳という若さでした。


そうとうショックだったでしょうが、もともと明るい性格だったMちゃんは、旦那さんとの思い出が多すぎるタイを離れてしばらくオーストラリアに住むことにしたのだそうです。


それ以来お互い連絡することが減って、そのままずっと疎遠になって10年近くが経ちました。


そして久しぶりにインスタグラムでつながって、最近はどうしているのか写真を見てみたら、
どういうわけだか、バマコでタイ料理レストランを経営する女社長になっていました。。。!


ところでタイではご存知の通り、大学にも制服があり、大学生と言ってもまるで日本の高校生のように幼い雰囲気の子が多いですよね。
なので、学生時代は特にお化粧もせず毎日制服を来て通学していた学生たちが就職するとだんだんお洒落になってお化粧も髪形もばっちりきめてどんどん綺麗になっていくのですが、Mちゃんもすっかり見違えるようなきれいなお姉さんになっていました。(でも学生の頃にやった鼻以外はいじっていないようでしたw)


ばっちりお洒落にきめて、自分の店の従業員の黒人男性に囲まれてポーズを決めている写真を見て、すっかり元気になってばりばりやってるんだなーと思わず私もにやけてしまいました。


そしてとっても美形な甥っ子・姪っ子と一緒に写っている写真が何枚もあって、あーそう言えばMちゃんは警察官狙いだったけど、お姉ちゃんはファラン狙いなんだーってよく言ってたなー、と思い出しました。

そして不自然な鼻のお母さんとの写真もありました。笑


バマコってどこだっけ。。。?フランス語圏だったかなぁ?もし行く機会があれば(なかなか無さそうだけど。。。)ぜひ、会いに行ってみたいなーと思ったのでした。



a0327879_07581128.jpg

突然関係ないですが、最近のカイセリです。
雪が降った時は寒くなかったのですが、止んでから雪が残って道路が凍っている時が一番寒く感じます。
でも今年は去年に比べて雪が少ないです。


a0327879_07574853.jpg

そして義母が作ったトルコのポテトサラダが美味しかったので、うちでも作ってみようと思いました。
茹でたジャガイモに刻んだネギとパセリを混ぜて、パプリカパウダーとレモンと塩、オリーブオイルだけで味付けしたとってもシンプルなサラダです。

トルコ料理って意外とシンプルなものが多いんです。
それに比べるとタイ料理ってハーブやスパイスがたっぷり入っていて、味付けも辛かったり甘かったり酸っぱかったり、ほんとうにバリエーション豊かですよね。
基本味付けは塩だけというシンプルなトルコ料理が好きな夫は、タイに来て初めてパクチーを食べて悶絶していました。。。
私は大好きなんだけどなー。。。
一度食べてしまって以来、パクチー恐怖症になっていました。残念。

食の好みが全く合わない夫婦ですが、なんとか仲良くやっています023.gif








[PR]
by araty2013 | 2017-01-23 14:54 | タイ生活

たまには紅茶の話を ~アールグレイについて~

今年もまたアンカラ大使館主催の新年祝賀会の招待メールが届いていましたが、
メールの中に、去年はなかった一文が!
     
   「当日の服装は、セミカジュアル(男性はノーネクタイ、ジャケット着用)とさせていただいております」


これは。。。あきらかに。。。。
去年場違いな格好で参加して完全に浮いてしまって可哀そうなことになっていた二人を思い出した大使館員さんの心遣いだろうなぁ。。。
  


さて、前回も少し触れましたが、12月半ばに弾丸でスリランカに行ってきました。
目的はもちろん、紅茶の仕入れ。(雑貨も少し仕入れましたよ♪)

a0327879_15323495.jpg
スリランカの茶畑の写真。今回のものではありませんが。。。


今回のスリランカの写真は一枚もありません。。。。
なぜなら、着いた初日の空港で携帯電話を盗まれてしまうという惨事にあってしまいました...007.gif

ま、そのはなしは置いといて。



新しく仕入れてきた茶葉は、従来よりも各産地の特色を楽しんでいただけると思います。
今回は仕入れ先を今までとは別のところにしてみました。

まだ、準備がととのっていないのでお店では出しておりませんが、今月中か来月には、みなさんに飲んでいただけると思います♪


バンコクではじめてのセイロンティー専門店、コーヒー大人気のこの地で美味しい紅茶が飲めるお店
ゆったりとした静かな空間で紅茶を楽しんでいただけるお店。。。
そういう店を目指して3年以上やってきましたが、現実としては、ケーキ屋さんのイメージが強いみたいで。
最初は私たちも、あれれ。。。?と思っていましたが、ケーキを喜んで下さるお客様が思った以上にたくさんいて、
そのうち私達も、うちらはケーキ屋さん。。。。。?というメンタルになってきて、
そして紅茶メニューもオープン当初のまま、品切れもちらほら目立つようになってきて。。。

いかん、このままではいかん!!と、今回、メニューをもう少しわかりやすく、紅茶をもっと楽しんでいただきやすいように
日本語の説明も付け加えました。



ということで、紅茶専門店らしく、たまには紅茶の話をしたいと思います。

まずは人気のアールグレイについてです。


よくお客様から、「おすすめの紅茶はなんですか?」と聞かれるのことがあるのですが、
お客様の好みを絞るために、「フレーバーティーはお好きですか?」とこちらから聞くことがあります。

すると、「いえ、フレーバーとかついていないほうがいいです、アールグレイのような、普通の紅茶がいいです」
とおっしゃられる方がけっこう多いんです。


たしかに。。。
アールグレイといえば誰でも知っている人気の紅茶。
ティーバッグの詰め合わせなどでも、ダージリン、アッサム、イングリッシュ・ブレックファースト、などと同じ並びでアールグレイも入っていますから、仲間のように見えてしまいますが、実は違うんです!

紅茶好きの人ならきっとご存知かと思いますが、アールグレイはフレーバーティーの元祖。
世界で一番たくさん飲まれているフレーバーティーといっても過言ではないでしょう。
アップルティーのようにわかりやすい名前だったらフレーバーティーだとすぐわかるのですが、アールグレイって。。。なんの香り??紅茶以外で聞いたことないんだけど。。。?
と、思われる方も多いと思います。


そこで今日は、アールグレイの歴史をちょっとご紹介しますね。


まず、このアールグレイという名前ですが、Earl とは、主に英国で使われていた称号で、日本語では「伯爵」にあたります。
なので、Earl Grey とは、グレイ伯爵 という意味になります。
そのグレイ伯爵が大変好んで作らせたことで、そのままグレイ伯爵の名を取ってEarl Greyと名づけられました。

そのフレーバーは、ベルガモットの果皮からとれる精油で香りづけされていました。


もとはグレイ伯爵が、ある中国茶を飲んで大変気に入り、それが中国でしか手に入らない素材で香りづけをしたフレーバーティーだったので、ヨーロッパでみつかる素材でそれに近いものを作るために、シチリア島で採れるベルガモットを使用したのが始まりだそうです。
これが美味しいと評判になり、今では世界中で愛される紅茶になりました。


ちなみに最初にグレイ伯爵が大変気に入ったという中国からのフレーバーティーは、「ラプサンスーチョン」であったという記述もあるようですが、真相はわかっていません。
ラプサンスーチョン、うちでは扱っていませんが、スモーキーフレーバーと言われる、松の葉を燃やした煙で燻して香りづけしてある、大変独特な風味を持つお茶です。
好き嫌いが別れる味かもしれませんが、私は昔いちど飲んでけっこう好きだった記憶があります。
また改めて飲んでみたいなと思いますが、あんまり見かけないんですよね。。。


セレンディブでも人気のアールグレイですが、今回ちょっと仕入れ先を変えて、これまでのものよりもさらに香り高いアールグレイになっています。
メニューなどの準備が整いましたら販売を開始していきますので、どうぞお楽しみに^^

[PR]
by araty2013 | 2017-01-17 22:22 | お店にまつわる色々

遅ればせながら。。。

1月も10日を過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます!
本年もSerendibと、こちらのブログともども宜しくお願い致します。




さてさて、今回は12月はじめにバンコクに到着、5日からトルコ雑貨のイベント、続いてヨーロッパアンティーク雑貨のイベントという1週間のイベントウィークを開催、その後は弾丸でスリランカに紅茶を仕入れに行き、その次の週は怒涛のクリスマスケーキという、なかなかハードな1ヶ月でしたが、そのぶん28日からはお休みをいただき、のんびりお正月を3日まで過ごしてからトルコに戻ってまいりました。


みなさまはどんな年末・年始を過ごされましたか?


ところで、最近トンローのCenter pointホテル内に新しくできた温泉施設、気になっていたところ友人から割引優待券をいただいたので、さっそく元旦に初風呂だ~♪と、妹とふたりで行ってまいりました。


中は広くて清潔で、お風呂の温度もちょうどよい感じに熱めで、そしてサウナがスチームとドライと2種類あったのがうれしかったです。

そして何といっても、岩盤浴があるというのが一番の楽しみでした。

さすがにホテル内の施設なのでそこまで広いわけではなく、岩盤浴の部屋は男女兼用の一室のみでしたが、ひさしぶりの岩盤浴を楽しみにしていたので一通りお風呂を楽しんだ後にいざ。。。


薄暗い中、人もそんなに多くなくて良かったー、とふたりで入って行き、タオルマットを広げてくつろごうと思っていたら。。。。



ぐごぉぉぉーーーーーーーーーーー
ぐがががががーーーーーーーー


と、すさまじいイビキが。。。


"(-""-)"


せっかくリラックスしにきたのになー。。。
ま、気持ち良くなって寝ちゃうのはしょうがないけど、イビキなー。。。
ちょっと起きてほしいなー。。。


と思いながら15分ほど我慢しましたがイビキは止まず、ちょうどこちらも汗をかいてきた頃だったので出ることにしました。


それからラウンジに出て飲み物を飲んだりしてクールダウン。3~40分は経っていたと思います。

そこで、もういちど岩盤浴、行ってみようか。このままだと不完全燃焼すぎる。。。

ということでもう一度行ってみると、なんと。。。まだまだ響き渡る大イビキ。


うるさいなぁと言う気持ちと、この人ここに何十分いるんだろう。。。?という心配の気持ちも出てきました。
一応岩盤浴の利用法として、仰向け10分~15分、うつ伏せ10分くらいを目安にと書いてありますし、長時間汗をぐっしょりかいたまま熟睡してしまっていたら、脱水症状になったりして危ない可能性もあるのでは??と。

そこで、救済の気持ち半分、通報の気持ち半分でスタッフに「岩盤浴で長時間眠り込んでしまっている人がいますが大丈夫ですか」と声をかけたところ、スタッフが起こしに行くまでもなく何か気配を感じたのかイビキさんは急に起き上がりスタスタと退出してしまいました。


そして私たちは平和に岩盤浴、サウナ、温泉を楽しんでから家に帰りました。


その二日後に私はトルコに向けて帰国。
バンコクを出る時はぜんぜん平気だったのですが、途中乗り継ぎのドーハ空港に降り立った時に、なんだかぞくっと悪寒がして、
体の節々が痛い。どうやら風邪をひいたらしい。

長旅を終えて無事カイセリについて妹に連絡をしたところ、なんと妹も風邪をひいており、ふたりとも全く同じ症状でした。
ということは。。。同じところで同じ風邪の菌をもらったな、ということになり。
ふつう、菌をもらってから2~3日は潜伏期間があり、それから症状が出ると言います。
と考えると、思い当たるのは1月1日。その日は朝から家でお節やお雑煮を食べてのんびりし、外出はお風呂のみ!


。。。
決めつけはよくないけど、かなりの確率でイビキさんから風邪をもらったような気がする。。。
そして、その風邪は今、ここトルコのカイセリで夫に引き継がれています!


でもバンコクで一番やりたいこと、湯船につかることだったので後悔なしです。
寒いトルコにいると湯船が恋しくなります。


***


もうひとつ大事なことを書いておきます。

心配して声をかけてくださった方もいましたが、ついに12月、カイセリでも爆弾テロがおきました。
カイセリはずっと大丈夫だと言われていましたが、ついに来たかー。。。という感じです。
さらに次の予告もあるというような話ですが、その辺の情報は随時、夫の軍関係の知り合いから入ってくるのが幸いです。

前回、夫と二人でバンコクに到着してすぐに例のクーデター事件が起こり、
今回は私一人でバンコクに来てすぐにカイセリでの爆破事件、というふうに、バンコクにくると何かが起きる気がします。
まぁ、ただの偶然なんですが。


そして、カイセリで爆発が起きた直後に、夫の携帯に日本大使館から電話が来たそうです。
私の在留届の緊急連絡先が夫の番号になっていたからだと思いますが。

はじめは日本語で、夫が日本語がわからないと知るとトルコ語で、私の安否を確認してきたそうです。

夫「妻は今トルコを離れていて、カイセリにいませんので大丈夫ですよ。巻き込まれたりしていません。」

大使館員「そうですか。無事を確認できてよかったです。」

 「。。。。」

夫「あの。。。わたしは一応カイセリにおりますが、無事ですよ^^;」

大使館員「あ、そ、そうですね!いやー、無事で何よりです^^;」


・・・というやりとりがあったそうです笑


「なんか、いいねー、お前は心配してもらえて」と言われましたw


どっちみ寒くてあんまり外に出たくない季節なので、ずっと家に居ればまぁ、安全でしょう。


そしてゆっくりとバンコクでの一ヶ月や、弾丸で行ってきたスリランカのことなども振り返って、またブログに少しずつ書いていけたらと思います♪




[PR]
by araty2013 | 2017-01-10 22:27 | あいさつ

2日間のイベント、ありがとうございました。

先週の金、土の2日間のDarunさんのイベント、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました!
いつも、私もとっても楽しみなイベントで、毎回必ずビビっとくるものに出合います。
不思議なもので、昔はアンティークというものには全く興味がなかったのですが、いつもDarunさんのイベントで眺めているうちにだんだんと興味がわいてきて、今では少しづつですが、アンティークのお皿やカップなんかを集めるようになりました。
私はもともと食器類が好きなので、ついついお皿なんかに目がいくのですが(食いしん坊だからでしょうか)花瓶も人気の商品だそうで、みなさんお家でお花飾ったりするんだなーーー、素敵だなーーー、なんて思ってしまう、花より団子派の私です。
いつか、お部屋にお花を飾れるような女性になりたいものです。。012.gif

Serendib からイベント限定で販売していた栗のパイとリンゴのパイ、キッシュも、おかげ様で完売いたしました!
パイに使った栗は、先日、ソイ39にあるPardenさんの栗のパフェを食べに行ったときに(とってもおいしかったです053.gif
生栗も売っていたので2キロほど購入してきて、煮たものです。
a0327879_16250391.jpg
お湯につけてしばらく置いておくと皮が剝きやすくなるそうです。


栗の何が大変って、皮むきですよね。。

ということで、大変な皮むきはスタッフにお願いして(笑)お店用の栗を少し拝借して自分用に栗ご飯を作りました011.gif
実家の栗ご飯は、シンプルに栗だけしか入ってなくて、味付けもお塩とお酒を少し入れるだけのものでしたが、それがとても大好きでした。
今回の栗は、中国のものだそうで日本の栗とは少し違うのですが、それでも栗の香りと甘みがちゃんとあって、おいしかったです。

お店用は、すべて甘露煮にして今回のパイに使ったのですが、まだ少し甘露煮が残っているので、今後また別のお菓子にして販売したいと思います♪どうぞ、お楽しみに~~*^^*

ところで、パイ作りってとっても大変って知っていました?
行程はそれほど難しくないのですが、とにかく綿棒でパイ生地を伸ばすのが大変なんです。
バターが溶けないうちに伸ばしてしまわないといけないので、もちろんバターは固いし、それを包んでいる小麦粉ベースの生地もかたくて、伸ばしてるだけで筋肉痛になりました(笑)普段の運動不足がばれてしまいますね。笑
(毎日パイ生地を作ってると、痩せたりして!?)
大きなお店などは、だいたい機械で伸ばしているところが多いのではないかと思います。
そして、生地を作るのに、2日ほどかかります。
なので、本当はパイを使ったお菓子は個人的には大好きなので、もっと販売したいなぁと思うのですが、なかなか私一人ではそこまでできず。。。
でもまた、12月のイベントの時には作ってみたいなぁと思っています!(トルコから手伝いに来てくれるお姉ちゃんもいることですし!?)

そして、来月、11月からは栗のモンブランが登場します。
こちらは日本から運んでくるペーストを使用しますので、多分、11月と12月限定の商品になると思いますので、モンブラン好きの方は、ぜひ!

a0327879_17180187.jpg

販売開始の際は、またfacebookのほうでお知らせいたします。どうぞお楽しみに~~!




[PR]
by araty2013 | 2016-10-24 17:42 | お菓子のおはなし

ラスト3日のバンコク。。。

約1か月のバンコク滞在も残すところ、今日を入れてあと3日となりました。

今回は初めてのトルコ雑貨単独で販売イベントをしたことや、夫婦ではじめて一緒にタイに来て、妹のいないセレンディブをなんとかお留守番したこと、そして同じ月に開催されたDarunさんのイベントでかわいいアンティーク雑貨をゲットしたこと、などなどたくさんの楽しい思い出ができました。

またプライベートでは初めてのカオヤイ2泊3日旅行に行きました。

a0327879_18373204.jpg
ビーチも良いなと思ったんですが、自然に触れあいたいという夫の希望でカオヤイに行き、宿泊はテント風のホテルにしました。
テントとは言っても、中にはホテル並みの設備が完備されていて、ロビーもきれいだしレストランもあって食事は良心的な値段で美味しかったです。


お目当ては国立公園のジャングル探検!
ツアーガイド付きのトレッキングツアーなどもあったのですが、自分たちで好きに回りたいということで、バイクをレンタルして回ることに。

a0327879_18375648.jpg
入ってけっこうすぐにお猿さんに遭遇!

a0327879_18374585.jpg
鹿?みたいなのもいました。
でも群れからはぐれた人懐こいのがちらほらいるだけで、大自然の営みを垣間見るというような経験はできなかったです。。。。


a0327879_18382873.jpg
でもジャングル探検の雰囲気は満点!

a0327879_18481421.jpg
なんか珍しい木の前で記念撮影


でもジャングルの中で野生の動物を見かけることは無く、やっぱりガイドなしだと出会えないものなのかしら。。。と諦めかけていたところ、

a0327879_18592824.jpg
なんと!念願の野生の象さんと遭遇!!

うれしい反面、突然道路わきに象がいるとけっこう怖いw
しかも私は最近カオヤイで撮影された、怒った象が観光客の車を踏み潰すという映像をネットでみたばかりだったので急にドキドキ。。。

その時は私が交代してバイクの運転をしていたんですが、横を通り過ぎるときちょっと怖くてスピードをあげてしまいました。
するとびっくりしたのか、象さんが一声

パオンッ!

あ。。。象さんビックリさせてごめんね。。。

そして夫には、せっかく象の近くを通るチャンスだったのになんで急いで行き過ぎちゃうんだよ!!と怒られ。。。


僕が運転する!と夫に替わり、ゆっくりと象さんのあとをついていきました。
a0327879_18482938.jpg

私も野生の象は初めてでしたが、夫は本物の象を見るのが初めてだったようでとても喜んでいました。


しかし、このあと雨が降り出し。。。

私に任せて!と運転したんですが、坂道の急カーブでツルッと横転してしまい。。。007.gif
幸いスピードは出ていなかったので大したケガはしませんでしたが、二人とも一気にテンションが下がってしまい、翌日バンコクに帰るまでなんとなーく憂鬱に過ごすことになったのでした。。。


そしてバンコクに帰り、擦り傷がかさぶたに替わり始める頃、お楽しみのDarunさんのアンティーク雑貨が到着♪

トルコ雑貨に引き続き、こちらも大好評で人気商品がどんどん売れていきました。
私もかわいい鍋敷きと水差しをゲット♪


a0327879_18483824.jpg
イベント会場のセッティングを見守るねねちゃん053.gif

Darunさんとのイベントは定期的に行われているので慣れているのか、「あ、またなんかやってる!」といった感じでしょうか。

そして毎回、夜の間に侵入して落として割ったりしてしまうのじゃないかとドキドキなんですが、これがなかなか、わかっているんでしょうか、未だに無事故です^^


今回はトルコ雑貨のイベントも初めて大々的にやらせていただいて、「次回はいつですか?」という嬉しいお声もたくさんいただきました。

トルコとタイと、遠く離れていますがやっぱりタイに帰ってくるとなんだかホッとします。
次は年末に帰ってくる予定です。
その時にはまたたくさんかわいい雑貨を持ってこれるといいなー☆



[PR]
by araty2013 | 2016-07-28 19:31 | お店にまつわる色々


Sukhumvit soi 23にあるSerendib Tearoomのオーナー姉妹のブログです!ときどき姉が、ときどき妹が、日々の生活やお店のことをチョコチョコと書いていきます。


by Serendib

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
あいさつ
お店にまつわる色々
お菓子のおはなし
タイ生活
雑貨
スリランカ
トルコ生活
手作り
告知
バンコク情報
トルコの病院
トルコの食
洋裁
トルコの事件
トルコ子育て
出産
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

フォロー中のブログ

hirono日記
かわいい暮らしに寄り添う...
旅するマルシェ バンコク...

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
ローマ帝国・ビザンチン帝..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

7月15日
at 2018-07-15 23:41
久しぶりに、ケーキのお話。
at 2018-06-21 15:34
トルコで帝王切開③
at 2018-06-18 05:33
トルコで帝王切開②
at 2018-06-11 23:08
トルコで帝王切開①
at 2018-06-01 20:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スイーツ

画像一覧